アソコがとんでもないポテンシャルを秘めている

風俗嬢を逝かす方法セックス虎の巻

そのまま公園のベンチに座らせバンティ脱がせると毛のおいしげったオマンコが現れた。両足をM字に広げ毛をかき分けるとしっとり濡れたオマンコが··紙めると愛液夜がじわっと溢れ出る。
「こんなところでやるんんですか?」大丈夫だよ。声が出ちゃうそしてゆっくりと挿入。
巨乳を様みながら正常位で挿入した。今日は安全日だから大丈夫というので我慢できずに中に放出。体をびくびくさせながらチンコを抜くとおまんこから大量のザーメンが流れ出てきた。
ちんこを見せたい。それも同級生に。それが始まりだった。露出癖に気づいた俺は高校内での露出法を考えた。偶然を装う以外に方法はない考え抜いてある方法に至った。うちの高校では、体操着に着替える時、女子は更衣室、男子は教室で着替えることになっていた。多くの男子は女子がまだ教室に残っていても平気で着替えるし、女子も気にしない。そこが狙い目だ。ある体育の授業前、俺の横の席にいる美里に見せることにした。べんぎんのような体躯だが、愛矯のある娘だった。その娘が床にあるかばんから体育着を取り出す時に、俺は制服のズボンを脱いだ。
美里が顔をあげるタイミングを見計らってハーフバンツを履くように足をあげる。トランクの隙間からちんこを覗かせたのだ。美里視線をびっくりしたように下げた。そして、下げた目線をゆるゆると上げ、俺の股間をもう一度見た。俺はその時にはズボンを履いていた。美里は安心したように体操着を手に取り、教室を出た。俺のちんこを見て、びっくりしたあの表情、ちんこがもう隠れたと知った時の安心したような表情。最高だった。それ以来、俺は期間をおいて、相手を変えて幾度かやった。偶然見えるように装わなければならないので、同じ相手に何度もできない。相手を変えたとしても、○○のあれが見えて気持ち悪かったという噂が広まるのは嫌だったから相手をよく吟味してやった。慎重なつもりだった俺なのだが、日増しにエスカレートした。タイミングが難しく成功率は高くないからだ。だから、不満が溜まり、一回一回の興奮の密度を高めようとしたのだ。俺は必ずちんこを勃起させて覗かがはみ出ているようにしたこともあった。教室のほかの誰かが見る可能性があったのでびびってはいたが、俺には止められなかった。せるようにしたし、時には足を上げない状態でもちんこの大部分伊藤綾子。男好きの女だった。

デリヘルを呼んだ時デリヘル嬢と仲良くなるチャンスと逆転の発想で有益な時間へと変換すると良いです

しかし、セックス大好きとかそういうわけではなく、男子によく話しかけ、ボディタッチなどを不自然なくらいにするというかわいげのある女だった。彼氏はいないようで処女のようであった。俺は同じ相手に二度ちんこを見せることはなかったが、綾子にはいけるのではないかと思った。男二興味があり、何より友達がいないに等しかったからだ。男好きの綾子は女子に嫌われていた。だから、俺が不自然な行動をとっても、綾子は誰にもいわないだろうと考えた。席替えで綾子が俺の前の席になったのを機に俺はちんこを見せることにした。窓際だったから人目にもつかない。体育の授業前、俺は椅子に座ったまま嬉しげに俺に声をかけてくる綾子を見て、勃起した。俺は話に合わせながら、誰もこちらに注目していないことを確認して、ズボンを脱ぐ。授業中にチンボジを移動させておいたため、トランクスの隙間から勃起したちんこの亀頭が覗く。綾子は言葉を一瞬止めたが、また話し始める。視線は俺のちんこに釘付けだった。
ずっと見せていたいと思ったが、俺はズボンを履いた。その夜俺はちんこを凝視する綾子を思い出しながらおなった。それから何度も見せた。綾子は必ず俺が着替える時には、俺に座ったまま話かけてくるようになっていて、とても見せやすかった。綾子が俺のちんこを見ようとしているのは明らかだった。俺が意図的に見せていることにも気づいていただろうが何も言わなかった。ある日転機が訪れた。俺は放課後の体育の補習に出ていた。縄跳びの授業で、規定の技を全てクリアしないと居残りになるというものだ。俺は超人的なスピードで縄跳びの技をクリアし、教室に戻った。俺は綾子が数学の宿題をやっていなかったため、居残りになっているのを知っていた。教室に戻ると案の定綾子が居残っていた。しかも一人だ。綾子に声をかけ、いつも通りに着替えた。ちんこが顔を覗かせる。しかし、ここで予想外のにとがおこった。いつもちんちん見えてるねと綾子が俺のちんこを指差したのだ。綾子はにこにこしてる。俺はテンばって、「と言った。何言ってんだ、俺、と思った時には、綾子は俺のちんこに手を伸ばして触っていた。

