デリヘル嬢編見分け方としては体験入店とどんな業界にも新人がいます

下半身丸出しピンサロの光太郎の腕にすっぽりと収まってしまう姿

挿入と同時に発射してしまい嬢から褒められるという偉業を達成
このように表沙汰になった事件はほんの一部で、毎日どこかで、強姦グループの犠牲になっている女がいるんだ。奴らは、街を歩いてはおいしそうな女を物色する。目をつけられた女は一カ月以上にわたって後を尾けられ、生活行動を調べられる。家、職場、学校の場所、何時に帰宅するのか、人通りの少ない所で一人になることはあるか……。実際に標的にされたら、その女はまず助からない。奴らの追跡は執捌で、きっかけを見つけ次第、女をさらって輪姦強姦シーンをビデオに撮る。そして、誰かにする。しゃべったり警察に通報したりしたら、その映像を学校や職場にばらまくぞ、と脅すんだ。そのビデオテープは暴力団を通じて地下組織に販売され、それが関西でダビングされて日本中に出回っている。これは暴力団の大きな資金源になっている。そして、これらのビデオには、山の中に女を連れ込んで強姦する内容のものが多い。三重県の四日市市が、この強姦ビデオ生産のメッカになっていた。犠牲になった女は、呼べど叫べど誰も来ない山奥で、何人もの男たちに輪姦され、陵辱され、その姿を撮影される。
そのビデオを見て喜んでいる奴が、全国にいるわけだ。強姦された後は、そのまま殺されて山中に埋められることも多い。家族から捜索願が出されても見つからないから、行方不明事件として迷宮入りすることになる。こうして闇に葬り去られた強姦事件はいくらでもある。俺は、捜査で押収した強姦ビデオを見たことがあるが、女が泣き叫び、暴れる姿には、興奮するというよりも鬼気迫るものを感じた。よく裏ビデオのチラシなんかに、本物の迫力なんていうコピーが躍っているが、当たり前だ。迫真の演技どころか、本当の犯罪の記録なんだからな。それらのビデオでも、最近では、クスリで女をおとなしくさせてから強姦する方法がよく使われていて、その手際はプロのものだ。
めちゃめちゃに暴れている女にシャブを打つと、途端におとなしくなる。それに、痛みも感じなくなるから、何回でもやれる。それだけじゃない。シャブ漬けにしておいて、売春システムに預けるというのも常套手段だ。女はシャブ欲しさのために言いなりになるから、マンションに閉じこめて客を取らせたり、ソープランドに売るのも簡単だ。そうして売春で稼いだ金を自分たちの懐に入れるというわけだ。強姦グループは、さんざん女の体をもてあそんだ挙句、ビデオを売って稼ぎ、売春させて稼ぐ。
奴らにとっては一粒で二度、三度おいしいわけだが、犠牲者の女にしてみれば、二度も三度も地獄に堕とされるようなもんだ。生きるも地獄、死ぬも地獄。奴らは、女の命や人権なんてどうでもいいと思ってる。ルーテイン奴らは、今日もどこかで新たな獲物を狙っている。それがそいつらの日常なんだ。

温泉街に売りとばされたホステス

犯罪者にさえも人権が認められる今の日本で、こんなことを言っても信じられないかもしれない。だが、ヤクザの世界では、今も日常的に人身売買が行われているんだ。昔も今も、人が売り飛ばされるっていうのは、女が借金のカタに売春させられることがほとんどだ。特に、バブルが弾けてからのホステスときたら悲惨なもんだ。

アソコがとんでもないポテンシャルを秘めている

風俗嬢との別れはいつも突然です風俗店のどこでも用意しているオプションのつです

飲み屋のツケは全部ホステスにつくようになっているんだが、この不況のせいで、回収できずに莫大な借金を抱えて堕ちていくホステスが増えている。例えば、銀座の高級クラブで大企業の社長がホステスを指名し、ツケで三○○万円飲んだとする。ところがこのご時世だ。その社長の会社が倒産し、ホステスは売り掛け金を回収できなくなる。三○○万円を店に支払うため、ホステスはサラ金で金を借りる。これが一年も経つと五○○万円にもふくれあがり、返せなくなってしまうのだ。そんな時に出てくるのが、店のマネージャーとママと地回りだ。
地回りとは、その店がみかじめ料を払っている地元の暴力団つまりヤクザだ。ママから依頼を受けたマネージャーは、ホステスを交えて借金の算段をする。
「草津温泉に行けば半年で返せるよ。有馬温泉なら一年かかるよ」要するに、温泉街の花街で売春をさせるのだ。この場合、親分と現地の代貸しが盃を交し、売られた女はその温泉街のホテルから自分が毎日監視役の若い衆住む宿まで、に送迎される。観光客は競りによってその女とセックスすることができる。これをホステスが嫌がった場合、東京や川崎のソープで働かされることになる。ヤクザの監視のもと、年季が明けるまで奉公させられるというわけだ。売られた女は、借金を返すまで絶対に逃げられない。どこへ逃げてもヤクザは執拠に追いかけてくる。捕まった女には恐ろしい折艦、拷問が待ち受けている。
中でも残酷なのが、ぶりという拷問だ。売られてきた他の女たちの前に、逃げようとした女が連れてこられる。脅えて震えが止まらない女を数人のヤクザが押さえつけ、やにわにパンティを脱がせ、大股開きにさせる。女が恐怖に目を見開いた瞬間、薄ら笑いを浮かべたヤクザがガスバーナーに火をつける。その火は次第に女の股間に近づいていく。これから自分に起こることがようやく理解できた女は恐怖で失禁し、ものすごい力でもがき出す。しかし、屈強な男たちに押さえつけられて、どうすることもできない。周りで見ている女たちは、その場に凍りついたまま声も出ない。そして、バーナーの火がゆっくりと女の股間を焼き始める。
ギャーーーー!!女のすさまじい阿鼻叫喚の中、部屋には、肉や毛が焼け焦げる臭いと女の小便の臭いが混ざった、反吐が出そうな異臭が立ちこめる。他の女たちは、目の前で繰り広げられる地獄絵図に、失神したり泣き出したりする者もいる。売春婦の商売道具である股間を焼いてしまえば、中にはあまりの恐怖と衝撃に絶えきれず発狂してしまう女もいる。しかし、ヤクザにとってはそれでい商売にならない。いのだ。あるいは一人くらい殺しても構わない。
またはクスリを打って廃人にし、一生まともな生活ができなくさせる手もある。
要は、他の女たちに対する見せしめなんだ。恐怖心を植え付け、逃げようとしたらどうなるかを認識させ、絶対に逃げる気を起こさせないようにするわけだ。俺が担当した事件で、九歳のホステスが突然行方不明になったというのがあった。付き合っていた客から捜索願が出たんだが、そのホステスの親は、娘がいなくなったのを知っていながら捜してもいないという。何かおかしい。俺は女が勤めていたバーに聞き込みを始めた。だが、ママも他のホステスも、知らないの一点張りだ。
「A子ちゃん?急に辞められて困ってるのよね。こっちが教えてほしいわよ」

 

風俗の世界を馬鹿の集まりとも言

なんの手がかりもつかめない中、ママと不仲になってその店を辞めた元マネージャーの男っていうのが見つかった。そいつは言った。
「ああ、あの女、売られたんですよ」A子には、七O○万円の借金があった。お約東の、ツケの取りっぱぐれだ。そこでママがヤクザに相談して、七○○万円を丸々肩代わりしてくれるという、系列のヤクザに話がついて、地方の温泉街に売春婦として売り飛ばした。ピチピチの一九歳でいい女だったから、高く売れたわけだ。俺とデカ長は、話をたどってその温泉地まで行った。旅館の前で張っていると、客を取った帰りの女が歩いてきた。確かにいい女だ。こんな田舎では目立ちすぎる。
銀座の高級クラブで夜な夜な男たちにちやほやされる華やかな生活から一転し、堕ちて来た悲運が女の横顔に影を落とし、その美貌が一層際立って見える。
「警察の者です。ちょっとお話を聞かせてもらえませんか」声をかけると、女は動じる様子もなく言った。
「分かりました。ここじゃなんですから、そこの喫茶店に行きましょう」昼間なのに薄暗い喫茶店で、俺たち三人は、マスターから遠い奥の席に陣取った。女はうつむきながら、ポツリポツリと語り出した。客のツケを肩代わりするために、いろんなお客からもらったブランド品も、毛皮のコートも、ダイヤの指輪も車も売って、自分にはもう何もない。
帰る家もない。水商売の捉として、覚悟の上でここに売られてきたのだと言う。俺は言った。
「それは違法なことなんだから、警察が鎖を断ち切ってやるよ。そしたらもう売春なんてしなくていいんだぜ」だが、学校を出て以来、水商売の世界しか知らないA子の頭の中は、水商売カルトとでも言えばいいのか、ある種の見栄があった。A子は顔を上げて、大きな瞳で俺の目をまっすぐ見据えて言った。
「私には水商売のプライドがあります。売春して七○○万円きっちり返して、自分の足で堂々とこの温泉街を出て行くつもりです。刑事さんの好意はうれしいけど、ほっといてください」A子の毅然とした態度に、俺とデカ長は返す言葉がなかった。こっちは、売り飛ばされた悲運の女を救ってやるつもりで、意気揚々と出かけて行ったんだ。
しかし、本人の意思で働いているとなると、警察だって手も足も出ない。実状はどう見ても人身売買なんだけどな。
結局俺たちは、後ろ髪引かれる思いで、A子を残して東京に帰った。そしてA子の親に事情を説明したら、全部知ってたんだ。じゃあなんで捜索願を出さないのかと問いA子から毎月仕送りを受けているんだと言う。親は娘が売春した金で生活しているから何も言えない、という非常に情けない状況だったんだ。貧乏だから、どう詰めたら、することもできないんだ。俺はやるせない気持ちで、ただため息をついた。
家庭の事情とあっては、こっちも手が出せない。借金のために売り飛ばされ、体を売らされる。売春して家族を養う。今こんな悲劇があるんだぜ。の時代にも、-臓器まで売られる売春婦の末路ヤクザに飼われ、売春させられているセックス奴隷が、そいつを裏切ったらどうなるか。
殺されることもあるし、東南アジアの売春宿に売り飛ばされることだってある。精神的に破綻したら、地方の温泉芸者に売ったりもする。女には売り時っていうのがあるが、売春をやってる女はすぐに体がダメになってしまうんだ。二十歳のピチピチの女でも、五、六年もソープ嬢をやってると、肌がふやけ見るも無残な体になる。一日中風呂に入って石鹸を使ってるんだそうなるのも無理はない。から、て、俺は以前、ニ七、八歳のソープ嬢とセックスしたことがあるけど、もう四○代の体としか思えなかった。皮膚がたるんで張りも覧もない。それ以上に、肌が異様に白くぶよぶよしていて、指で押すとズブズブといくらでも沈んでいきそうなくらい、弾力を失っていた。

そして唾を垂らして手コキへ

ピンサロホステスたち
まるで人間の皮膚ではないようだった。そりゃあ、ソープ嬢は昼夜逆転の生活で、日光に当たることもないし、運動しないし、不健康な毎日を送っているから、体に締まりもなくなる。セックスばかりやってるホルモンバランスが崩れた影響でおかしくなってるのもあるのかもしれないが。から、それに、クスリをやっていればその影響も大きい。
以前、東京で一九歳の女が行方不明になったという通報を受けて捜査したことがあった。そしたら、シャブ漬けにされて、都内のマンションに閉じ込められて売春させられてるっていうのが分かった。それで、俺がそのマンションに訪ねて行くと、中には五○歳くらいの中年女しかいないんだ。
「おかしいな………。一九歳の子がいるって聞いたんだけど」俺がつぶやくと、その女はうつろな目をして言った。私のことですか?「ああ、いや、違うんだ。
ここに一九歳の女の子いない?」一九歳ですけど私、
冗談だろ、バカ言うなよ。白髪混じりで顔色はくすんで真っ茶色で、繊だらけなんだ。念を押してよくよくきくと、その女は本当に一九歳で、ヤクザに覚醒剤を何ヵ月か打たれて、肝臓が傷んでこうなったんだって言う。ああ、シャブは怖いなあ、と俺はつくづく思った。シャブ漬けにされた女が精神に異常をきたしたら、ヤクザは自分たちの悪行でそうなったわけだから、ばれないようにするためには消すしかない。病院に入れたりして、女が自分たちのことをしゃべりでもしたらおしまいだからな。ただ、消すといっても、殺してしまうと警察にマークされて自分の身が危ないタイなどの東南アジアに行く臓器売買のブローカーに女を託す。
そして、まずは現地から、の売春宿に放り込む。日本人の女ということで、結構買い手はつくらしい。余談だが、日本人の女は外国ですごく人気があって、高く売れるんだ。同じアジア人でも、中国人とちがって人口が少ない、という稀少価値もあるらしい。それに、アメリカ式の家に住んで、フランス料理を食って、日本人のワイフを持つっていうのは、ステイタスとして世界的に浸透している。日本人の女っていうだけでありがたがってよだれを垂らす奴も多い。要するに、ヴィトンだエルメスだっていうのと同じ、日本人の女というブランドなんだな。
さて、そのうち売られてきた女が精神錯乱だっていうことがばれると、客がつかなくなる。状態がどんどんひどくなって、性病も持ってたり、クスリのせいで肝臓なんかでも見た目は一応健康体に見えれば、今度は現地の臓器売買業者に売り渡される。もボロボロだったりする。業者は麻酔をかけて、肝臓、腎臓、角膜、その他売れるものは全部取ってしまう。ズタズタにされた死体はゴミのように捨てる。そして、これでその女の一生はおしまい。悪いヤクザに捕まるまでは、健康で、明るい未来を夢見たりもしていただろうに。売られ売られて行き着いた遠い異国の地で、体を切り刻まれ、誰にも見守られずに殺され、捨てられるという、哀れとしか言いようのない未路だ。タイには村全体が臓器売買を生業としている所がある。よそから人を仕入れて臓器をバラし、それを売るというのがその村の産業なんだ。

 

風俗関連特殊営業に該当する店舗は各都道府県の公安委員会に図セックスで弄んだペ

外務省は在外高官を通じて、トルコに駐在している大使館員に事情を話したが、奴らは何も動かないんだ。結局その件は何の手がかりもつかめず、女たちがその後どうなったかはいまだ分からないままだ。イスタンブールの奴隷市場で売られた女は、たいていアラビア半島の金持ちの家に連れられて行く。その道中でも薬漬けにされて抵抗力を失わせられ、二重底のトラックの荷台に隠されて現地まで運ばれて行く。そこでサルタンのセックス奴隷を務めさせられるんだが、発狂したり病気になったりして使い物にならなくなったら、体中切り刻まれて砂漠に捨てられる。
死体は夜の間に獣たちがすべて食べ尽くし、骨の一片たりとも残らない。まさに闇から闇へと葬られるのだ。

