ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど

勃起する経験があるでしょう

帰った。今夜は、8時半で仕事を終え、遅い夕食を摂って、少しづつ、私にも指名予約が付き始め、昼前11時から翌朝4時までという、長時間のシフトから、もう少し自由な時間問帯を選べるようになってきた。もっとも、自分は暇だから、そんな勤務をしていただけで、お店から、そうしろと言われていた訳ではちょっと、楽ができるようになったのも、ナナさんのアドバイスや、例のおじさんとの触れ合いの中で、自分の部屋に戻ったのは10時近くだった。
ない。その方が、自分の収入に繋がると思って、進んで長時間の勤務をしていた。少しずつ男の人の求めているものや、男の人が、どうしたら喜び、興奮するのかを掴めてきたからだろうと、二人に感謝している。お風呂に入ってから寝ようと思っていたが、着替えもしないまま、ベッドに寝ころんで、ウトウトしてしまった。ひとみちゃん、居る?ノックの音に起こされた。ナナさんだ。もう深夜0時を回っている。こんな時間に、どうしたの?寝ぼけまなこでドアを開け、ナナさんの顔を見て驚いた。どうしたの?その顔!!ナナさんは、手で隠すようにしていたが、左の類が赤黒く腫れ上がっている。美しいナナさんの顔が、歪んでいるように見えた。左目の下から、耳にかけて患のようになっている。
「大変!すぐ病院へ行かなくちや」
「いいの、もう夜遅いから、明日行くわ」
「だって、酷いことになってるよ」
「冷やせば、なんとかなる今夜、泊めて」
「それは構わないけど、一体、何があったの?お客さんに、されたの?」ナナさんは、首を横に振った。
とりあえず、ナナさんを部屋に入れ、洗面器に水と氷を用意し、それにタオルを浸して、ナナさんの頬に当ててあげた。誰に、叩かれたの?ぶつけたなんて嘘は言わないで「転んだとか、·夫なの·..·」
「えつ、旦那さん!まさか··仕事の事がバレたの?」再び、ナナさんは首を振った。それは大丈夫じゃあ、どうして?ナナさんは、左手でタオルを押さえたまま、右手でブラウスの釦を外し始めた。
右側のブラを上に上げ、片方の乳房を露わにした。そして、あっ、それ··キスマークナナさんのかたちの良い乳房のツンと上を向いた乳首のすぐ下に、くっきりとキスマークと判る魅が出来ていた。
「夫に、誰と浮気したって、責められたわ」ナナさん、何て言ったの?「解らない··って、どうしてこんな跡が付いたのか。ぶつけたのかしら?って言った途端、殴られた」確かに、その言い訳は無理だろう。明らかに唇で吸われた跡だ。
「誰と?どこで?って、責められ続けたけど、叩かれたショックと痛みで、何も言わず黙っていた」お客さんに··なのねこんなになってるのを気付かなかった。
この前のお客と、「仕事のことも、言えないし··ね」激しいプレイをした時だと思うけど·...。私が、うかっだった。

風俗を利用するとい

それに.·最近では、寝室も別々だし、滅多に私のことを求めて来なくなってたから··油断してた
「そんな事言ったら、たぶん殺されちゃうわ。私が黙ったままでいたら、何度も何度も殴られた。夫が怒って、自分の部屋に戻った隙に、どんな理由にせよ、女に暴力を振るうなんて許せない。しかも、ナナさんの結麗な顔を、こんなになるまで、何度もなんて!!なんとか身繕いをして逃げて来たの」ナナさんが、かわいそう··涙が出てきた。私も、「明日、一緒に病院へ行ってあげる。それに、こんなの、DVよ。警察とか、弁護士さんとかにも、相談しようよ。お店も、休まなきゃいけないだろうし··」
ありがとう。ごめんね何度も、タオルを取り替えてあげた。私のパジャマを貸してあげて、私のベッドに横になってもらった。
痛みで、寝付かれないようだったが、子供を、あやすように、ナナさんの背中を、さすってあげている内に、私も、興奮で眠れそうにないので、ナナさんから、そっと離れて、お風呂に入ることにした。長い時間、お湯に浸かって、ナナさんのことばかり考えていた。ナナさんは寝息を立て始めた。ナナさんの顔の腫れは、大丈夫だろうか?穂が残ったりしないだろうか?逃げるように出てきたと言ってたけど、仕事のことも含め、これからどうするのだろう?私のあそこを触っていた。そんな事を考えながら、何故か指は、普段、オナニーをすることは、滅多に無い。私は、仕事の中で、お客さんにイカされてしまうことが多いので、そうゆう欲求が起きてこないのだ。
でも、ナナさんのことを心配している内に、その不安感を、無意識に紛らわそうとする行為を始めていた。洗い場に、しゃがみ込み、指でクリトリスを撫でた。ゾクゾクとする快感を感じる。
思わず、ナナさん小さな声を上げていた。と、
ナナさん誰かに呼ばれたような気がした。類の痛みは、少しは良くなったが、左の耳も何か変だ。鼓膜まで傷付いているのだろうか?ひとみちゃんの姿が、見えない。バスルームの方から、水の音が聞こえている。お風呂に入ったのだろうか·喉も渇いたので、起きあがってバスルームを覗いた。.。ハッとした。ガラス扉の向こう側のひとみちゃんは、背中を向けているので、私に気付いていないが、シャワーを股間に当ててオナニーしているのを目撃してしまった。《ゴメン、ひとみちゃん私は、そっとその場から後ずさりしようとした時、ナナさん!と、ひとみちゃんが声を出した。一瞬、気付かれたのかと思ったが、ひとみちゃんの快感が高まって、イク瞬間に発した声だと判った。私のことを思いながら、ひとみちゃんがオナニーしていたことに、私は、ちょっと感動した。