 

ペニスを触らせる

柔らかい手が俺のちんこを摩る。興奮した俺はトランクスを上げるようにして、竿全体を出す。口を半開きにしたまま、触って」ちんこを握る綾子の手を俺はつかんだ。そして、こういうふうにして、と言って、綾子の手をちんこをしごくような形で動かした。綾子のぶにぶにとして暖かい手がちんこを滑る。俺は頬を紅潮させた綾子の顔とちんこを同時に視界に収め、興奮が最高潮に達していた。もっと味わいたいと思ったときには、俺のちんこは破裂するように、射精。精液が綾子の顔にかかる。ああ、いま綾子に顔射してる一ーー、と思ったとききゃああと言う悲鳴が教室の外から聞こえた。悲鳴を上げたのは、クラスの女のリーダー格だった。半分夢うつつのまま、事後処理をし、俺は帰った。
変な噂が流れて、俺と綾子の立場が悪くなるかもしれない、とか、いや、セックスくらい経験しているやついるんだしいちいち大げさにことが荒立たないだろうとか、いろいろな思いが頭に浮かんでは消えた。次の日学校に行った時、俺は悪い方に転んだことを知った。女子は変な目でこっちを見るし、男子の友達は話しかけてこない。
こっそりと話かけてきたほかのクラスの知り合いは、俺が昨日教室でやっていたことの顛末とともに、あいつらはきもいから話しかけてはだめ、という内容が書かれたメールがクラス内で広まっていることを教えてくれた。状況を把握した。女子のリーダーが言っからら女子は従っているんだろうし、男子は男子で俺への嫉妬でそのメールに乗っているんだろう。俺は綾子を見て、考えた。これも悪くない。綾子も無視されている、俺も無視されている。
これからは寄り添って生きていくしかない。これからの高校生活は二人でやりまくりながら暮らしていくのもいいではないかと。俺は次の日綾子を話し合いをしようと言って、ことを言った。
「私たち、しばらく話さない方がいいし、一緒に帰った。両親はいなかった。コンドームと処女用にローションを用意していた。ゆっくり関係を進めるのが面倒だったのだ。俺の部屋に入り、どう雰囲気を作っていこうと思った矢先、綾子が信じられ俺の家にない会わない方もいいかもね。悪い噂が広まっているし」俺はあきれ果てた。もういじめに近い無視は来るところまで来ている。俺たちが会わなかったところで、収まるものじゃない。俺たちが寄り添わなかったら、ひとりぼっちで暮らすことになる。
俺はそれを説明したが、綾子は首を降る。俺は綾子をベッドに押し倒した。面倒だこのまま犯すことにした。このまま性奴隷にするのも悪くない。から、綾子に俺は覆いかぶさり、乳を服の上から強引に採む。綾子がうつ伏せになり、逃げる。俺はケツが上がっているのを見て、スカートを捲り上げ、パンツをおろした。
グロテスクな形のまんこが姿を表す。興奮したが、綾子が悲鳴を上げるので俺は少し萎縮した。そこで
俺は言った。
「一昨日と同じことしてくれるならこれ以上は何もしないよ」だが綾子はいやというばかり。
「せっかく妥協案を出しているのになんだ。手コキの方がましだろう」とも、言ったのに拒否るんで、俺は呆れ、隠してあったローションを取り出して自分のちんこに塗った。逃げようとする綾子を押さえつけ、俺は股を開かせる。ぐろいまんこ。最高だ。謄にちんこをねじ込む。ローションがついててもきつい。だが、捻りこむようにするとずんずん進み、最終的には根元まで入った。締め付けられる。全身がちんこになったように快感が走る。泣きわめく綾子の顔、まんこのグロさ、締まり、全てがよかった。俺は慎重に腰を動かすが、すぐにいきそうになる。俺は綾子が泣きわめきながら、中はやめて、と言っているのに気づいた。確かに中だしはまずいと冷静になり俺は言った「口で抜いてくれるなら止めてと言って叫んだ。鼻で笑い、俺は不器用ながら腰を激しく動かした。痛がりながらも、中は駄目という綾子。俺は綾子の後先考えない馬鹿さに呆れた。
客の取れない暇な遊