マグロ漁船に乗せられたセックス奴隷

借金の額が五○○万円程度だったら、その女は温泉街やソープに売り飛ばされ、売春させられることは前述した通りだ。一年も我慢して体を売れば、この場合は、たいてい借金は完済でき、女は晴れて自由の身になることができる。しかし、借金が一○○○万円を超えた時にはどうするか。このくらいになると、そうそう簡単に返せる額じゃない。額が大きすぎて、引き受け手もなかなかつかない。この場合、普通に客を取る売春よりも、さらに過酷な方法がある。それは、どの船もそうだとは言わないがなんとマグロ漁船に乗せて、乗組員たちの性処理をさせるというものだ。
非常に特殊な例ではあるが。マグロ漁船には、現在東南アジアの乗組員が増えている。タイやインドなどから来ている出稼ぎの労働者たちだ。遠洋漁業の仕事は重労働だが、一回の航行で数百万円もの金を手にできるわけだから、割のいい商売だと言える。しかし、そんな彼らは、狭い船内でうまく性処理ができない。そのことからストレスがたまる。ベテランならまだしも、数ヵ月にも及ぶ航行中、若くて健康な男が禁欲状
態を強いられるのだから、無理もないだろう。ただでさえ血の気の多い漁師たちがザーメンをためてるんだから、イライラが募って些細なことからトラブルを引き起こし、ケンカが絶えない。
ひどい場合は殺人事件にまで発展することも珍しくない。海の上でいきなり人が消えるんだ。昨日までマグロを捕ってた男が、次の朝には海に沈められていることだってある。
人が一人いなくなれば、それだけ労働力が不足する。海の上では、人を補充することもできない。また、共同作業によるマグロ漁では、チームワークの乱れは命取りにもなる。ケンカして怪我でもされたら仕事にならない。そうすると操業率が悪い、ということで考えられたのが、船に女を乗せて性処理をさせるということだ。マグロ漁船の一回の航行期間は、四カ月から半年くらいに及ぶ。その間、女は全ての乗組員たちの相手をさせられる。海日毎晩、寝ても覚めてもセックスだけの生活。男たちの性欲のはけ口として、そのためだけに存在するんだ。来る日も来る日も、何カ月も風呂に入らない漁師たちの、臭いイチモツをさんざんぶち込まれ、不潔なそれをくわえさせられる。

ピンサロやヘルス


ちなみに、また、この村の住民たちは、ほとんどが腎臓が片方ないか、肝臓がみんな、自分の臓器を売っているんだ。片方の角膜を売ってしまって、片目しか見えな半分しかない。いという人もザラだ。山岳地帯や砂漠地帯、または土地が痩せているなど、農業が成り立たない地域では。売春の次に売れるものといえば、文字通り自分の体しかないんだ。女は売春、男は臓器売買で、その村は生計を立てている。-アナルまで覗き込むトルコの人買い日本のヤクザの話からはそれるが、女が売り買いされる悲劇は、世界のいたるところで起こっている。

特に有名なのはトルコのイスタンブールにあるワールドバザールの裏バザール市場で、ここでは今でも人身売買が公然と行われている。そこではなんと、日本の女子大生やOLも売られていると聞く。サルタン女で一番安いのが黒人で、相場で一人二○○万円くらい。その次が東南アジア系。
一番高いのが白人で、これは中東の土豪クラスの金持ちでないと買えない金額になるという。俺の知り合いのCという大学教授が、アラブ人の有力商人に連れられて、その奴隷市場に行ったことがある。それで、日本人の女がその日の競りにかけられると聞いて、立ち会ったんだ。競りは、バザールの中でも、通りから見えないようになっている広い密室があり、その中で行われる。周りにはアラブ人がたくさんいて、これはサルタンの護衛の兵士たちだという。会場にはちょっとしたステージのようなものがその上に、奴隷商人が連れてきた女が真っ裸で立たされて値踏みされ、番高い値を付けた奴に買われていく。ある。仲買人は、着恥恥と脅えで震えている女の前に立つと、全身を上から下まで紙めまわすように見る。
嫌がる女の股を無理矢理開かせて、腔を指で乱暴に押し広げてそして、それから四つんばいにさせて、肌門まで押し開いて入念にチェックする。
品定めをする。いくら顔が可愛くてスタイルが良くても、痔がひどいとかなり値段が落ちるという。奴隷の第一条件はまず、病気でないことなのだ。その様子は、家畜の品評会となんら変わらない。人を人とも思わない冷酷さだ。腔や肌門の中まで探られ、あまりの屈辱と恥ずかしさに泣き出す女もいるが、周りの誰もが顔色一つ変えることなく、りは淡々と進められていく。すべて、真っ昼間の市場での出来事だ。その日はまずはアラブ人、そして黒人と売られていき、フランス人の金髪の娘だった。一番の高値で売れたのは、日本人の若い女二人も競り落とされた。C教授は、同行のアラブ人の商人に言った。
「あの日本人の女性たちと話がしたい。どうしたらいい?」
「主催者に金を払えばなんとかなるかもしれない」C教授は主催者にかなりの金をつかませて、ステージの裏で女たちと話すことを許された。そして、「君たち、いったいどうしたの?どうしてこんな所に連れて来られたの?」女たちが泣きながら言うには、自分たちはファッションデザイナーの卵で、勉強のためパリに来ていたと言う。そしてブティックの試着室で着替えている時にさらわれ、気がついた時にはトラックの荷台に載せられていたのだと言う。そしてクスリ漬けにされ、逃げる力も奪われて、イスタンブールまで連れて来られた。そこでしばらく監禁され、今日この競りにかけられたのだと言う。
「これからどこへ連れて行かれるの」
「分からないけど、たぶんモロッコらしいんです」

そこまできいたところで、主催者に間に割って入られ、それ以上の会話を止めるよう、すごい剣幕で脅された。C教授は、結局彼女たちの名前も聞き出せずに、それっきり引き離されてしまった。そして、知り合いを通じて、イスタンブールで大変なことが行われている、という情報が俺の耳に入ってきた。話を聞いて、俺は人身売買に関する報告書を書いて、警視庁の上層部、警察庁、外務省に送った。しかし、その時には、C教授が人身売買に立ち会った日からすでに二年が経っていたんだ。C教授は日本に帰国してから届けたから、まるで遅い。話にならない。俺は外交ルートを通じて探りを入れたり、最後は現地の警察に話を持って行ったりしたが、何しろ二年も経ってるから、警察も、その女たちがどこへ連れて行かれたかなんて分からない。

クリトリスを制する者は女を制する

ペニスを包む皮膚状の袋です

風俗嬢に笑われないだろうか体験取材もロクにできず

クンニは必ずすることになりますする場合
嫌がる素振りでも見せようものなら、罵声を浴びせられ、顔が腫れ上がるほどボコボコに殴られる。
「借金で売られてきたくせに、嫌だのやめてだの言うんじゃねえ。
てめえは黙ってやられてりゃいいんだ!」と乗り込んで来てる海のヤクザがどなる。海の男たちは気は荒いし、腕っぷしも強い。そんな奴らに毎日陵辱されるうちに、女は抵抗する気どころか、男たちに奉仕するための生きる気力さえも失ってしまう。セックスの奴隷と化した女には、人間の尊厳も人格も認められていないんだ。逃げようにも、海の上にはどこにも逃げ場はない。助けを呼んでも誰も来ない。そんな生活を続けていると、十人中、半分くらいの女が発狂してしまうという。精神に異常をきたし、うつろな目をした女は、ブツブツ独り言を言っては急に笑い出したりするようになる。締まりのない口元からはよだれをたらし、まさにマグロ状態で男のイチモツを出し入れされるだけの人形と化す。次第にひどくなって、セックスの最中に脱糞するようにまでなると、もう性処理としても役に立たないので、海に突き落とされて消されることになる。元々パスポートも身分証明書も持たず、船員名簿にも載っていない、初めから船に乗っていないことになっている女だから、海に捨てても何の問題もないというわけだ。結局は闇から闇へと葬られることになる。船員全員が共犯犯だ女を海に突き落とす現場を見ていても、誰もしゃべらない。
秘密は暗黙のうちに守られる。世間では、売春婦が一人行方不明になったというだけから、のことで、ニュースにもならない。先日、俺の知り合いで歌舞伎町の店で働いていた女が消えたので、気になって顔なじみのヤクザにきいてみた。
すると、「マグロ漁船に乗せられたんでしょう」という答えが帰ってきた。俺は言葉を失った。いい女だったが、今ごろどうしてるのか。すでに鮫の餌になってるのかもしれない。
たとえ生きて帰って来られたとしても、肉奴詩隷として地獄を味わった身では、元の生活には戻れ船に乗って借金を返せても、あとは残りの人生を生きる屍のないだろう。ようになって過ごすことになるんじゃないか。ちなみにこういう場合、ヤクザとマグロ漁船の仲介に立つのは、チャイニーズマフィアであることが多い。歌舞伎町での彼らの勢力は強くなる一方だ。その、人を人とも思わない、冷酷な商売のやり方は、世界でも類を見ない。

驚きの団地妻集団売春

あれはすごかったなあ。今まで売春がらみの事件にはいくつも関わって、少々のことには動じない俺だが、このヤマには本当に驚かされた。
主婦売春っていうのは、世間の目をはばかって密かにやるのが常だ。ところが、ある団地に住む団地妻たちが、一つの業者を介して集団で売春していた事件があったんだ。千葉と東京の境目辺りには、巨大な団地群がたくさんある。そのうちの一つがこの話の舞台だ。団地には、あらゆる訪問販売業者が毎日のようにやってくる。その団地は若主婦が多くて、子供がいない主婦というのは、朝日那を送り出して一通り家事を済ませたら、後はぼかんと眼な時間ができる。その空白の時間帯を狙って、団地には健康食品だとか霊感商法とか、しょっちゅう物売りが来る。暇を持て余している主婦にとっては、格好の話し相手だ。時間はあるし話だけでも聞いてみようか、ということになる。

クリトリスを制する者は女を制する

下着姿で立っていて

そのうちまんまと買わされ、何度か会って話すうちに、相手との間に人間関係ができてくる。その中に、例えば「もう少し痩せたいんだけど、いい薬ないかしら」とか、「この頃、疲れやすくて。体がだるいのよね」なんて漏らすと、シャブをくれるおばさんがいるんだ。
「これをやると疲れが取れるし、ダイエットにもいいのよ」なんてうまいこと言って。タダでくれるって言うんだから、とりあえず試してみる。それで、シャブを打ったら本当にすごく元気になるもんだから、次に会った時にあれ、効いたわよなんて言またくれるんだ。
うと、シャブのおかげで、その団地妻は急にセックスが強くなって、だんなに一晩に三回も四回もせがむようになる。感度もよくなってるし、その資欲なサービスぶりに、マンネリ気味だっただんなも新婚当時を思い出して喜んでくれる。それで夫婦円満、めでたしめでたし……となるわけもなく、いいのは最初の一度、二度だけだ。そのうちシャブが切れた時の苦しさのほうが増してくる。
そうしてシャブなしではいられない体にしておいて、次からは一回五○○○円とか、料金を請求するようになる。女は、ヘそくりではまかないきれなくなって、自分が持ってるグッチだとかヴィトンのバッグを売ってクスリ代にする。それが尽きて保険や定期預金まで解約した挙句、いよいよクスリを買う金がなくなってしまう。
どうしたらいいか分からないから、パニくっておばさんに相談すると、「じゃあ、お金が稼げるいい方法があるわよ」とくる。組の若い衆が団地の端っこに待っていて、千葉の栄町まで車で乗っけていって、ソープで売春させるんだ。それで、だんなが帰ってくるまでには、また家に送り届ける。ある団地の若妻が二〇人くらい、みんな売春していたというショッキングな事件があった。その手口といったらものすごく鮮やかで、頭いいんだ。若妻たちには朝一○時くらいまでは家事をさせて、家事が片付く一○時頃に車で迎えに来て、店に連れて行く。
そして半日めいっぱい働かせて、四時半頃には売春をやめさせて、また家に送り届ける。平日の昼間、だんなのいない間のことだから、バレることはない。一日に何人も客を取る重労働で、運動不足でたるんでた体は痩せるし、セックスのテクニックにも磨きがかかるしで、何も知らないだんなは喜んじゃう。うしろめたさからだんなにやさしくなったり、毎晩のおかずもちょっと手の込んだものを出したりするもんだから、下手すりゃ売春する以前よりも夫婦円満、なんてことにもなる。

 

その経験を通して得た風俗依存症フェラは苦手なはずだ風俗体験を面白く描き

売春を生活の一部にして、罪の意識もなくしてしまうんだ。埼玉でも、団地の主婦が何十人も同じ売春バンクに登録していて一斉に検挙されたっていう、そうやって、似たような事件があった。そして、この手口のすごいところは、シャブを効果的に使ったことだ。やはり、クスリがからまないと、そんなに大人数は取り込めない。最初はタダで、そのうち金を取るようになって、女がヤバイ、と思ったときにはもう戻れなくしてしまうんだ。主婦が売春に走る理由には、ローンがかさんでお金に困ったり、だんなに構ってもらえなくてセックスが欲しいから、っていうのもよくある話だ。中でもクスリは動機としては一番強い。一度道を踏み外した人間は、モロいもんだ。しかしばれたら最後、離婚させられ、子供の親権も奪われ、親戚からも絶縁される。
実家に戻ることもできず、職もないまま無一文で放り出されるのがオチだ。でも、体はクスリを欲しがって、どうしようもない。そういう女は、もう売春で生きていくほかない。家族も幸せも失い、そうやってどんどん地獄に堕ちていくんだ。この主婦売春システムには縄張りがあって、ウハウとしてちゃんと確立されている。訪問販売のおばさんというのが、実は組の女だったりするんだ。それは元売春婦だったり、組の幹部と寝るような女だったりして、年を取って使い物にならなくなると、そういう役割に使われることが多い。売春婦がたどる末路の一つだ。売春婦は他に手に職らしいものもないし、人生に何の保証もないから、組専属のやり手ばばあとして生きていくしかないんだ。
たいていはヤクザにだまされ、男に食い物にされて人生踏み外した女だから、元々は被害者かもしれない。でも、悪の組織で悪に荷担しているわけだから、まっとうな人間じゃない。同じ目に遭った女がまた新たな犠牲者を作り、悲劇が悲劇を生んで、その連鎖はいつまでも断ち切られることがない。

援交女子高生とヤクザの共存関係

女子高生の援助交際は、マスコミでも一時期ほど騒がれなくなった。だが、決してなくなったむしろブームは終わって世の中に定着した感が言葉とわけじゃない。ある。
して一般化したために、売るほうにとっても買うほうにとっても、もはや特別なことではなくなったんだろうか。
援助交際も、一人で勝手にやってるわけじゃない。これもャクザが仕切っている。渋谷センター街や池袋の西口で立ちんぼやってる女子高生も、実はヤクザにショバ代を払って営業してるんだ。現役の女子高生であれ、なんちゃって女子高生であれ、それぞれ立つ場所は決まっていて、そこがそいつのシマだ。ヤクザが場所を貸して、ショバ代を取って管理している。女たちは、オヤジに体を売って得た金の中から、相場で客一人あたり三○○○円を納めることになっている。

ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど

風俗嬢の乳首に刺
ヤクザは毎晩巡回して自分のシマを見張っているから、女がこっそり営業しようとしたところで、到底無理な話だ。
「人のシマで勝手に営業するんじゃねえ」と脅され、口答えでもしようものなら、ボコボコにされ、輪姦されるのがオチだ。その代わり、ヤクザは女のトラブルのケツ持ちもやっている。悪い奴にからまれたり危険な目に遭ったりしたら助けてやる。女はそれで安心して客を取れるんだから、喜んで金を払う。持ちつ持たれつの共存関係にあるというわけだ。そして、彼女たちはヤクザのための、接待用の性のプールにもなっている。
関西から友誼関係にある組のヤクザ連中が上京してきた時には、その女子高生を集めて、抱かせて接待するんだ。
ヤクザだっておいそれと女子高生を集められないプールしておいた女たちに声をかけて、適当なセーラー服を着せて、そのままじゃヤバいから上からコートを着せから、てホテルに送り込めば、関西のヤクザ衆は大喜びだ。制服着て関東弁をしゃべる、東京のピチピチの女子高生を抱ける機会なんて、そうめったにあるもんじゃないからな。電話一本で、女たちは喜んで抱かれに来る。-晩で一人相手するだけで一○万円からの大金をもらえるし、立ちんぼして客を取るより安全で確実だ。それに、関西のおじさまにとっては東京の女子高生が珍しいから、やさしくしてくれるんだ。こんなにラクでおいしい仕事はないだろう。かく言う俺も、危うく女子高生売春に引っ掛かりそうになったことがある。池袋の西口で人を待ってたら、制服の女子高生が近寄って来た。
今時の女子高生にしては珍し真っ黒な髪をした清純そうな女だ。そいつは俺の前に立ち、上目遣いで声をかけてきた。く、「誰か待ってんの?デート?」
「いやあ、そんなんじゃないんだ。男の友達だよ」動揺を隠しつつ俺が答えると、女はうなずいてにっこり微笑んだ。
ねえ、煙草くれない?「俺、今吸わないんだよ。やめちゃったから。でも、制服じゃまずいんじゃないの?」いいの。欲しいの待ち合わせしてた男が来た。一緒に話を聞いて相棒が煙草をやったら、女は一本だけ取ってすぐにブレザーのポケットに隠すんだ。その時、なんだ、吸わないのか「あー、ここはやばいっしょ」
俺たちが顔を見合わせると、女は目をキラキラさせて言った。
「煙草くれる大人ってことは、イイってことでしょ?」何が?「遊んでくれたら、一人だと三万円なんだけど、もう一人いるから二人で五万円でいいよ」俺は思わずグラっときた。刑事の俺が言うのもはばかられるが、はっきり言って理性の限界だった。イラついた顔で女が言った。
「結局どうすんの?遊ばないの?」俺はハッとして我に返った。
「いやあ、俺たちもう時間ないから。悪いな」
幸いその時は、別の場所で先輩と落ち合うことになっていて待たせていたから、振り切ることができたが、そうでなければ援交の世界に足を踏み入れていたかもしれない。後日、売春で捕まったことのある女子高生にその時のことを話したら、「ああ、それイラン人方式って言うのよ」って言うんだ。要するに、制服の女子高生に煙草をくれる大人ってのは、違法行為を共有するわけだから、それで売春を持ちかけても大丈夫な奴だってことが分かるという。イラン人が偽造テレホンカードを売って、買った人にはさらに覚醒剤なんかをすすめるのと同じ、犯罪の二段階方式だ。俺たちは煙草で試されたわけだ。まったくお笑いだぜ。

女子中学生、

高校生の値段
新宿では、ヤクザの支配下を逃れて、中学生や高校生が独自のグループを作って管理売春をしている。中学生の相場は五万円、これにOBである女、といっても高校生だったり一八歳のフリーターだったりするんだが、彼女たちがエージェントとして仲に入って三万円を抜き、残りを中学生に渡すということをやっている。逆に、高校生は安い。今は中学生が一番高く売れる時代になっている。女子大生では、ミッション系のS女子大に売春チームがあるというのは公然の事実だ。

 

風俗で股間を下から見上げる恰好

真冬の、しんと静まり返った夜のことだった。闇の中、男たちは次々と音もなく車から降りた。そして、家の周りをすべて通行止めにし、誰も入って来られないように封鎖しておいて、家の中に押し入った。捜査令状も逮捕状もなしにだ。そんな悠長な手続きを踏んでいられないほど、警官たちの怒りは頂点に達していたんだ。E組長は情婦と寝ていた。土足で寝室に踏み込むと、「なんやおどれらは!どこの筋のもんや!」E組長の寝ぼけまなこが、驚慢に見開かれた。突然の男たちの来襲に、E組長は、敵対する組のヤクザが自分の首を取りにきたものと勘違いしたようだ。私服警官たちは、立ち上がろうとするE組長の顔をいきなり殴った。二発、そして三発。
それでも向かってこようとするE組長を、有無を言わせず押さえつけ、後ろ手に手錠をはめ、テープで口を封じると、服をすべて脱がせて真っ裸にした。警察呼ぶよ!ー○番通報しようと電話の側に駆け寄る情婦を、足払いでその場に倒した。まるでお笑いだ。警察ならここにいるぜ。金切り声を上げて、警官たちは、もがくE組長を外に連れ出すと、パトカーのトランクに押し込んだ。そして、交番の裏側に運び、犬の首輪を首にはめて鎖でつないだ。そこは人通りが少なく、夜になると誰も来ないような寂しい場所にある交番だった。警官たちはE組長を取り囲むと、尋問を始めた。
「ワシらの仲間いてまいやがって。おのれの差し金やろ!あの事件も、この事件も、おまえがやったんやろ!」E組長が複数の人間を殺しているのは、密告などからわかっていたが、裁判では無罪になっていたのだ。
E組長は寒さに震えつつも鋭い目で警官たちを脱みつけ、頑として認めなかった。
そんなん知らんわい!それどころか、「おのれら、ワフシにこんなことしたんがバレたらどないなるかわかっとんのかい!このままでは済まさんからな!」と噛み付いてきた。警官たちはついにキレた。そして、真っ裸のE組長にバケツで冷水をぶっかけ始めた。リンチの始まりだ。これは○○の分じゃ○○の分じゃと白い息を吐きながら、何杯も何杯もかけ続けた。
ただでさえ身の切れるような寒空の下、さすがのE組長も悲鳴を上げた。
「寒い、寒い、やめてくれ!」地面を転げ回って許しを乞うE組長の姿を見ているうちに、警官のほうも次第に熱が冷めてきた。急に寒さを覚えた。そろそろ中に入ろうということになり、E組長をその場に放置して交番の中に引き上げた。数時間が過ぎた。
「あのアホは風邪でも引いたか、肺炎になったかな。ちょっと様子見てこようか」警官の一人が見に行くと、E組長はすでに凍死していた。血血の気が引いて真っ白な肌は、氷のように冷え切っていた。警官たちに動揺が走った。死体をどう処理するか。
結局、その場にいた皆で申し合わせて、その夜のうちに死体を海に沈めてしまった。この一件はこれで終わり。翌朝からは皆、何事もなかったかのように通常勤務についていたという。当時の警官たちは現在、警視や警部補クラスになっている。この時の彼らの友情、結束は今でも固い。一生口にできない秘密を共有している仲だからな。俺が知っている範囲だけでも、このように海に沈められたヤャクザの幹部は何人もいる。本当は何十人もいるのかもしれない。ヤクザの抗争で人が死に、犯人がわからないままうやむやにされた未解決事件の1/5くらいは、もしかしたら警察が絡んでいるのではないだろうか、と俺は踏んでいる。警察に命を狙われたらそいつは助からない。ある意味ヤクザよりも怖いかもしれないな。

セックスはありえ風俗嬢はヴァギナを弛めるテクニックも知りませんでした私に無理があると思


Bという教授は、都内に浮気用のマンションを持っていて、そこで教え子二人と三Pをやって、それぞれに一○万円を払った。さらに彼女たちは、この教授の推薦によって日本トップの航空会社に入社した。大学生ともなると頭を使って、人生設計の中に売春を取り入れて活用するわけだ。もっとクールでスマートな売春の例としては、オーストラリアの売春特区がある。そこでは、政府のお墨付きで売春できて、一七、八歳の女の子が一夏稼いで、大学の入学金と授業料を払う、というケースがよくある。そして、そのことを結婚相手にも全部告白してしまうという。そのうち日本にも、もっとドライで割り切った売春労働スタイルができてくるかもしれない。
そうすると、売春がなぜ悪いのかっていう疑問も世の中には出てくるんじゃないか。中世のヨーロッパなんかでは、巡礼をする尼僧はみんな、売春しながら旅をしていた肉体を提供して、その代償にその日の食事や宿泊場所を得ていたんだ。という。
日本にはそういう文化的土壌はないにしても、家出した女が売春するなんてことは、もう当たり前になっている。性の切り売りは、できて当然、できない子がおかしい、という風潮が、一部には出てきているんだろう。それにしても、一昔前までは、風俗で働いたり売春したりする女は、家が貧しかったり虐待されて育ったり、何か屈折したものがあったものだが、今はまったくそういうこととは関係なく性を売り物にしてる。いったい何が変わったのか。食べ物の影響で、脳の働きが変わったせいもあるだろう。例えば、C·コーラなんかの清涼飲料水には、三五○ミリリットル缶で三○グラムもの砂糖が入っている。それを飲み干すと、血糖値が急に上昇して、また急にストーンと落ちる。その時に、無性にイライラしたり、耐久力がなくなる。要は、キレやすくらんこうげなるってわけだ。
そういうものを日常的に飲んでいると、血糖値の乱高下やらの現象がインプリンティングされて、一時的なものではなく、性格として定着してしまう。それに、ファミレスの料理やコンビニの弁当には、食品添加物という名称でさまざまな化学物質が入っていて、食べ続けるうちに、脳の中の機能が変わっていく。性格がドライになったり、無感動になったり、怒りっぽくなったり、攻撃的になったり。売春をするのも平気になる。女子高生の援助交際をどうのこうの言う前に、まずは国ぐるみで食べ物をなんとかしなきゃいけないみたいだな。

警官にリンチされて殺されたヤクザの親分

何かと警察内の不正が明るみに出ることが多い。警官の覚醒剤使用隠蔽、交通違反のもみ消し、捜査の怠慢-…………。数え上げたらきりがない。近年、関西の警官が一人、ヤクザとの抗争がもとで死んでしまった。仲間を殺された警官たちは逆上した。ある時、「絶対に許さへん。あいつの無念を晴らしてやらな気が済まん。復讐したる……!」一人の警官が、拳を握り締めて立ち上がった。すると、その場にいたほかの警官たちも、次々と立ち上がり、互いに顔を見合わせてうなずいた。皆、思いは一緒だった。行くど!彼らはすぐに私服に着替えると、ヤクザのE組長がかこっている情婦の家に急行した。

ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど

フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ

デリヘルを利用する

痛くないのか心配になって、眼をひらくと、ひとみちゃんの顔は、悦びの表情を見せていた。おじさんと結ばれたねやっと、あ·ついに··前回、ひとみちゃんが、入れてもイイよと言ってくれた時、「そんなこと、しちゃいけない」
と諌めた自分が、今、正に本番をしてしまっている。欲望に負けた自分が恥ずかしいが、今日の強烈な誘惑に勝てる男など居ないと、自分に言い訳をした。しかし、ひとみちゃんの締まりは凄い。痛いほど、ペニスを締め付ける。ナナさんとは違った種類の名器だと思った。一日に二人の女と交わること自体が、異常な体験だが、その二人共が、これほどの名器の持ち主とは信じ難いことだ。その相手をしている、自分という男の幸運に感謝した。ひとみちゃんの、締まり方は強烈だった。締まる部分が躍動するのだ。入り口から奥へ向かってつまり男のペニスの根本から先端に向かって、··正に、精液を絞り出す装置として動く。意識して、そう動かせるの?と、ひとみちゃんに訊いたが、何を言われているのか解らないという表情をした。
もしかすると。身体が感じてくると、無意識の内に、あそこの括約筋が、そうした動きをするのかも知れない。これまた、とんでもない名器だと思った。ひとみちゃんは、激しく腰を振りながら、滅茶苦茶、気持ちイイと叫んだ。ナナさんに続いての、二度目なので、もう少し長い時間、保てると思っていたが、ひとみちゃんの勢いに押されるように、あえなく撃沈された。さっきイッたばかりなのに、勢いよく精液が出た。いや、信じられないような、あそこの動きに、一滴残らず、しごき出されたと言うべきかも知れない。今まで感じたことのない、極上の快感に疲れた。

私の後ろから、胸を採んでくれたナナさんに、もたれ掛かるように、倒れ込んだ。ナナさんは、私の背中を支えるように、ゆっくりベッドに寝かしてくれた。おじさんの遅しいペニスに貫かれて、最高に気持ちの良いセックスだった。その時、ナナさんが叫んだ、あっ!大変!!私は、見なくても、ナナさんが何を発見したのか、身体の感触で判っていた。私の性器から、ヌルヌルとした精液が流れ出たのだ。なんてことを!!ナナさんが恐い顔をして、おじさんを呪みつけた。