 

ヴァギナを包み込み

私は、ためらうことなく、その場で着ているものを脱ぎ捨てた。裸になって、ガラス扉を開く。ひとみちゃんは、びっくりして振り向き、顔を真っ赤にした。
「ナナさん··見てたの··恥ずかしい··」
「いいの、いいのよ。ゴメンね、ひとみちゃん」洗い場に立ったまま、ひとみちゃんの裸の身体を抱きしめた。ひとみちゃんは、小さく震えた。ひとみちゃんを立たせたまま、私は膝をついて、ひとみちゃんのお腹から太股に、軽く唇を当てる。
ひとみちゃんの震えが大きくなった。ナナさん··止めて··私の舌が、ひとみちゃんのクリトリスを捕らえた。女である私が、同性のあそこに口を付けるのは初めてのことだ。でも、何の抵抗も感じなかった。むしろ、ひとみちゃんのあそこが、愛おしく思えて、堪らない気持ちになった。ついさっきイッたばかりの、あそこは敏感になっているはずだ。優しく唇と舌を這わせた。ダメっ!!ひとみちゃんは、2度目の絶頂を迎えた。ビクンと大きく握撃し、今度は、ひとみちゃんに後ろを向かせ、バスタブに手をついてもらう。可愛いアヌスと、あそこが丸見えになった。お尻を私の方に突き出す格好をさせ、脚を少し開かせる。恥ずかしいよ~ひとみちゃんは、泣き声に近い。再び、ひとみちゃんのあそこを祇めてあげた。
「どうしたらイイの?私··またイッちゃう··」
「いいのよ。
女は、何度でも続けてイケるのよ··」ひとみちゃんのアヌスも、舌先で突き、祇め上げた。
「そんな··とこ··いけない·」何度目かの絶頂を迎えたひとみちゃんは、膝や腰の力が抜けたように、床にヘナヘナと崩れ落ちた。
ひとみちゃんを、背中から抱きかかえるように、二人で湯船に浸かった。私は、後ろから、ひとみちゃんの乳房を包み込むように掌を添える。
「もう、ダメ··身体中が敏感になってる·.」と、ひとみちゃんが閉える。
息を整える時間をとってから、ひとみちゃんが言った。暫く、「私も、ナナさんのを··祇めたい」私は、一度、大きく息をして、領いた。私は、浴槽の中で立ち上がり、片脚をバスタブの端に載せた。ひとみちゃんの顔が、私の股間に近づく。ひとみちゃんだって、女の性器に口を付けるのは初めてだろうな··と考えたら、私の愛液が溢れるのを感じた。私の愛液なのか、お風呂のお湯なのか判らないが、私の下半身は、テラテラと濡れて光っていた。
先日の、ひとみちゃんには、思わず興奮してしまった。上のことだったのか知らないが、下半身だけ裸になってしまったのだから。偶然だったのか、それとも計算先に女性の、あんな刺激的な姿を見たのは強烈なエロスを感じた。初めてだった。上は、Tシャツと、丈の短いジャケット。そして、その下は、陰毛さえ隠さない裸。後ろ姿は、ジャケットの下に、可愛く引き締まったお尻が丸見えなのだ。
うまくいけば結婚風俗店に取り巻く輩が多いという意味