などが挙げられます彼女の場合は会うのに三週間近くも待

腰を動かす。射精感が高まる。中はと叫んだ。やるよ」綾子はいや綾子はそこで「やっぱりロでするから、やめて」もう遅い。俺は最後に大きく突き果てた。精液を流し込む感覚に俺は興奮した。綾子は口でするって言ったのにと泣いている。俺はじゃあしろよと言った。
「もう一発中に出されたくなかったらな」綾子は沈んだような表情を浮かべた後、観念したのか、血と精液とローションと愛液でベとべとになっている竿を紙めた。
俺は綾子の顔の涙と鼻水を拭き取り、写メに収めた。ばらしたらメーリスでばらまくぞ、と。俺らのクラスの伝言用に大部分のクラスメイトはクラス用のメーリスに入っている。それに流すと俺は脅したのだ。これで綾子は俺の性奴隷になった、と俺は満足した。
しかし、流されたのは俺だった。綾子を帰したその夜、メールを見て驚慢した。綾子が事の顛末をメールで流したのである。着替えのときの露出からレイプまで。馬鹿じゃないか。そんなことをしても、俺たちの立場が悪くないだけじゃないか。お前も俺も好奇の目でさらされる。しかし、見積もりが甘かったのは俺だった。その後、メーリスでは美里や他の女子から、○○君の着替えとき、私も見せられたというメールが回ったのだ。雰囲気的に、綾子がかわいそうで、俺が悪者という感じになっていた。もう綾子を性奴隷にはできない。それどころか俺だけが孤立するのでは?と思った。しかし、その考えも途った。次の朝学校に言ったら、綾子が女子に囲まれていた。俺が教室に入ると、女たちはこっちを一斉ににらんだ。
ああ、終わったな、と思ったら、俺の友達が、昨日のメールまじ?綾子とやったの?と声をかけてきて、他の男子も集まった。嫉妬より好奇心が勝ったのだろう。俺は適当に答えながら、にれから無視が再開することはないだろうと思った。結局、馬鹿は俺だった。綾子を馬鹿呼ばわりしたが、あいつが全部正しい。
あのまま俺と綾子が距離を取っていたら、すぐに飽きて無視は終わったかもしれないし、綾子がメーリスにまわしたのも正解だった。しかし、勝者は俺だ。綾子の処女と初フェラを貰えたのだから。前々日に予約を入れ、期待やら不安やらで閉々としながら迎えた当日。余裕を持って出ましたが道に迷ったのでタクシーを使うことに。余計な出費になったけど勉強代と考えるいざ店について料金を支払う際、緊張しすぎてて印刷してきたクーボンを出すのをわすれてしまった…。これも勉強代ry
指名してた子は顔は想定の範囲内、ただ腹回りは予想以上でフォトショすげえ!手を握られた時外の寒さやら冷え症やらで冷たくなってたからびっくりされた。って内心思ったwでもこれは許容範囲内。それで嬢からまずはお風呂で温まろうか?と提案。
ベッドとマット両方希望してたんだけどまずマットに行くことに自分がお風呂に浸かって温まる中、嬢はマットの準備。そこで色々話をしたんだけど、同じ趣味なのを確認して指名してたおかげでコミュ障の割には話が弾んだ。そして準備が済んでいざマットブレイへ!うつ伏せになった自分の体にローション垂らされて塗りつけられるだけでビクビク震えちゃうくらい気持ちがいい。ローション塗りつけた後は嬢が全身を紙めまわしてきた。時折甘噛みされてそれも滅茶苦茶気持ちいい。
「ちょっと、その…前が苦しいです」って嬢に言って仰向けに。ここで嬢にフェラされたけど、少し痛かった。慣れたらもう少し気持ちよく感じるのかなあ…フェラの後ゴムをつけてもらって、騎乗位の体勢で初挿入。