デリヘルこれは自分

おじさんは、一瞬、意味が判らない様子だったが、私から流れ出た自分の精液と、自分のペニスにコンドームが無いことに気付き、驚いた。
「ど、どうして·?ひとみちゃんに、大変なことをしてしまった!!」
「外したんでしょ!イク直前に、外に出せばいいだろうって、安易に考えたんでしょ!!」ナナさんは、もの凄い剣幕で、おじさんを責めた。違う··違うの!私の声が小さ過ぎたのか、二人には聞こえていない…。
「許してくれ、どんな責任でも取る」女を何だと思っているの!ナナさんの勢いは止まらない。私が意図しない結果に、私は泣き出してしまった。
招いた、おじさんも、私が”中出し”されたことを悲しんでいると誤解してしまい、ナナさんも、「泣かないで·なんとかなるから」どんな責任でも取るから·.私を慰める。と、私は、起きあがって二人の前で正座し、頭を下げた。
「ナナさんも、おじさんも、ご免なさい。違うの。私が勝手にコンドームを捨てたの、おじさんも知らなかったことなの」ええっ!どうゆうこと?「私、今日は安全日なの。だから、おじさんと直接、結ばれたいと思ったの··」
「安全日って言っても、絶対とは言えないのよ!一日や二日、狂うことだってあるのよ」
「私は、生理日も正確だし、多分、大丈夫」
「多分じゃ無いわよ!自分の身体よ、大事にしなきゃ」僕も、ひとみちゃんの身体が心配だ。何かあったら、必ず私は、また泣き声になって、本当にご免なさい。みんなに心配させてしまって。
「いや、僕が確認して、気付くべきことだったんだ」知らせてね、どんな償いでもするから償いなんて言わないで、私が悪いんだからおじさん、ナナさんは、おじさんに、誤解して責めたことを謝っていた。そして、私に、「悪い子ね!悪い子には、お仕置きをするわよ」
と言って、私の上に馬乗りになった。両手を左右に押さえつけ、私の右の乳首を軽く噛んだ。
「あなたも、もう片方を責めて」
と、おじさんに命令する。おじさんは、戸惑いながら、左の乳首を甘噛みする。あ~ん悦んでいるのね。じゃあ、もっと強くするわよあら、ナナさんが、調子に乗ってきた。おじさんも、乳首を強く吸った。少し痛いけど、凄く感じる。気持ちイイ!!もっと、してその後は、ナナさんのテクニックによって、何度イカされたか一度イッテも、すぐ間を空けずに、攻撃された。ナナさんと、おじさんの連合軍だから、こちらは堪らない。判らない。もう無理、止めて!と言っても、許してくれない。
数え切れない程の、絶頂を迎えた。ぐったりした私の横で、ナナさんと、おじさんが再びセックスをしていた。疲れきって、
まったく、なんて無茶をする子なんだろう。ひとみちゃんの大胆さに驚かされるのは、いつものことだが、まさか、生のペニスを受け入れて、中出しをさせるとは思ってもいなかった。でも、ある意味、そんな無茶が出来る、ひとみちゃんの若さに嫉妬した。お仕置きと称して、ひとみちゃんの身体を責めた。男と一緒に、あらゆる性感帯を責め、もう無理、止めて!と言っても、更に連続してアクメを感じさせ続けた。さすがの、ひとみちゃんでも、気絶するほどだった。ひとみちゃんが、ぐったり眠るように横たわった脇で、私は再び、男と交わった。男の体力が心配だったが、ひとみちゃんを責める行為を続けたことで、私も、男も興奮が高まっていた。正常位で、静かに迎え入れた。今度は、まるで、新婚初夜の二人が、厳かに結ばれる儀式のような行為だと思った。
一度目の、あの獣のような激しい交尾とは正反対の、優しさに満ちたものだった。男も、私も、あまり腰を動かさず、ただ挿入されたままの感触を楽しんだ。ひとみちゃんと、張り合うつもりはないが、まだ、二回しか会っていないこの男を、愛しているような錯覚を覚えた。
性格の良さは前回から解っていたが、私とも··ひとみちゃんとも.·身体の相性が良いことも確かなようだ。男の耳元で、ひとみちゃんに遠慮して、愛してると、言ったみた。さほど意味はそう言ってみたい気になったのだ。言葉自体に、無いが、男も、私の耳元で、僕も、愛してる応えてくれた。と届いて、幸せなセックスだと思った。これが本当の、ああ、男にも、ひとみちゃんにも感謝したい気持ちだ。身体が満たされ、それによって心も満たされる。満たされた心が、より一層、相手の身体を愛おしく思う。

 

セックスの調子が悪

健全で、健康的で、心と体が、とても良い連鎖になる。心地よい快感を感じられる自分の身体と、みんな健康的で、素晴らしい。それを与えてくれる相手の身体。肉体と心は切り離せない。情熱と、優しさ、欲望と思いやり。人間の行うセックスは、生殖の目的だけでなく、快楽としても、愛情表現としても行われる。一見矛盾しているように思えるが、神の領域に触れる瞬間をも内包していると感じた。
《私は、ここに居る。あなたに触れて欲しい》《あなたに触れることによって、私を意識して欲しい》《あなたの存在を、ずっと意識していたいから、あなたに触れていたい》《どうか··お願い、私に触って》「ナナさんばっかり、二度もずるい!」
ひとみちゃんが、目を覚ました。

してしまった。とんでもないことを、自分の娘と言えるほどの年代の、ひとみちゃんと、本番のセックスをしたばかりでなく、なんと生で挿入し、避妊をしないまま、精液を中出ししてしまったのだ。ひとみちゃんは、安全日だから、大丈夫それが絶対的なものではない事は、と言うが、ナナさんが言うように、男の自分でも知っている。もし、妊娠させてしまったら··と、青ざめた。自分は、一応独身だから、こんなに歳の差のある娘を妊娠させたとなると、自分自身が許せない。どんな責任の取り方でも出来るが、世間の目より、快楽に溺れてしまった罰だろうか?絶対に堕胎はして欲しくない。ひとみちゃんの身体を大切にしたいのは勿論だし、子供に恵まれなかった自分としても、その選択肢は最初から除外して考える。妊娠しても、ひとみちゃんさえ良かったら、自分の再婚相手に迎えることも出来る。ひとみちゃんが、結婚を望まないなら、認知をしてやることも、子供を引き取って育てる覚悟もある。こんな事は、考えたくないが、慰謝料や、養育費を求められたら、自分に可能な限りの事をしてあげるつもりだ。
また、でも今は、起きてしまった事を悩んでも仕方が無い。今後の経過を待つしかないと、思い直した。ひとみちゃんの《危険な冒険》に対して、お仕置きナナさんは、と、称して、過激なレズ攻撃を始めた。
ナナさんに参加するよう促され、自分も、ひとみちゃんの身体に向かった。とりあえず今は、この快楽に没頭することで、現実を忘れたい気持ちになったのだ。ナナさんは、的確にひとみちゃんの感じるポイントを責めてゆく、ナナさんが責めた後を追随するように、自分もひとみちゃんを愛撫した。二人の攻撃によって、溢れ出る愛液は、音を立てて口で吸い取り、べとべとになった陰毛に頬ずりした。ナナさんの顔と接近した時は、もちろんナナさんともキスをし、舌を絡めた。眠るように崩れ落ちた後は、ナナさんとの愛の交歓が、再び始まった。
ひとみちゃんが、疲れ果てて、最初の時のような、激しいものではなく、互いの心を込めたゆったりとした交わりだった。既に二度も射精した自分のペニスが、不思議なほど元気を取り戻していた。二十代の頃に戻ったような回復力だと思った。先ほど感じた、ナナさんの中の感触を、再確認した。絡み付くように奮き、吸い付くような快感は、錯覚ではなかった。その感触を永く味わうためにも、僅かな腰の動きに留め、重なり合っていたい。愛おしむかのように包みこみ、味わっているような表情をしていた。
自分の中に挿入されたペニスを、ナナさんも、耳元で、愛してると、騒いてくれた時には、天にも昇る幸福感を感じた。僕も、愛してるこんな気分になるのは、何年振りだろうか·.。
自分の発した愛してるは、ナナさんにも、ひとみちゃんにも、同じ重みを込めて言ったつもりだった。この二人の女性を欲しい。二人とも、自分のものにしたい。そんな、叶えられるはずの無い望みを抱いてしまった。どうすれば良いのか、答えが見つかるはずも無かった.。
ナナさんと、おじさんが再び、愛し合っていた。二人の身体の、静かな動きは、本当に美しいと思った。
セックスについて悩む女はマジメだ

デリヘル嬢は乳首を硬く

あれほどイカされた後なのに、こんな美しい姿でセックスしたいと思った。同時に、私も、「ナナさんばっかり、二度もずるい!」
自分で言った言葉に、恥ずかしくなった。私は、これほど淫乱で、強欲な身体になってしまったのかと不安になる。暫くしたら、おじさんはナナさんに軽くキスしてから、身体を起こし、私に覆い被さった。おじさんのペニスが下腹部に触れ、それがまだ固さを保っていることを知った。凄い!まだ、大丈夫なのねおじさん、まだ、三回目は、イッて無いからね。おじさんのペニスは、ナナさんの愛液で、もちろん、そのまま来て··正常位で、二度目の挿入を受け止めた。ここまま、入れてもいい?濡れたままだ。私は、ナナさんの愛液ごと、受け入れたい気持ちだった。
私も、背中から首筋に、再び快感の電流が走る。あ..烏肌が立つほど、気持ちイイ。ナナさんとおじさんの、やはり最後は、コレでなくっちゃ。さっきは、指や舌で、何度も絶頂を迎えたが、おじさんが「ひとみちゃんも、ホントに素敵だよ。おじさんも凄く気持ちいい」
ナナさんは、私の横に寝そべって、私の髪を優しく撫でながら、「さあ、ひとみちゃんも、良くして貰いなさい」って、言ってくれた。ナナさんの時と同じように、おじさんは、ゆっくり味わうように、腰を動かした。少し、焦れったくて、私の腰を動かしたい気がしたが、眼を閉じて、その、ゆるやかな動きを味わうことに集中した。元もと、ペニスを受け入れていることによる、確実な充実感を感じているのだが、沸き上がってくる絶頂へ早く昇り詰めたいという欲望に逆らえず、先を急いでしまう。
でも、二度目ということもあって、今度は、焦らずに進んでみようという心の余裕があった。直線的に、頂上を目指すのでなく、螺旋状に昇って行くことにしよう。スロー·セックスという言葉が、在るのかどうか知らないが、一つの動き、一つの快感を確かめながら、相手の表情を確かめ、自分の動きと感覚を確認そうした自分として初めての試みが、意外な効果を生み出し始めた。最初は、物足りなさを感じた快感が、消えることなく蓄積され、ある時点で爆発的な激流となって、身体の芯から湧きあがった。気持ちイイする。などと口に出せるレベルでは無かった。いきなり、ドンとショックを受ける。《何?これ?》息が詰まる程の、快感が押し寄せた。
身体全体が震えた。おじさんが、私の背中に手を回し、力強く抱きしめる。凄い!
ひとみちゃん!
声が出せない!息が出来ない!頭の中で、何かフラッシュする光を見た気がした。ホントに死ぬかと思った。
その直後に、全身が、慌惚とするような幸福感に包まれ、ふう~と息が出来た。信じられないような、体験だった。余りにも良すぎて、セックスが恐くなるほどだった。セックスと死は、もしかすると、近いものなのかも知れないと思った。後で聞いたら、おじさんも、「これ以上進んだら、自分の命に係わるような気がして、と、苦笑して言っていた。引き返した気分だった。この年齢で、一日の内に三度も射精は無理だよ」ホテルを出たのは、夕方6時を回った頃だった。六時間も、セックスしていたことになる。満足した充実感を残して、おじさんの車で送ってもらった。
疲れた身体と、おじさんが、車の中で、あっ、しまったと、言う。
「なあに?忘れ物でもしたの?」私が訊くと、「いや、忘れ物じゃないけど、あれをしたかった··って、思いついた」
「あれって?何かして欲しかったことがあるの?」ナナさんの質問に、い、いやと、照れて顔を赤らめる。
「なあに?言ってごらんよ」なあに?私が追求すると、並んで四つんばいになって貰って、「.お尻から二人に、眺めて見たかった.·」うわあ!エッチ!!と、私が言い。ナナさんが、お尻を、見比べたいの?と訊くと、もっとエロいことを考えてた·.。片方に入れて、「おじさん、エロい!!

股間のクロッチには縦の筋がくっきりと入っています

そんなことしたかったの?」真っ赤になったおじさんは、もう片方を指で遊ぶ、次ぎに、その反対に入れて、もう一人を指で.·って··「男なら、誰でも一度は、そんなハーレムを妄想するよ」ナナさんは、で、どっちでイクの?なんて訊く。我慢できなくなった時点で、射精するんだけど、その時が、ナナさんなのか、「判らない。ひとみちゃんなのか·.」
「まるで、ロシアン·ルーレットね」
と、ナナさんが呆れる。
「ね、ね、今度それしてみて。出させた方が勝ちね!」
「ひとみちゃん、いい加減にしなさいよ」は~いおじさんは、「やっぱり、しなくて良かった」
と、ぼつりと言った。
ひとみ·あの、目肢くような体験から一ヶ月以上の時間が過ぎようとしていた。ナナさん程ではないものの、最近では私も予約してくれるお客さんが増えてきたので、夜だけの勤務が計画的にできるようになってきた。昼間だけとか、客待ちの無駄な時間が無くて、効率が良いのは助かるが、ナナさんと顔を合わせる機会が少なくなってしまった。ナナさんの離婚についての進展状況も訊いてみたいし、例のおじさんとの、今後の付き合い方を話し合ってみたかったが、それに、私の身体が、そろそろナナさんを求めているので、早くナナさんに会う機会を作りたかった。
そのチャンスが中々訪れなかった。その日は、昼間の仕事を終え、部屋に戻った。ちょっと薬局に寄り、在り合わせのもので済ますか、外に食べに出るか迷っていた時、電話が鳴った。夕食がまだだったので、関西の親威からで、母が倒れたと言う。病弱な母を、独り暮らしさせていたので、前から気になってはいたが、とりあえず、店に電話し、店長に事情を話した。混乱した。明日にでも帰郷するようにと言われ、仕事の事は心配しないで良いから··長期休暇ということにしておくから親は大事だから、早速帰りなさい。と、言ってくれた。深夜発の高速バスに乗ることができる。今から準備すれば、暫く、ナナさんや、おじさんに逢えなくなることが辛いが、止む負えない。
母の病状が判らないので、その《暫く》が、どのくらいの期間になるのか··不安になる。店長の言った長期休暇が、もし、半年、一年というような事になったら、どうしよう。一旦は、お店を辞めることになるのかも知れない。ナナさんに長文のメールを書いた。携帯で、おじさんには、ナナさんから、伝言してくれるように頼んでおいた。
荷物をバッグに纏め、戸締まりをした。この部屋に戻って来られるのはいつになるだろう?これから先の事が不安で、泣き出したい気分だった。タクシーを呼んで、バス·ターミナルへ向かう。さっき薬局で買ってきた検査薬を試した。出掛ける前に、トイレで、妊娠していた。私は、-第一部完--
「はるかちゃん、トイレ行くの??俺も今行ってきたところ。公園トイレ少ないよね」
「そうなんです、女性の方は本当にやばいです。とても待てないです」少しふらふらしながら話すと「大丈夫??ついて行ってあげるよ」と一緒について来ました。
「吐きそうだったら背中さすってあげるよ」そういうと女性トイレでなく赤ちゃんの台とかも大きな個室のトイレに一緒に入りました。最初は普通に背中をさすってくれてたのですがそのうち私の後ろからくっつくように背後から、抱かれる形で手がまわってきたんです。そして上着の下から手が入ってきましておっぱいをなで始めました。手を払いのけようとしましたが、酔っぱらいすぎていて抵抗できません。そのままブラをずらして胸をもんだり乳首をコリコリしたりされました。そして、先ついにパンティーのあいだから指を入れて来たのです。ただなぜか気持ちよくてどうしようもありませんでした。こんな状態なのに感じてしまっている自分に恥ずかしくなりました。