射精感はどんどん高

あの姿に、欲情しない男は居るだろうか?娘のような、ひとみちゃんに、痛いほど勃起してしまった自分が恥すずかしい。ひとみちゃんに、そのままの格好をさせたまま、むしゃぶりつくようにクンニした。最初、恥ずかしがっていたが、彼女自身も興奮したのか、愛液を垂れ流すほど溢れさせ、すぐにオーガズムを迎えた。この年齢になって、ひとみちゃんの様な若い女性を、感じさせることが出来ることに喜びを感じた。自分にとって、ひとみちゃんの存在は、かけがえのないものになっている。
若い娘との会話が、自分の気持ちを若返らせる。彼女に会える日を、楽しみにする毎日の充実感。そして、現実としての、彼女との肌の触れ合い。それら全てが、まさに回春剤として自分を活性化させていることを実感する。かつて経験した恋愛とも、明らかに違うのだが、妻を亡くした今の自分にとっては、浮気だとか、不倫というような、後ろめたさも無く、もちろん、健全とは言い難いのだが、健康的な··まるでスポーツのような爽やかささえ、感じられるのだ。
《本番が無い》という点が、精神的に重要なポイントなのだろう。
本番が無くとも、お金で女性を買っていることは確かだが、都合の良い、勝手な言い訳だとは思っても、サービスを提供する側にしても、自分のように提供を受ける客の側にとっても、そこが陰湿さからの逃げ道であり、エクスキューズになっているような気がする。いずれにしても、ひとみちゃんと会うのが楽しいし、愉快だ。自分の歳では、ドキドキするとか、ワクワクすることが、極端に少なくなってしまったが、彼女のことを考えると、そんな気持ちが難る。時間の都合や、お金の都合で、そう頻繁に会いに行くことは出来ないが、たとえ数ヶ月に一度くらいでも、今の自分には、不満は無い。
その間に、ひとみちゃんは、他のお客にもサービスを提供している訳だが、不思議と、嫉妬心とか、不快感を感じない。元気に、お仕事してるかな··ということしか思わないのだ。そういう意味でも、自分自身が結神衛生上の健全を保つことが出来ている。自分の住んでいる街にも、やはり地元だと、勝踏こうした風俗店が無い訳ではないが、する気持ちが起きる。最近では、車で2時間程度の距離が、そこへ向かう道中も含めて、気持ちを高めさせるための重要な手順であり、要素なのだ。急に思い立って行くようなことはしない。自分のスケジュールを調整し、ひとみちゃんの出動予定を確認する。予約を入れ、まるで子供の頃の、遠足の前日のような興奮を感ずる。

人妻デリヘル嬢専門店です

翌日のことを妄想して、思わずオナニーをしてしまいそうになる自分に呆れる。更に前日に、電話で確認する。ひとみちゃんに言わせると、「男の人が、精液をいっぱい出してくれるのを見ると、ゾクっとするほど嬉しい」そうだから、若くない自分としては、無駄な浪費を自制しなくては.思い留まるのだ。と、·今度会いに行く日を楽しみにして、毎日の活力にしている。ひとみちゃん·...素敵な生き甲斐が出来たものだ。

お店を休むことになった。顔の傷が直るまで、ナナさんは、数日で引いたようだったが、穂のような内出血の跡が暫くの間、残った。心配した耳は、鼓膜が破れたりしていなかったので安心した。腫れは、それよりも、ナナさんの精神的なことの方が心配だ。ナナさんは、既に離婚の決意が固いようで、弁護士さんのアドバイスにより、病院からの診断書も貰い、ただ、子供さんのこともあるので、一旦、家へは戻って行った。
万一、また暴力沙汰になりそうだったら、準備を始めたようだ。
「いつでも、私の所へ逃げて来てね」と念を押しておいた。ナナさんの家庭のことは、私には、どうしようもないが、ナナさんと私との関係については、私自身の問題として考えないといけない。ナナさんとの、2度のレズ体験は、強烈な印象を私の身体に刻んでいる。女同士の世界が、あれほど甘く、優美な快感をもたらすものだとは思わなかった。最初の時は、一種の事故のようなものだったかも知れない。
ナナさんも、私も、あの日限りのことにしようねって、約束したはずだった。2度目の時も、言い訳が無い訳ではない。ナナさんが殴られるという事件が、ナナさん自身にも、私にも、ショックを与え、普通ではない心理私のオナニーが、ナナさんに刺激を与えてしまい、二人が情欲の限りを尽くすような、無限地獄に入り込んでしまった。
私はもちろん、ナナさんも、数え切れないほどのアクメを迎え、お風呂場だけでなく、ベッドに戻ってからも、何度も何度も愛し合った。状態になっていた。私は、レズになってしまったのだろうか?冷静に考えてみた。例えば、ナナさん以外の女性と、レズをすることを想像してみる·嫌だ、ちょっと気持ち悪い!肌の柔らかさや、滑らかさには男性に無い魅力はあるが、キスしたり··ましてや、あそこにキスするなんてとても無理だ。お客さんとして来る、知らない男の人のペニスを口に含む方が、自然に出来る。ナナさんが相手だったからこそ、あんな愛し合い方が出来たのだと思う。だとしたら、私は、ナナさんに恋愛しているのだろうか?それも、ちょっと違う気がした。男の人への恋愛感覚とは、違う。どちらかと言えば、友達や先輩に対する憧れのような感情だ。美しさに対する愛着でもある。ナナさんの美しさを自分のものとして側に置いておきたい、いつでも手を触れたい··そういう気持ちに近いと思えた。別の面からも考えてみた。私には、結婚願望は無いが、好きな男性と結婚し、子供を産み、家庭を作る.·それは、それで幸せな事だと思える。最初の頃のような恋愛感情は形を変えて行くにしても、それぞれの役割を果たして協力し合って子供を育てていく充実感は、確かなものだろう。