という状態になります風俗や性

摩内は気持ちよくて、腰降られるたびに射精感はどんどん高まってくるのだけどどうしてもイけない。嬢日く、慣れてない人はマットではイきにくいとの事。ローションを洗い流してベッドへ移る。キスしてもらった後(その時は何も思ってなかったけど冷静に考えたら自分のチンコ紙められた後だったw)ゴムをつけ挿入。ここでも気持ちよくなるんだけどどうしてもイけない…騎乗位から正常位に移ってみたけど、童貞だった奴が腰ふってみたところですぐにバテて……wもう時間がない!
って事で結局最後は手で抜いてもらいました。手で抜いてもらうときも中々イけず、乳首を責められながらだとなんとかイけたので次からは乳首をもっと攻めてもらおうかと思った。嬢から「次来てくれたときには絶対イかせてあげるから!」と言われ「近いうちにリベンジに来ます!」と返す。その後メアド教えてもらった。アニメの話で盛り上がったから次趣味はすごく合って話してて楽しかったし、冗談抜きでまた指名来るときは声優の写真集持ってきてくれるとの事。すると思う。………ただ不完全燃焼だったから今もずっとムラムラして辛い!
都内じゃなくても地方都市のクラブでも押し付けというかハグとかキスは絶対じゃないけどできるよ。混むイベントだったらギャルの後ろに付いて腰をいきなり掴んで、女の子がこっちを見てきたらと言って笑顔を見せれば大抵はそのまま何も文句は言われない。
イェーイだからそのまま腰を掴んだ状態で後ろから密着して適当に話しかけたり、髪の匂いかいだり、音楽にノリながら気分よく過ごせばいい。ぶりぶりのお尻に股間を押し付けてイヤラシい動きしても何も言われない。そんなんクラブじゃ日常茶飯事だから。手を握ってもいいし恋人気分を味わってもいい。女の子を様子をみて調子に乗っていい感じならおっぱいもんでもおk。ダメっぽかったらすぐ諦める。ごまかす感じでお腹に手を回してギューっとすればいいこんな感じで混むような日は幸せな時間を味わえるね。NG娘ももちろんいるけど。
混んでなくてもべろべろに酔っててノリのいい感じの姉ちゃんとかは会ってすぐイエ~!と言って挨拶代わりのハグもおkそのまま抱き合ったまま介抱する体で密着しててもおK。そのまま盛いたりしてたらキスも普通にしてくれる。もちろんDキス。でも持ち帰れるかどうかは別。泥酔してたら大抵お守りの女の子がついてたりするし、後ろから密着して堪能させてもらった娘も誘ってもダメなことは多い。クラブで女の子とエロい行為したい&仲良くなりたかったら、臆さないこと。とにかく周りの目を気にせずノリで大胆にアブローチすること。楽しむこと。楽しさを共有その中にエロがあるだけって感じ。お酒をおごったりとかは好感度を挙げるのに効果的。でも慣れてる女には大して効果がないことも。当たり前に思ってたりするから。すること。