デリヘル嬢は自分のことを転々虫だと言

ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど上司もそれに気づいたのか、手マンする指が激しくなっていきます。激しくなるにつれどんどん感じてしまいます。私は全身感じちゃうんだけど、にんな場所で上司にレイブもどきのとこをされていると差恥心を刺激され濡れ濡れなってきました。そして上司の唇が首筋に降りてきて、ディーブキスされながら手マンされます。クリトリスを刺激してた指がおまんこの入り口まで刺激範囲を広げてくるともう我慢できなくなっちゃってねえ挿入してと自分から言っちゃいました。
使便座に座らされる形で正常位でおまんこに入れてきました。私は一何回もイカされて、最後は中に出されました。余韻にひたってるとトイレをどんどんする音がするのであわてて服をきてまた背中をさすってもらってる体勢になりました。すいません、お待たせして上司が扉を開くと私も必要以上に酔っぱらったふりをして上司にかつがれるようにして出ていきました。野外でのセックスは初めてですがこんなに興奮するもんだとは思いませんでした。
会社の仲間とカラオケバブへ飲みに行った時のエロ話。中に入ると先客で女の子2人連れがいました。一人は永作博美に結構似てて桃花ちゃん、もう1人は木南晴夏を少しボッチャリさせたような感じのどちらも可愛い女の子でした。
超巨乳の詩織ちゃん。女の子が歌う時に一生懸命合いの手を入れてると仲良くなり一緒に飲むことになりました。もう一曲もう一杯もう一曲もう二杯可愛い子がまざっとなって飲みのペースはどんどん進む。気が付けば全員が泥酔状態。こりゃみんなで乱交かと思いましたが永作博美似の桃花ちゃんは明日早いからといって木南晴夏似の超巨乳の詩織ちゃんをおいて帰ってしまった。仲間は桃花ちゃん狙いだったみたいであとはまかせるよと言って帰っていきました。
眠っている詩織ちゃんを起こそうとすると超巨乳がぶるんぶるん揺れる。
「みんな帰っちゃったから送っていくから帰ろう」といって外へ出た。タクシーがなかなかつかまらず疲れて公園でジュースを飲みながら休む。超巨乳が腕にあたってチンコがやばくなってきた。顔をこちらに向けさせてキスをする。触ると体温が感じられるもう勃起ギンギンです。
「おっぱい大きいね~ちょっとだけさわっていい?」そういって乳首をくりくりするとはあはあ言いながら自分のおまたのあたりをもぞもぞ。だめ、感じちゃう詩織ちゃんもずぼんの上から股間をやさしく撫でるようにしてくるこちらも耳、うなじ、腰の、ほっぺとやさしくあいぶする。そしてブラを脱がすと着やせするタイプか、脱がせると思ってた以上にでかかった。しかも張りのあるおっぱいは魅力的でおもむろにしゃぶりつき、手で採みながら口で乳首を舌で転がす。


ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど アソコがとんでもないポテンシャルを秘めている 
高級ソープ

セックスって何なんだなんだ

お尻から太ももにかけての肉付きはムッチリしていて心を魅かれる

デリヘル嬢は乳首を吸われる
黄金町や町田の方

やはりその人妻は詩織だった。なんともう下着姿になっている。化粧もバッチリで、最近では全く付けなくなっていた黒いスケスケの下着を身に着けていた。その姿のまま佐々木の逸物を引っ張り出し、立たせたままフェラチオしている。すっかり発情し切った顔で愛しそうに丁寧に紙めていた。佐々木はその光景を俺に見えやすいように角度を変えた。
なんだそりゃ!興奮して大きくなってきた佐々木のものは俺のものよりもはるかに大きかった!そんなでかいもので詩織を突きまくったのか?今まで何度もビデオを見てきたが、奴の撮影が下手だったのか大きさはよく分からなかった。だが何度もハメ撮りしているうちに慣れてきたんだろう。このビデオでは、佐々木のチ○コのでかさがハッキリと分かった。あまりの巨大さに驚慢している俺をよそに、詩織はうっとりした表情で紙め上げていた。
「ああ…なんて大きいの…」
「奥さん、今日はこいつでたっぷり可愛がってあげますからね」
「ああ…ちょっと怖いけど…お願いします…」佐々木の逸物に欲情し、しゃぶりながら自分のもいじっている。
「奥さんは本当にチ○コが好きですね」
「うふ、あなたのが大きいからよ」興奮に潤んだ目で佐々木を見上げながら、テカテカと濡れ光る勃起へ舌を伸ばし裏筋を紙め上げる。
詩織があんなにおいしそうにチ0コをしゃぶるなんて…普段は俺がフェラチオを求めても嫌がってしてもらえないのに。いま目の前にいる妻は、不倫相手の足元に膝まずき、自ら奉仕をしている。それほど佐々木とのセックスに期待しているということなのか?休まず奉仕を続ける妻の舌使いを見ると、そう思わずにはいられなかった。
「奥さん、あそにをいじるんだったら僕が可愛がってあげますよ」
佐々木は勃起を引き抜くと、妻をベットに押し倒した。
仰向けになっている妻の隣に寄り添うと、手を股間にあてがって指先でなぞり上げる。既に妻のあそこは潤いきっていて、佐々木の愛撫を待ち焦がれていた。あふれ出る愛液でバンティーにらな染みが出来ている。佐々木はバンティーの中に手を入れて、直接おま○こをなぶり始めた。ああん、いいっ、いいわ~バンティーの中で指が動くたびに妻の背中がビクンッと反り返る。すでに指は摩内に侵入しているようで、グチュグチュと愛液のはじける音が聞こえてきた。
「おま○こだけじゃ物足りないんじゃないですか?」その言葉に妻は、何も言わずに佐々木の手を取り自分の胸に押し付け、佐々木の手のひらごと乳房を採みはじめた。

そして唾を垂らして手コキへ

愛撫されているとき

「おま○こをいじられて、オッパイが寝いてきたんですか?」
「そうなの…強く採んで…もっと…」佐々木はバンティーとおそろいの黒のブラジャーを剥ぎ取ると、張りのある大きな乳房が飛び出した。やだ…恥ずかしい…「そんな事言ってる割には随分感じてるじゃないですか。
すごくきつく締め付けてきますよ」佐々木はいやらしい言葉を言いながら、摩内に挿入している指をゆっくり抜き差しする。
「いやあ…駄目、そんな風にされたら私…」妻は全身を小刻みに震わせて職ぎ悶えた。
「この大きなもので犯されたくなったんですか?」
「ああん、分かってるんなら早くちょうだい…あそこが落いちゃって仕方が無いの…」
「分かってます。すぐに入れてあげますから待っててください」佐々木は備え付けのコンドームに手を出そうとしたが詩織はそれを止めた。
「中に出さないって約束してくれるならそれはいいです。それに私は生のオチン○ンが欲しいんです」俺とする時はゴムを着けろってうるさいのに…そんな事をしてもし妊娠したらどうするんだ?くそっ、今から佐々木の代わりに犯してやりたい!でも映像に向かって叫んだって仕方がない。それにこの後だってあるのだからと、ギンギンに勃起してしまっているものを何とか我慢した。
「もし妊娠してしまったら僕の子を産んでください。そして満足させてくれない旦那に育てさせるんだ」挿入体勢に入っていた佐々木は一気に妻の中に突っ込んだ。うあああっ!妻がわめくような声を出した。佐々木のものが大きすぎるためなのだろうか、眉間に織をいせて耐えるような顔をしている。
「詩織さん、見えますか?詩織さんのおま○こがチ○コを全部呑み込んでますよ」佐々木は妻の両脚を広げ、挿入部分を見せつけながら言う。愛液に濡れた肉ビラが野太いチ0コを根元まで唾え込んでいるのが丸見えだ。
ひくつく粘膜が、勃起をヌチュヌチュと祇めしゃぶっている。
「ああ…オチン○ンが奥まで届いてる…ああ、まだ動かさないで」腔が肉棒の大きさに慣れるまで辛いのか、妻は息も絶え絶えに訴えた。だが佐々木は容赦せず、妻の腰を抱えると激しいピストンを開始する。いっ、いやっ!壊れちゃう!「壊れるわけないでしょ!ほらっ、こうされるのがいいんでしょ?」肉棒が抜き差しされるたびにぬるぬるの肉壁が露になる。ばんばんと肉と肉を打ち付けあう音が響き、太腿に愛液のしずくが飛び散っている。
佐々木はチ○コが抜け落ちる寸前まで引き抜き、また一気に奥まで突き入れる。その度に亀頭が子宮を突き上げて、妻の背中が小刻みに震える。円を描くように腰を動かしてグチュグチュと腰を動かすと、妻は唇をかみ締めながら声を漏らす。ああ…す、すごい…抽送が激しさを増すごとに身体の奥底から淫らな熱が湧き上がってくる。両脚で佐々木の身体をがっしりと挟み込んで、さらに奥深く肉棒を受け入れようとしていた。さっきまで苦しがっていたのがうそのように、自分から腰をくねらせて快感に酔いしれている。
「佐々木さんのオチン○ン、硬くて大きい…」
「旦那のチ○コはどうなんですか?これぐらい硬くて大きいんですか?」
「ああ…あの人のは小さくて、こんなに硬くないです…比べ物にならないわ…」
人妻の夫のふがいなさを強調し、自分のものの良さを言わせる事に佐々木は喜びを得ていた。妻は遅しい佐々木の勃起で泣かされながら、俺のチ○コが劣っていることを訴える。ああ、そうだよ…俺のチ○コは佐々木のには比べ物になんてならないさ…散々佐々木に突きまくられてるところで一度映像が途切れた。多分テーブが終わってしまったんだろう。再開されたときには随分時間が経った後のようだった。
「ふふ、またイキましたね、詩織さん」
「ま、私、イ…イカされて…」また…妻が荒い呼吸を繰り返しながら答えている。白い肌を火照らせ、全身玉のような汗まみれになり、絶頂の余韻に震えるあそこには、夫の俺のではない、股間を洪水のように愛液で濡らしながら。

セックスを何度か繰り返

佐々木の肉棒が埋め込まれている。2人は既にかなりの回数をこなし、妻は何度もイカされているようだ。その証拠に詩織のお尻の下のシーツはグシャグシャになってしまってて、黒いしみが驚くほど広がっている。きっと途中から撮影を始めたのだろう。
「お、お願いです。佐々木さん、もう許して…」
「許すって…ボクは別に詩織さんの事、虐めてるつもりはありませんよ」
妻の今の絶頂に佐々木は射精しなかったらしい。ピクピクとうごめく腔肉の感触を楽しみつつ、余裕たっぷりに答えている。
「でも、嘘ついたじゃないですか。中には出さないって言ったのに…」
すっかり手足に力が入らない妻は、蕩けた顔を泣きそうに歪めて佐々木を見上げる。
「ちゃんと中に出してもいいですかって聞いたじゃないですか」摩内の肉棒をゆっくり抜き差ししているらしく、時折妻がフッとかアッとか言っている。
「ダメだとは言わなかったですよね。ただ、気持ちいいよ~って叫んでばかりで」だって…だって~「1発目が出されたときイッちゃいましたよね。中出しされたってのに」そ、それはそうだけど…「旦那さんに謝らないといけないんじゃないですか?浮気して中出しされた事」
「ごめんなさい…私、あなた以外の人に中で出されてしまいました…」何回もイカされた妻の身体は、しゃべるだけで甘い快感を呼び起こし、その声が震えてしまっている。
「今日はずっと詩織さんの中に出しますからね」佐々木は詩織の浮気を弱みに使って、再びピストンを開始した。ずっとなんて…ああっ!ま、また動いてっ!そ、そんな…摩奥にズンッと肉棒のうねりを感じて、僅かに収まっていた性感が跳ね上がる。
「んん~っ!お願いっ!ちょ、ちょっと休ませてっ!」度重なる絶頂でトロトロに蕩けた腔内を、いまだ硬さを保ったままの剛直が行き来する。何回もイッたから私の中が敏感になってるの…だから休ませてっ!な、「おま○こが敏感になってるから止めてといわれて止める男はいませんよ」佐々木は当然の言葉を言いながら、その敏感になった妻の腔内を亀頭で執勘にこすり上げる。肉と肉が絡み合い、ジュブッ、ジュブッという卑獲な音を鳴らしながら愛液が飛び散っている。佐々木はさらに詩織の身体を下から突き上げ、射精直前の肉棒で摩内上部をこすり上げた。
「ああっ!そこすごい敏感なの!ダメッ、またイッちゃう~!」
髪を振り乱してよがる妻の体が、ググッと弓なりに反っていく。
「僕のチ○コじゃなきゃダメなんですよね。このくらいのチ○コじゃなきゃ奥さんは満足出来ないんでしょ」そうなの…佐々木さんの大きなオチン○ンでないと、詩織…満足できないの!そ、「詩織さんの子宮に精液を流し込んでもいいですか?」
「ほっ、欲しいです。佐々木さんの精液を私の中に注ぎこんでっ!」
「今日は安全日じゃないんでしょ。僕の濃いの受け止めたら妊娠しちゃいますよ。」
「子供できてもかまわないっ、私の中に出してちょうだいっ!」妻が佐々木に涙を浮かべながら懇願している。だらしなく両脚を広げた体勢で佐々木の肉棒に貫かれながら、俺の妻が中出しをねだっている。出ますっ!詩織さんもいって下さいっ!ううっ、「来てっ!私の中にいっぱい出してっ!」
佐々木が抽送のスピードを上げて叫ぶと妻は中出しを懇願した。