通常のフェラチオ

フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ互いが歳をとって、でも、それは、私にとっては、《それも悪くない》程度の魅力しか感じないものだ。男性が好きか?男性とのセックスは好きか?と自問すれば、正直言って好きだと思う。嫌いだとしたら、ナナさんは、私の中で、どういった位置を占めているのだろう。

*私の身体が、ナナさんを欲しがっている度合いと、男性を求める度合いを割合で言ったら、7割がナナさんを、3割が男性を欲しがっていると思う。

つまり、結局、賛沢にも、両方を求めているのだ。だったら、この仕事をしていない。しかし、絶対必要なものだとも思わない。私が、ナナさん自身は、どうだろう私がナナさんの性格を想像すると、私と割合が反対で、という程度だろうと思えた。··直接訊いたわけではないが、基本的には男性を、たまには女性も悪くない··こんな事を考えていても仕方がないと思いつつも、ある一つのアイデアを思いついた。(続く)
ナナさんのポーズに、猛烈に欲情した。こんな美しい女性が、尻を向けて、性器を晒している。
来て直接的な言葉にも、欲望は爆発した。と促す、《お前を、犯してやる》そうゆう気持ちが沸き上がった。感触を味わうように、ゆっくりと挿入した。温かくヌルヌルした感触が、ペニスを包みこむ。《何だ、これは!》絡み付いた。ナナさんのヴァギナの中は、吸い付くように、凄い!名器だ。自分の女性経験は、決して少ない方では無いと思う。しかし、こんな感触の女は、初めての経験ピストン運動をしなくても、ヴァギナの中が奮いて、男に快感を与えるほどだ。見た目の美しさと、名器と言うべき身体の構造。神は、この女性に二物を与えたのだ。恐ろしいくらいの快感に、夢中で腰を動かす。だった。ナナさんの反応も、尋常ではなかった。
男と交わるのが、久しぶりなのか、やっぱり、これがイイ!と叫んで、狂乱状態なのだ。それを見ている、ひとみちゃんも、恥ずかしさも忘れ、オナニーを始める始末だ。全員の理性が崩壊していた。快楽の悪魔に、魂を売り渡してしまっていた。ひとみちゃんが空いた手で、ナナさんのクリトリスを責め、こちらの陰嚢を採み上げる。一気に、絶頂が襲ってきた。
イキそうだ!イッて!!声を掛け合うと同時に、記憶が飛ぶような瞬間が訪れた。そう、自分のペニスが、何度も何度もヒクついて、大量の精液を放出した。ナナさんが潮を噴く、ペニスを挿入したままなので、四方八方に飛び散った。ナナさんの身体の下に、潜り込むようにしていたひとみちゃんも、ほぼ同時に、潮を噴き出した。まるで、お漏らしをするように、ベッドに水溜まりを創った。一緒に感じてくれたひとみちゃんを、愛おしく思った。出来ることなら、続けて、ひとみちゃんに挿入したいが、この歳になると、ナナさんが横たわる側に並んで、仰向けに寝ころんだ。暫く回復の時間が必要だろう。ひとみちゃんが、フェラをしてくれる。でも、そんなに早くは回復できない。
チロチロとした舌先の感触を楽しみながら、少し休んだ。ナナさんが、突然動いたと思ったら、ひとみちゃんに新しいコンドームを渡していた。
懸命にペニスを頬張る健気な、ひとみちゃんの姿に感動を覚えた時、ペニスがピクリと勃ち始めた。自分でも、驚くほどの短時間で回復してきた。ひとみちゃんは、喜んで、更なる硬さを求めてフェラをしてくれた。いよいよ、ひとみちゃんと繋がる時が来た。ひとみちゃんは、ベッドに両膝をつき、ペニスに手を添えて跨った。ペニスの先が、ひとみちゃんの入り口に触れた。腰を下ろしてきた、ひとみちゃんは、眉間にしわを寄せた。そろそろと、うっ!《狭い!》ひとみちゃんのあそこは、充分濡れているのに、メリメリと掻き分けて挿入するような感触があった。


フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ 
千葉ソープランド
 そして唾を垂らして手コキへ