処女を守るのが一般的婚前

セックスを続けた俺は数回射精他のパターンでは自分の持ってるドリンクを女の子に見せて呑む?と聞いてそれを自分が口にふくむ。口移しするよって合図を出してそのままそれに応じてくれることもある。初対面でお酒の口移しキス。えろいよ「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいその趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。のでいつも適当に付き合ってやっている。佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。独身貴族で特に越味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。ブサイク同士がセックスしているのを見ることほど気持ち悪いものはない。どうせ今回のも同じようなものだと思って適当にあしらおうと思ったんだが…。
「おいっ、今回の人妻はレベルが高いぞ。見てみろよ」
「お前も好きだねえ。どれ、見せてみろよ」他人のやった女の自慢なんか見てもつまらないだけだが、しつこいので適当に見てやることにしている。
「この女、絶対にスキ者だぜ。金なんかどうでもいいって感じだったからな」画像を何枚か見ていてギクリとなった。
顔はハッキリ見えないが、この胸の感じ、見たことのある服装、妻の詩織に似てないか?「連絡取り合ってたころから言ってたんだけどよ、欲求不満で堪らなかったらしいぜ。部屋に入ったらすぐに抱きついてきて、すんげ~乱れるの!こっちも興奮しちまって3発も中出ししちまったよ!」最後の1枚の画像にハッキリ写っていたのは妻のフェラチオ画像だった…思わず殴りかかりそうになったが、その気持ちをグッとこらえた。人妻だと言える訳がない。自分の嫁さんがその援交「この女な、金渡そうと思った時に何て言ったと思う?良かったらまた会って貰えませんか?
だってよ」
「お得意さんがほしかっただけじゃねえの(怒)」
「違うな。すごく気持ちよかった、お金はいいからまた会ってだと。セフレが出来ちまったよ」
…っ!「お前、最近嫁さんとあまりしてないって言ってたろ?これ見て嫁さんと仲良くしろよ!」くっ!こいつまさか、相手が俺の嫁だと知ってて言ってるわけじゃないだろうな…怒りを抑えつつ、佐々木が渡すハメ撮りビデオを震える手で受け取った。
「ねえ、あなた。今夜はお友達とお買い物に行くからこれ食べてて」ああ…わかった…うそつけ!
佐々木と会う約束してるんだろ!夕食を作る妻の後姿を見ながら思った。(この形のいい大きな胸を佐々木に好きに操ませてやったのか?)(俺が教えてやったフェラチオで何度も佐々木を起たせてやったのか?)(そして…その子宮で3発も佐々木の精液を受け止めたのか?)(会社帰りの俺をやさしく迎える良妻を演じながら、この女は浮気をしてやがったんだ…)たしかに近頃はセックスもマンネリになってたよ。だからって出会い系で、見ず知らずの男に中出しされてセフレ契約は無いだろ。10歳年下で26歳の詩織と結婚して5年になる。高校を卒業したころ俺と付き合いだし、処女をもらった。清楚な雰囲気にみあって男と付き合ったことが無かった。以来浮気することも無く、俺とのセックスでようやく声を出すようになっていた。最近では女として成熟して、細身なのに胸や腰の張り出しが大きくなってすばらしい体型になっていた。俺が開発したこの身体を他の男に使うなんて…キッチンに向かう妻の後姿を見ながら暗い気持ちでいっぱいだった。
程なくして、めかしこんだ妻はいそいそと出かけていった。止めるべきかと思ったが確たる証拠もないし、何より佐々木からもらったビデオの方が気になる。このビデオに写っている人妻がもし本当に詩織なら、今更止めても同じ事。
既に浮気はしてしまっているのだ。我が家に独りになったところで、さっそく例のビデオを見てみる。いかにもラブホテルという雰囲気の室内が映し出される。ベットに向けて据え置かれているカメラの事は、妻はまだ知らないはずだ。暫くして佐々木が人妻を連れて入ってきた。ここからは見えないが、部屋に入るなりキスしているみたいだ。よほど待ち切れないらしい、なかなかベットの所まで来ない。イライラして見ているいると、2人はようやく見える場所までやってきた。


セックスを続けた俺は数回射精 フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ セックスって何なんだなんだ