クリトリスを制する者は女を制する

セックスに関する様

佐々木はぐうっと低くうめきながら、最後の一撃をずぶっと腔奥に挟り込む。妻の頭がガクンと後に倒れ、なすすべもなく開いた口からは絶叫に近い悲鳴が響いた。言葉にならない悲鳴を繰り返し、詩織は逃げようのない絶頂をに身体をよじっている。妻が背中を弓なりに反らせた瞬間、佐々木の肉棒が整内でビクンと症撃した。
いくっ、いっちゃうっ!次の瞬間、妻の中に熱い白濁液夜が逃った。佐々木のチ○コが症撃するのに合わせて尻肉がビクッピクッとすぼまる。俺の妻に独身で精液を溜め込んでいる佐々木の大量の射精が打ち込まれてる。気持ち良さそうな佐々木と詩織の顔を見ると、嫉妬心がこみ上げてきて堪らなかった。
「やっぱ、イッてるときの詩織さんのおま○こは最高ですよ」佐々木は妻のキュッキュッと脈打つ腔肉の締め付けを味わいながら、またも体内に放っていた。
「ああ…また中に出されてる…熱いのが入ってきちゃう…」快感で涙と誕をたらしながら、詩織はろれつの回らない声でつぶやいている。もちろん腔口からは、それ以上にだらしなく絶頂のヨガリ汁がダラダラと流れていた。
普段の生活で相手がいなく、精力の有り余っている佐々木はこれくらい射精しただけでは満足2度の射精でも全く衰えない性欲を、妻は身体の中で感じたようだ。できないようだ。
「そんな…まだそんなに大きい…佐々木さん、おかしいですよ」
「旦那さんとは違いますからね。それに詩織さんの身体がボクを興奮させるんです」一度摩内から引き抜かれた長大な肉棒が、精液と愛液に濡れて淫らに光る。大きく反り返る竿の先の巨大な亀頭が、まるで獲物を狙う大蛇のように詩織を脱みつけている。
「こわい…何回したら満足してくれるの?このオチン○ン…」
「さあ、何回でしょうね?
取り合えずまた入れちゃいますよ」そう答えると愛液と精液でテカッた肉棒を、完全に蕩け切ってしまってる割れ目にあてがう。
「やだっ…もう入れないで!私おかしくなっちゃう!」挿入されたら最後、身体は否応なしに反応してしまうのだろう。だが、その拒む姿こそがどうしようもなく男を興奮させてしまう事を詩織は知らない。
「たまらないなあ、詩織さん。後何回したら僕の女になりますって言ってくれるんですかね」
「そんな事言いません。絶対言わないですから、あっ、ああっ!」その願いも虚しく佐々木の遅しい剛直が、妻の熟れきった肉壷にねじ込まれた。くくっと切なそうに声を震わせる詩織。
だが身体の方は、亀頭が腔口を広げた瞬間、キュッキュッと震えて嬉しそうに吸い込み始める。巨大な肉棒をたっぷりと包み込み、収縮しながら愛液を垂れ流すらな体。自分の身体が自分のものでなくなる恐怖におびえつつ、妻は心のどこかでその快楽を受け入れようとしているようにも見えた。
佐々木はぐったりとしている妻の腰を掴むと再び猛然と貫き始める。なんてやつだ、2回も射精したばかりだというのに…俺は佐々木の、まるで暴風が吹き荒れているかのような荒々しいセックスに圧倒された。とてもあんな真似は出来ない……佐々木に対して妻を寝取られている嫉妬とともに、男としての敗北を感じずに入られなかった。
「これ以上イカせないでえつ!私、もう戻れなくなっちゃうっ!許して…」
「もうとっくに戻れませんよ。旦那さんを裏切って僕とおま○こしてるあなたはねっ!」

絶世の美女ばかりがウチの店に来てくれる
愛撫と言ってもいい動きで触れている亀頭をぴっちりと覆うと風俗嬢の横顔

デリヘル嬢お尻の穴

セックスしてるってコンビニでアルバイトもはじめててなん佐々木は妻の身体だけでなく心までも犯すように、俺とは比べ物にならない激しさで腔内をかき回す。その肉ピストンを半狂乱になりながら閉え受け止める詩織。妻の身体が何度もビクビクッとね上がる。
映像からは腔内がキュッと膝壁を引き絞り、脈打つ肉棒を根元から絡みとっているのが見える。あっ、あっ、お、おま○こがまた変になってきてるっ!だめ~「くっ…奥さん、おま○こ名器過ぎますよ…」!ぬめる腔壁に裏筋を執勘にこすられて、佐々木がさすがに弱音を吐く。
「名器とか言わないで。そんなの分からない…あそこが勝手にそうなってるの!」まだ幾分か幼さを残す美貌をグシャグシャに歪ませて、詩織が泣きながら噛ぐ。上になったり下になったり、色々な体位で妻の身体を犯す佐々木。好き放題に身体を楽しまれている間、妻は何度も絶頂を味わされていた。
「何回出してもおさまらない。奥さんの身体、今まで出一番素敵です」そんな佐々木の賞賛の声に返答することも出来ず、妻はただただ酷いでいるばかり。
そんな奴も、もう限界が近いようだ。少し前からつらそうなアエギを上げながらピストンを続けている。射精寸前の下半身をピクピク震わせながら、なおも妻を追い込もうと大きなグラインドを続けていた。極限まで敏感になった摩肉で、肉棒の震えを感じ取り、妻の腰がガクンガクンとくねり始める。い、いくっ!あ、ああああ…またイキそう…くおおつ、出るっっ!男を求めて貧欲にうねる摩肉に、佐々木は衝動を抑えきれず精液をぶちまける。バックの体勢で後から激しく貫かれて、息も絶え絶えな詩織は佐々木の射精を敏感すぎる摩内で受け止めた。ダメなのに…「いや~ん…オチン○ンがおま○この中でビクビク暴れてるう~」妻の尻に腰を密着させて最奥に打ち放たれる同僚の精液。
射精の瞬間、俺以外の男の射精を子宮に受け止める妻の身体は、ビュッビュッと放たれる毎に症撃を繰り返している。ビデオの中のでっぷりと肥えた佐々木に、後から受精されている妻の裸身は美しかった。まさに美女と野獣。醜い野獣に犯される美しい妻を、目を皿のようにさせて見つめている俺は何なんだ?ビデオの中の2人の絶頂と同時に、手も触れていないのにズボンの中の俺のチ○コが爆発した。
間歌発作もおさまり、ふうっとため息を漏らした佐々木が、硬いままであろう肉棒で摩内をこね回す。
「はあ~ん、グルグルまわしちゃダメよ~。敏感になりすぎてるの…」3回連続の摩内射精で腰が立たなくなっている妻が、恨めしそうに同僚を見つめている。

ペニスを包む皮膚状の袋です

セックスにかける時

そしてぬぼっと引き抜かれた腔口からは、勢いよくゼリー状の濃い精液が飛び出した。はあ、はあ…妻はまだ放心状態で、緩んだ摩口から白濁汁が垂れてベットを汚しているのも気付いていない。摩内にまだ残っていた精液がゴブッと生々しい音を立てて妻の体内から溢れるのが見えた。そんな詩織を放置して、シャワーから戻ってきた佐々木は妻に約束をさせている。
「もう戻れない……こんなの知っちゃったらもう反戻れないよ…」なら、またボクと会いませんか?
今度も奥さんの事を狂わせて上げ今度もこんなにしてくれる…ますよ妻がぼやけた視線でカメラの方を見つめている。その顔は、俺には一度も見せたことのない淫らでスケベな人妻の顔だった。
「良かったらまた会ってくれませんか?お金はいいですから…」
「お金はいいって…、セックスフレンドとしてって事でいいですか?」
「はい…すごく気持ちよかった。もっと佐々木さんにエッチな事して欲しいの。あの人とでは満足できなくなって、こうやっていろんな人と出会ってたけど、どれも大したことはなかったの。本当の喜びを感じることができたわ」でも、今日初めて、そう言って微笑む詩織の笑顔でビデオは終わった。
あれは今からもう15年も前の話になるでしょうか。当時オイラはまだ学生でした。
おいらはゼミ教授ある初冬の木枯らしの吹く中、と、ゼミの仲間数人(全部3)でゼミ終了後のみに行ったんですよ。(おぢさん)まだ若くて元気だったあの頃。当然一軒で足りるはずもなく関内にあるカラオケバブへ。この教授ってのがやぁらかい人(エロ)でして、さも当然かのようについてきたわけですな。
後々好結果を生みます奥のボックス席に案内されると、おいら達の前のカウンター席に女の子二人連れがいました。片方は、今考えれば真鍋かをりに結構似てて、おいらのストライクゾーンど真ん中!もう一人は中嶋朋子をすこしぼっちゃりさせたような感じ。しかし特筆すべきはその巨乳!!!(Gカップ)前述のようにおいら、ものすごくヘタレだと自認していたわけですが、普段のおちゃらけっぷりは相当なものでして。
しかも野郎ばっかりで飲んでてもつまらなくなってくる訳でして。女の子が歌うたんびに合いの手&ハモリを入れてたんですな。(当時はそれが結構んで、ハイタッチなんぞしてれば当然仲良くなってくるわけでして。いつの間にかおいら達のボックス席に合流してました。受けてた)教授の隣に真鍋さん。二人るをはさんで中嶋さん、でおいら。という位置関係。ええ、正直むかつきましたとも、うちのエロ教授に。wしかもくどいてやがるんですよ真鍋さんを。50越えてるくせに。wなんか「気に入った!うちの学生かどうか関係ない!!来週からゼミに参加しなさい!!」ゼミ室(教授室)の直通電話番号なんて渡してやがるんですよ!wなんて言ってんで、しばらくたって、おいら以外の全員がほぼ泥酔状態。

クリトリスを制する者は女を制する

女子高生風俗嬢はついに絶命

巨乳の店ばっかり行ってたがセックスを知る大人
風俗店が密集している所でしょう

一応、酒が強いのだけがウリだったおいら女の子も例外じゃないわけで。教授「こんな時間に女の子が歩くのは物騒だ!おまえら誰かちゃんと送っていきなさい!!」と命令。真鍋ちゃんはおいらが送っていく!と周りに目で合図。相手は泥酔、通じてなかった(w)
すると真鍋ちゃん、「あたしのマンション、こっからすぐ近くだから、一人で帰れるよ」とさわやかに言い残し、さっきまでの泥酔はどこヘやら、すたすたと帰って行ってしまうではありませんか·..。んで、残ったのは中嶋ちゃん。おいら「彼女の家にはとまりに行かないの?」中嶋「うち実家だから、外泊はうるさいの。」教授「おいヘタレ!おまえが一番しっかりしてるんだから送っていきなさい!」とタクシー代1万円也。と、ここでクモの子を散らしたように解散。取り残されたのはおいらと中嶋ちゃん。
おいら「タクシー代もらっちゃった。送るよ。家どこなの?」本牧なんです。中嶋場面変わってタクシーの中。カラオケ屋さんの時から思ってたんですが、中嶋ちゃん、歌ってないときはんで、おちゃらけ話術でやっと場をあったかくした頃。おとなしいんですよ。中嶋「あ、ここでいいです、止めてください。」おいら「あ、こにの辺なんだ。うちの前まで送るよ。」中嶋「すいません、ありがとうございます。」酔っ払ってるのに礼儀の正しいええ娘やねぇ。タクシーを降りて歩き始めると中嶋「もう少し酔いを醒ましてから帰りたいんで、ちょっとそこの公園につきあってもらえませんか?」
キタ????腕組んで歩いちゃったり。ベンチで密着して話してたり。どうせへタレですよ。当時付き合ってた彼女の顔がちらついて、なにもできなかったですよ。ああ、ちゅーさえもな。それどころか、家TELの交換携帯なんて夢だった時代名前すら聞いてなかったよ。-ー|0次の日。授業がなくてもほぼ毎日学校には行ってたおいら。その日も学校行って、誰か来るだろうと、ゼミ教授室へ。教授室の合鍵持ってたそこそこの人数集まってきて、くだらないことをしゃべってたその時。教授室の電話。
電話番もまかされてた鳴る、「あのお、B子さすがに名前忘れたといいますけど、エロ教授いますか?」真鍋おいら「あ、今日は学校来てないんですよ。私ゼミ生のヘタレといいますが、よろしければご用件お伺いしましょうか?」真鍋「いえ、いいです..·あの·.·」おいらはい?昨日○○ってお店で一緒だった方ですか?真鍋もしかして、おいら「ええ、もしかして、あのときの?」真鍋「はい!良かった、間違ってたらどうしようかと思った。先生、ちゃんと本当の電話番号教えてくれてたんですね(笑)」
おいら「そうだったみたいwんで、ごめん、どっちの娘?」
「あ、どっちかっていうと背の高い方、で分かります?」真鍋ここで、真鍋ちゃんはB子、中嶋ちゃんは1子と判明。共に20歳どうやら、高校出てすぐ働いてしまったので、ゼミってもんに興味がだまされてあたりまえって感じで電話してきたらしい。

セックスって何なんだなんだ

それは人間のセックス

あり、B子「ところで、ヘタレさん、今日は空いてますか?」おいらうん、なんで?子と飲むんですよお。昨日楽しかったし、ご一緒しませんか?女だけじゃ寂しいんですよ(笑)今日もまたIB子そんなこんなで今日もまた。しかも、何故か変わったところで飲みたいってことで、おいらのアパートのあった菊名で飲むことに。他のゼミの連中は間の悪いことにみんなしてバイト。彼女たちの運命はおいら一人(ヘタレ)の手に。風呂なしアバートに住んでた貧乏学生のおいら、速攻帰宅して、お風呂屋さんに行きましたよ。一番風呂ゲット。
w髪の毛の乾燥に手間取り(w、若干遅れて待ち合わせの改札へ。そこには何故か1子一人。どうやら、B子が急に残業になってしまったらしく、かといっておいらの連絡先を聞いていたわけでもないので、先に一人で来たとのこと。どうやら、昨日の紳士的なふるまいに、心を許しているよう。ヘタレなだけですってば。)だから、若干落胆を隠せないおいらB子狙い。まあ、とりあえずということで二人で居酒屋へ。昨日の今日ということもあり、B子とは、高校からの友達で、打ち解けた様子で話す!子。今は別の会社。二人とも彼氏はいないらしい。若干酔いが回ったところで、ママさん一人でやってる行きつけのカラオケバーへ。途中子がB子の会社へ電話。I1子「B子、来れなくなっちゃったみたい···どうする?」おいら「んじゃや、二人で楽しみますか!」
1子いいの?B子いなくて·..すいません、きゅんってなっちゃったんですよ。

……こういうあからさまなの弱いんですよ。

.·ええ、ニットのだぼだぼのセーターの上からでもはっきり分かる巨乳にくらくらきてましたよ。

あとから聞けば、厳められてたんですけどね。葉カラオケバーのママさんにちゃやほやされつつ、ボトル1本ブレゼントつき、お会計はチャージのみ(w)いい具合に酔っ払うI子。カウンターで飲みながら、おててつないで。時々恥ずかしそうな目線をこちらに。店を出る頃には、I子はふらふら。お酒に強いタイプじゃなかったらしい。でも、あと一手で詰み!
ってところでヘタレるおいら。おいら大丈夫?帰れる?1子「できれば、酔い冷ましたい·.·」
おいら「じゃ、家近いから、少し休む?」

……ええ、もう心臓ばくばくですよ。

もういっぱいいっぱいで吐き出したこのせりふ。断られた日にはもうさらに今後へたれますよ。子おながいします··..コンドコソキタ()!!!!ビンボウガクセィノフロナシアバートデモイインデツカ???イインデツ!!カノジョノコトワスレテモイインデツカ???イインデツ!!仕事持ち帰り確確定こっから一気に行きます。玄関のドアを開け、部屋にI子を案内する。こたつもあるのに、何故かベットの上に座る1子。隣に座るおいら。若いおいらは、ヘタレアイテムである水飲む?を出せる余裕もなく。キスをした。最初は軽く、だんだん深く。舌を入れようとするおいら。歯でしっかりガードするI子。おいらの頭はなぜ?の嵐by吉沢秋絵
しかしその日のおいらはちとちがう。ゆっくり時間をかけてI子の口の緊張を解く。門が開いた。舌で口の中のツボを愛撫。少し暗ぎだすI子。キスだけで、セーターを脱がす。
がっつき気味に、スカートのファスナーも下ろす。考える隙なんか与えるもんか。もう、I子の下着姿があらわになる。ぼっちゃりかと思えば·..くびれてるところはくびれてるじゃないでつか!!見とれてばかりではいかんと思い、1子をうつぶせに。
すいません、うなじからひざまでつつーっって紙めるの好きなんです。w耳からはじめて、だんだん下へ。どうやら、耳、うなじ、腰の中央、おしりほっぺがツボらしい。わき腹はまだ開発途上な様子。じっくりと、祇紙める。いざやりだすと前戯が長いおいらの行為wTバック気味にしながら、おしりを円を描くように紙める。軽く触れまわしていた手を××へ。あくまで少し。ーオクターブ上がる、声。いや·.·だめ·.·声と裏腹に、軽く振り出すI子の腰。

派手な外見の女性だ

でも、申し訳程度。下着の上からでもはっきり分かる、水分。押し殺すような暗ぎを続けるI子。もうがまんできませんよ。ブラのホック?とっくにはずしてありますが何か?さあ、仰向けに。改めてみると、で·か·い。現在に至るまで、あそこまでの巨乳にはエロパブでもお目にかかってない。大きいのに、張りと美しい形を保っている。乳周りは感度が悪いと勝手に判断意外と冷静w右手よ!茂みの中で一働きするんだ!さぁ、
いわゆるM字開脚の形にさせ、あくまでやさしくクリと、アナの入り口を指の関節から先の動きで攻める!一段と高くなる声、必死でかみ殺そうとする顔。萌えないわけにはいかんでつよね?何でこの程度の動きで揺れますか、このちちは。wんで、指と舌の同時攻撃を試みるおいら。頃合いと判断し、1子は、暗ぎながら必死で顔を下に移動させまいと抵抗する。どうしたの?「あっ·.·いや..·恥ずかしい·.·汚いよ·..あっ」
「いいから、任せておいていいんだよ。」...意味不明なおいらw「声でちゃうよお·.·あっ·あん!」
やめて、お願いだから·..ああんM字の間から見上げますが、相変わらず揺れる乳しか眼に入らない·..脳ぐ顔が見たいのにwやめてというなら。では、突入しましょうか。そろそろ、行くよ。するものはして下さい。お願い、OK、たんすの一番上に入ってるさ、ちょっとまってな、Baby「あと、恥ずかしいんですけど···」なんだい?Baby。
「嘘だと思わないで·.·初めてなんです」な、なんですと!?「だから·.·お願いします。」当時付き合ってた彼女も初めてだったさ。つーか、キミで3人目さ。扱いには慣れてるつもりだぜ。指で少し広げ癖をつけ意味わかる?、ゆっくりと挿入。痛がるI子。
しばらく動かないで、待つ。大丈夫?「うん、なんとか。気にしないで·..あん」ゆっくりと動き出す。声のと一んが、また上がる。締まりますよ、揺れますよ。ぶるんぶるんって形容詞はこのためにあるようなもんですよ。決してブリンのためにあるわけじゃないでつよ。抱き起こして対面座位に移行。
巨乳にむしゃぶりつきつつ、手でクリをいじりつつ、突き上げも頑張る漏れ。
「いや·.·いい·.·だめ·.·許して··いい!」もはや何を言ってるのかわからないI子。どうやらダメダメ系の端ぎらしい。つーか、いくら恋人であるMY右手のおかげでこのころ既に遅漏になっていたおいらだって、こう視覚でせめられもつもんももちませんよ。ちゃ、...もう、いいですか?バックに切り替え、ラストスパート!「あんまり激しくしないでえ!痛いよお··あんあん」横になり、抱きしめる。髪をなでる。これが初物を後悔させないコツwおわったあとが重要。腕枕も必要不可欠なアイテムでつね。たまたま実家の車を借りてきていたので、送っていきました。昨日の公園で、改めてキス&オパーイモミモミしたのは内緒の方向で。聞けば、最初のときから見初められてたそうで。

デリヘル嬢編見分け方としては体験入店とどんな業界にも新人がいます

そんなこと?する暇があるのなら仕事をしろと彼女は私に忠告してくれているのだ

wしたんだそうです。
飲む約束をしたあとに、ものすごい勢いで作戦会議、いやあ、見事に·..ry
在宅テレクラでアカネという18才の子をゲット。2で約束し、コンビニで待ち合わせ。少しポッチャリしてるが十代ってことで肌はきれい。顔も丸顔でカワイイ感じ。援は2回目とのこと。私の事をかっこいいとか25才くらいに見えるとか言ってくれました。洗う前のチンチンをしゃぶらせ、まず、フェラを指導。いっしょに入浴してスキンシップ。キスが好きだそうなので濃いディーブキスをしてやった。彼とも生でしてるとのことで二日程前、中に出されたと言ったので、彼と血液型が同じだという事もあり中出しの許可をもらう。
ベッドで体中を活で奉仕させ、フェラを疲れるまでやらせる。私のチンチンの大きさにビックリしながらも、うれしそう。十分奉仕させたので挿入開始。濡れてなかったので、一旦、断念し、アカネのアソコを舌で愛撫してやりました。そして、唾液と愛液で濡れたアソコに再突入。一気に奥まで貫くと、大きすぎるよと言いながらもうれしそうに暗いでいる。
中々のシマリを堪能し、体位を変え、アカネが疲れたからもう出してと言ってきたので、一気にスピードアップで膝の中に射精。アカネも満足気。その日3回射精中、2回は中出し。と言われた。次回から1でいいよ-週間後、同じテレクラでシノという18才をゲット。アカネより少し背の高い女の子で顔は美人系。服を脱がせたらズン胴体系でがっかり。顔がかわいいから許した。2でよろしくとのことをホ込みの2ってことで成立。フェラが最高に好きな子で一緒に風呂に入ったあとずっとシャブリっぱなし。
すっごく気持ちいいフェラでした。
疲れるまで紙めさせ挿入。ガバガバのアソコにやっぱりがっかりして、面倒だからバックでガンガン突いて終了。中に出しても平気な顔。2回目、3回目はフェラでイカせてもらいゴックンさせました。帰りの車内でアカネと友達ということが判明。かなり打ち解けたけど、ガバガバのアソコに会う事はもうないでしょう。更に一週感後、アカネに連絡をとるも生理中で断られ、また同じテレクラへ。ミカという18才をゲット。2で約束し、ディスカウントを考えるが、会ったらすっごいカワイイ系。モームスの矢口似の背の小さい子でした。2でいいな、と納得してラブホヘへ。

セックスができると言っているのではありません
アナル責めをしてくれるお店が多いですペニスといわばませんが風俗嬢に会って

勃起ができない状態ぐっと腰を抱いて挿入

クリトリスの圧迫
車中でアカネ、シノと友達ってにとが判明し、安心のご様子。服を脱がせ、ロリ系の体に興奮。胸は小さく膨らみ始めといった感じ。シノのズン胴とは違い、まさしくロリ体系。一緒に入浴しフェラを指導。ロリに紙められているだけで射精しそうになりましたが我慢。ベッドに行き挿入しようとしたが、濡れてないので69の体勢でブレイを再開。クリを紙めると嬉しそうでした。なんとか無事に結合したとき「シノのアソコのシマリってどう?」と聞いてきました。私がありのままガバガバっだったというと笑ってました。
体が小さいためか最初は私の大きさに痛がっていましたが、徐々に慣れてもらいシマリのいいアソコに私のが入っている所を見せるとうわっ、すごいと悦んでくれました。彼とも生でやってるとか言ってたので、射精しそうになった時に中出しの許可を求め、血液型の確認後了承されました。これで心置きなく出せると思い、下からガンガン突き、私の上で閥えるロリを見ながら射精。射精と同時にミカの腰をつかみ、チンチン全体でミカの腔の感触を堪能しながらの射精は最高でした。その後、そのままミカの中で大きくなるのを待ち、ブレイ再開。結局、一度も抜くことのないまま3回射精し、チンチンを抜いたときの垂れてくる量の多さに少しビックリしました。ミカが終わった後彼とエッチできないなーと言ってきたので理由を尋ねると「彼のよりおっきいからアソコ少しゆるくなってるかも?」
と笑わせる事を言ってくれました。ミカちゃんとはたまに会ってます。エッチは抜きですがいい子です。そのうち、ただでやらしてくれるかもと期待をしています。アカネちゃんとも1で会ってます。彼に中出しされた後は、毎回、中出しです。
「あなたはMのケがあるわ。でないと、こんなことできるはずがないもの」俺のセフレの恵子が言った。しかし、俺は否定した。痛いのは趣味じゃない。気持ちいいからするのだ。
「違うね。新境地をどんどん開発してるだけだ。俺とお前の二人で」恵子とはテレクラで知り合った。テレクラでナンバするのは困難ではない。本気か冷やかしかを見極めながら、根気よくやればいい。会えばセックスするだけだ。相性が合えば何度でも会うし、そうでなければそれっきり。女もそのつもりだろう。後腐れが無くていい。だが、俺の希望が難しかったのか、なかなか恵子のような女には出会えなかった。
ツーショットダイヤルや伝言ダイヤルなども利用して、やっとめぐり合えた貴重な女だ。
「お尻に指を入れたいって言ったら、たいてい拒否されたわ。たまにオッケーでも、本当に指一本だけだもの。アナルバイブはたいてい悦んでくれたけど、さすがに手首までの調教に応じてくれる人はいなかったの。ずるいよね、女だって男の中に入りたいのに」
「ああ、俺もそう思っていた。女だけが相手を受け入れてよがるなんて、ずるい」俺も恵子と同じことをずっと思っていた。俺のお尻には、せいぜい指かバイブかしかいれてくれない。手首まですっぽりと突っ込んで、中をぐにゃぐにゃにされたいと思っていたのだ。そもそも、ケッにものを突っ込んで感じるのは、肌門と物体の擦れだ。中へ奥へとまっすぐ者をいれても感じない。直腸や大腸の壁や前立腺に刺激を与えてはじめて感じるのだから。だったら理想的なのは女の腕を受け入れて指でマッサージしてもらうのが一番だ。念願を達成した俺は、ご褒美に恵子のアナルに思いきり放尿してやった。男と女がひとつになるのに、淀腸液なんか使うのは邪道だ。それぞれの身体から出てきたもので満たすべきである。恵子は俺の中にもオシッコをしたいと言った。
さすがにこれは無理だ。女にはちんぼが無い。仕方ないので、俺は漏斗をケツに突っ込み、恵子はこぼさないように小便をした。俺は充足感を覚えたが、残念ながら恵子は自分が中に入ったわけではないので、つまんないと言った。今は尿道にチャレンジしている。さすがにこれは痛い。が、握られたり擦られたりして気持ちがいいのだその気持ちのいいものの真中に指を入れられて刺激されれば絶大な快感がえられるに違いない。から、一度無理に押しこまれて失神し、しばらく出血したから、今はあせらずゆっくりと慣らしている。恵子に力を抜いてもらい、恵子の小指を俺が持って、俺の意思でゆっくりと挿入していくのだ。第1関節の部分までは快感が得られるようになったが、その先はまだまだだ。恵子の小指がスッポリと俺の中に入りぐにぐにされるところを想像するとたまらない。今度は恵子に無理やり入れさせようと思う。

アソコがとんでもないポテンシャルを秘めている

セックスや性を深層

「この前みたいに症撃して気を失ったら困るわ。どうしたらいいかわからないもの」
「失神したらちょうどいい。そのままいれっぱなしにしておいてくれ。そのうち慣れる」
春からセフレにしてる新入社員が、長身の巨乳だ。顔スタイルは抜詳だ。地味だけど、巨乳はもちろん、くびれた腰回りと丸いおしり、屈ませないと立ちバックができないくらい足も長い。まぁ、俺の足が短いという話もあるが。肌もきれいで、身体にさわるだけで濡れてくるくらい感度もいい。男がいないのが不思議なくらい。出会いは新人研修。その日は三時間だけのスポットの講師として参加していた。テーマは普段の実務に近いし、台本を読んで、質疑に答えるぐらい簡単なものだ。新人はさすがに若いなぁと部屋を見渡していると、知った顔が座っていて顔には出せないけど驚いた。何度かチラチラと見直したけどデリヘルでこの業界くるとは言ってたけど、うちだったんだ。通ったまきちゃんに間違いない。何度か目があったので、向こうも気づいた様子。でも人目もあるので、リアクションもなしにとりあえず型通りに研修を終わらせて声もかけずに退散。現場に戻る移動の電車の中で、最初はのんきに、こんなこともあるもんだなぁと思ってみたり、デリヘルでのブレイを反器してぼけーっとしていたが、やがて身分もばれたのはお互い様だし、下手に動いても動かれても大変なことにも気がついた。
そんな心配ごとのほうが大きくなりかけたころにメールが入った。まきちゃんだ。会社のメールアドレスに「今日はお疲れ様でした。お久しぶりです。連絡先を教えてもらえませんか」と。会社のメールシステムにログが残るのを嫌って、お互いのgmailアドレスと電話番号を交換。何を切り出していいものやらと思いながらも、無害を装って飲みに誘いました。カウンターで飲むと、スーツのラインや胸元がエロくて堪りませんが、じろじろ見ないように気をつけて会話を進めることに。彼女日く、実は同じ会社になるのには、ちらっとみえた私の社員証から気がついていた。でもまさか会うとは思わないから黙ってた。もちろん学生のときのバイトの話は内緒にしてほしい。普通に会社の上司としていてほしい。とのこと。もちろん承諾。
騒ぎ立てる性格じゃないとは思ってたけど、まずは安心しました。ホテルに入ることにためらいはなかったものの、今までは私が部屋でまきちゃんが後から入ってくるのが普通だったので一緒にはいること自体がなんだか気恥ずかしかった。
待ち、焦る気持ちをおさえながらホテルの廊下を並んで歩いて部屋に入り、ドアが閉まると同時に荷物を床に置き、すかさずくびれた腰に手を回しキスをする。
「久しぶりだね。スーツがシワになると悪いな。まず脱ごうか」と言い、部屋の真ん中でまきちゃんに自ら服を脱がさせ下着姿にする。デリヘルの時と違って恥ずかしがっている様子。
「どうしたの?いつもみたいによく見せて」
「今日は仕事じゃないから、、、服も違うし、、、」かわいいこと言うなあ。
まきちゃんはちよっと変わっていて、デリヘルの時は意外と服装に無頓着。仕事用の下着も決まっていてちょっとくたびれ気味だし、色気よりも寒さ対策が優先された厚手のタイツをはいていたりする。今日は下着もちょっと違って清楚な感じだ。派手な体つきに白い下着がかえってエロい。でも、後ろから覆い被さるように抱きつき、ブラの上から胸の形をなぞるように撫でると、ウエストラインをなでながら手を下におろし、下着を脱がす。いやらしい腰回りだ。身をよじって逃げる。壁際まで追い詰めると、ため息のような吐息を漏らす。あいかわらず下乳のカーブがたっぷりしていて気持ちがいい。ほおと手を壁について背中をそらし、そっと触れるとすごく濡れてる。

アソコがとんでもないポテンシャルを秘めている

風俗嬢を逝かす方法セックス虎の巻

そのまま公園のベンチに座らせバンティ脱がせると毛のおいしげったオマンコが現れた。両足をM字に広げ毛をかき分けるとしっとり濡れたオマンコが··紙めると愛液夜がじわっと溢れ出る。
「こんなところでやるんんですか?」大丈夫だよ。声が出ちゃうそしてゆっくりと挿入。
巨乳を様みながら正常位で挿入した。今日は安全日だから大丈夫というので我慢できずに中に放出。体をびくびくさせながらチンコを抜くとおまんこから大量のザーメンが流れ出てきた。
ちんこを見せたい。それも同級生に。それが始まりだった。露出癖に気づいた俺は高校内での露出法を考えた。偶然を装う以外に方法はない考え抜いてある方法に至った。うちの高校では、体操着に着替える時、女子は更衣室、男子は教室で着替えることになっていた。多くの男子は女子がまだ教室に残っていても平気で着替えるし、女子も気にしない。そこが狙い目だ。ある体育の授業前、俺の横の席にいる美里に見せることにした。べんぎんのような体躯だが、愛矯のある娘だった。その娘が床にあるかばんから体育着を取り出す時に、俺は制服のズボンを脱いだ。
美里が顔をあげるタイミングを見計らってハーフバンツを履くように足をあげる。トランクの隙間からちんこを覗かせたのだ。美里視線をびっくりしたように下げた。そして、下げた目線をゆるゆると上げ、俺の股間をもう一度見た。俺はその時にはズボンを履いていた。美里は安心したように体操着を手に取り、教室を出た。俺のちんこを見て、びっくりしたあの表情、ちんこがもう隠れたと知った時の安心したような表情。最高だった。それ以来、俺は期間をおいて、相手を変えて幾度かやった。偶然見えるように装わなければならないので、同じ相手に何度もできない。相手を変えたとしても、○○のあれが見えて気持ち悪かったという噂が広まるのは嫌だったから相手をよく吟味してやった。慎重なつもりだった俺なのだが、日増しにエスカレートした。タイミングが難しく成功率は高くないからだ。だから、不満が溜まり、一回一回の興奮の密度を高めようとしたのだ。俺は必ずちんこを勃起させて覗かがはみ出ているようにしたこともあった。教室のほかの誰かが見る可能性があったのでびびってはいたが、俺には止められなかった。せるようにしたし、時には足を上げない状態でもちんこの大部分伊藤綾子。男好きの女だった。

デリヘルを呼んだ時デリヘル嬢と仲良くなるチャンスと逆転の発想で有益な時間へと変換すると良いです

しかし、セックス大好きとかそういうわけではなく、男子によく話しかけ、ボディタッチなどを不自然なくらいにするというかわいげのある女だった。彼氏はいないようで処女のようであった。俺は同じ相手に二度ちんこを見せることはなかったが、綾子にはいけるのではないかと思った。男二興味があり、何より友達がいないに等しかったからだ。男好きの綾子は女子に嫌われていた。だから、俺が不自然な行動をとっても、綾子は誰にもいわないだろうと考えた。席替えで綾子が俺の前の席になったのを機に俺はちんこを見せることにした。窓際だったから人目にもつかない。体育の授業前、俺は椅子に座ったまま嬉しげに俺に声をかけてくる綾子を見て、勃起した。俺は話に合わせながら、誰もこちらに注目していないことを確認して、ズボンを脱ぐ。授業中にチンボジを移動させておいたため、トランクスの隙間から勃起したちんこの亀頭が覗く。綾子は言葉を一瞬止めたが、また話し始める。視線は俺のちんこに釘付けだった。
ずっと見せていたいと思ったが、俺はズボンを履いた。その夜俺はちんこを凝視する綾子を思い出しながらおなった。それから何度も見せた。綾子は必ず俺が着替える時には、俺に座ったまま話かけてくるようになっていて、とても見せやすかった。綾子が俺のちんこを見ようとしているのは明らかだった。俺が意図的に見せていることにも気づいていただろうが何も言わなかった。ある日転機が訪れた。俺は放課後の体育の補習に出ていた。縄跳びの授業で、規定の技を全てクリアしないと居残りになるというものだ。俺は超人的なスピードで縄跳びの技をクリアし、教室に戻った。俺は綾子が数学の宿題をやっていなかったため、居残りになっているのを知っていた。教室に戻ると案の定綾子が居残っていた。しかも一人だ。綾子に声をかけ、いつも通りに着替えた。ちんこが顔を覗かせる。しかし、ここで予想外のにとがおこった。いつもちんちん見えてるねと綾子が俺のちんこを指差したのだ。綾子はにこにこしてる。俺はテンばって、「と言った。何言ってんだ、俺、と思った時には、綾子は俺のちんこに手を伸ばして触っていた。

 

ペニスを触らせる

柔らかい手が俺のちんこを摩る。興奮した俺はトランクスを上げるようにして、竿全体を出す。口を半開きにしたまま、触って」ちんこを握る綾子の手を俺はつかんだ。そして、こういうふうにして、と言って、綾子の手をちんこをしごくような形で動かした。綾子のぶにぶにとして暖かい手がちんこを滑る。俺は頬を紅潮させた綾子の顔とちんこを同時に視界に収め、興奮が最高潮に達していた。もっと味わいたいと思ったときには、俺のちんこは破裂するように、射精。精液が綾子の顔にかかる。ああ、いま綾子に顔射してる一ーー、と思ったとききゃああと言う悲鳴が教室の外から聞こえた。悲鳴を上げたのは、クラスの女のリーダー格だった。半分夢うつつのまま、事後処理をし、俺は帰った。
変な噂が流れて、俺と綾子の立場が悪くなるかもしれない、とか、いや、セックスくらい経験しているやついるんだしいちいち大げさにことが荒立たないだろうとか、いろいろな思いが頭に浮かんでは消えた。次の日学校に行った時、俺は悪い方に転んだことを知った。女子は変な目でこっちを見るし、男子の友達は話しかけてこない。
こっそりと話かけてきたほかのクラスの知り合いは、俺が昨日教室でやっていたことの顛末とともに、あいつらはきもいから話しかけてはだめ、という内容が書かれたメールがクラス内で広まっていることを教えてくれた。状況を把握した。女子のリーダーが言っからら女子は従っているんだろうし、男子は男子で俺への嫉妬でそのメールに乗っているんだろう。俺は綾子を見て、考えた。これも悪くない。綾子も無視されている、俺も無視されている。
これからは寄り添って生きていくしかない。これからの高校生活は二人でやりまくりながら暮らしていくのもいいではないかと。俺は次の日綾子を話し合いをしようと言って、ことを言った。
「私たち、しばらく話さない方がいいし、一緒に帰った。両親はいなかった。コンドームと処女用にローションを用意していた。ゆっくり関係を進めるのが面倒だったのだ。俺の部屋に入り、どう雰囲気を作っていこうと思った矢先、綾子が信じられ俺の家にない会わない方もいいかもね。悪い噂が広まっているし」俺はあきれ果てた。もういじめに近い無視は来るところまで来ている。俺たちが会わなかったところで、収まるものじゃない。俺たちが寄り添わなかったら、ひとりぼっちで暮らすことになる。
俺はそれを説明したが、綾子は首を降る。俺は綾子をベッドに押し倒した。面倒だこのまま犯すことにした。このまま性奴隷にするのも悪くない。から、綾子に俺は覆いかぶさり、乳を服の上から強引に採む。綾子がうつ伏せになり、逃げる。俺はケツが上がっているのを見て、スカートを捲り上げ、パンツをおろした。
グロテスクな形のまんこが姿を表す。興奮したが、綾子が悲鳴を上げるので俺は少し萎縮した。そこで
俺は言った。
「一昨日と同じことしてくれるならこれ以上は何もしないよ」だが綾子はいやというばかり。
「せっかく妥協案を出しているのになんだ。手コキの方がましだろう」とも、言ったのに拒否るんで、俺は呆れ、隠してあったローションを取り出して自分のちんこに塗った。逃げようとする綾子を押さえつけ、俺は股を開かせる。ぐろいまんこ。最高だ。謄にちんこをねじ込む。ローションがついててもきつい。だが、捻りこむようにするとずんずん進み、最終的には根元まで入った。締め付けられる。全身がちんこになったように快感が走る。泣きわめく綾子の顔、まんこのグロさ、締まり、全てがよかった。俺は慎重に腰を動かすが、すぐにいきそうになる。俺は綾子が泣きわめきながら、中はやめて、と言っているのに気づいた。確かに中だしはまずいと冷静になり俺は言った「口で抜いてくれるなら止めてと言って叫んだ。鼻で笑い、俺は不器用ながら腰を激しく動かした。痛がりながらも、中は駄目という綾子。俺は綾子の後先考えない馬鹿さに呆れた。
客の取れない暇な遊

などが挙げられます彼女の場合は会うのに三週間近くも待

腰を動かす。射精感が高まる。中はと叫んだ。やるよ」綾子はいや綾子はそこで「やっぱりロでするから、やめて」もう遅い。俺は最後に大きく突き果てた。精液を流し込む感覚に俺は興奮した。綾子は口でするって言ったのにと泣いている。俺はじゃあしろよと言った。
「もう一発中に出されたくなかったらな」綾子は沈んだような表情を浮かべた後、観念したのか、血と精液とローションと愛液でベとべとになっている竿を紙めた。
俺は綾子の顔の涙と鼻水を拭き取り、写メに収めた。ばらしたらメーリスでばらまくぞ、と。俺らのクラスの伝言用に大部分のクラスメイトはクラス用のメーリスに入っている。それに流すと俺は脅したのだ。これで綾子は俺の性奴隷になった、と俺は満足した。
しかし、流されたのは俺だった。綾子を帰したその夜、メールを見て驚慢した。綾子が事の顛末をメールで流したのである。着替えのときの露出からレイプまで。馬鹿じゃないか。そんなことをしても、俺たちの立場が悪くないだけじゃないか。お前も俺も好奇の目でさらされる。しかし、見積もりが甘かったのは俺だった。その後、メーリスでは美里や他の女子から、○○君の着替えとき、私も見せられたというメールが回ったのだ。雰囲気的に、綾子がかわいそうで、俺が悪者という感じになっていた。もう綾子を性奴隷にはできない。それどころか俺だけが孤立するのでは?と思った。しかし、その考えも途った。次の朝学校に言ったら、綾子が女子に囲まれていた。俺が教室に入ると、女たちはこっちを一斉ににらんだ。
ああ、終わったな、と思ったら、俺の友達が、昨日のメールまじ?綾子とやったの?と声をかけてきて、他の男子も集まった。嫉妬より好奇心が勝ったのだろう。俺は適当に答えながら、にれから無視が再開することはないだろうと思った。結局、馬鹿は俺だった。綾子を馬鹿呼ばわりしたが、あいつが全部正しい。
あのまま俺と綾子が距離を取っていたら、すぐに飽きて無視は終わったかもしれないし、綾子がメーリスにまわしたのも正解だった。しかし、勝者は俺だ。綾子の処女と初フェラを貰えたのだから。前々日に予約を入れ、期待やら不安やらで閉々としながら迎えた当日。余裕を持って出ましたが道に迷ったのでタクシーを使うことに。余計な出費になったけど勉強代と考えるいざ店について料金を支払う際、緊張しすぎてて印刷してきたクーボンを出すのをわすれてしまった…。これも勉強代ry
指名してた子は顔は想定の範囲内、ただ腹回りは予想以上でフォトショすげえ!手を握られた時外の寒さやら冷え症やらで冷たくなってたからびっくりされた。って内心思ったwでもこれは許容範囲内。それで嬢からまずはお風呂で温まろうか?と提案。
ベッドとマット両方希望してたんだけどまずマットに行くことに自分がお風呂に浸かって温まる中、嬢はマットの準備。そこで色々話をしたんだけど、同じ趣味なのを確認して指名してたおかげでコミュ障の割には話が弾んだ。そして準備が済んでいざマットブレイへ!うつ伏せになった自分の体にローション垂らされて塗りつけられるだけでビクビク震えちゃうくらい気持ちがいい。ローション塗りつけた後は嬢が全身を紙めまわしてきた。時折甘噛みされてそれも滅茶苦茶気持ちいい。
「ちょっと、その…前が苦しいです」って嬢に言って仰向けに。ここで嬢にフェラされたけど、少し痛かった。慣れたらもう少し気持ちよく感じるのかなあ…フェラの後ゴムをつけてもらって、騎乗位の体勢で初挿入。

という状態になります風俗や性

摩内は気持ちよくて、腰降られるたびに射精感はどんどん高まってくるのだけどどうしてもイけない。嬢日く、慣れてない人はマットではイきにくいとの事。ローションを洗い流してベッドへ移る。キスしてもらった後(その時は何も思ってなかったけど冷静に考えたら自分のチンコ紙められた後だったw)ゴムをつけ挿入。ここでも気持ちよくなるんだけどどうしてもイけない…騎乗位から正常位に移ってみたけど、童貞だった奴が腰ふってみたところですぐにバテて……wもう時間がない!
って事で結局最後は手で抜いてもらいました。手で抜いてもらうときも中々イけず、乳首を責められながらだとなんとかイけたので次からは乳首をもっと攻めてもらおうかと思った。嬢から「次来てくれたときには絶対イかせてあげるから!」と言われ「近いうちにリベンジに来ます!」と返す。その後メアド教えてもらった。アニメの話で盛り上がったから次趣味はすごく合って話してて楽しかったし、冗談抜きでまた指名来るときは声優の写真集持ってきてくれるとの事。すると思う。………ただ不完全燃焼だったから今もずっとムラムラして辛い!
都内じゃなくても地方都市のクラブでも押し付けというかハグとかキスは絶対じゃないけどできるよ。混むイベントだったらギャルの後ろに付いて腰をいきなり掴んで、女の子がこっちを見てきたらと言って笑顔を見せれば大抵はそのまま何も文句は言われない。
イェーイだからそのまま腰を掴んだ状態で後ろから密着して適当に話しかけたり、髪の匂いかいだり、音楽にノリながら気分よく過ごせばいい。ぶりぶりのお尻に股間を押し付けてイヤラシい動きしても何も言われない。そんなんクラブじゃ日常茶飯事だから。手を握ってもいいし恋人気分を味わってもいい。女の子を様子をみて調子に乗っていい感じならおっぱいもんでもおk。ダメっぽかったらすぐ諦める。ごまかす感じでお腹に手を回してギューっとすればいいこんな感じで混むような日は幸せな時間を味わえるね。NG娘ももちろんいるけど。
混んでなくてもべろべろに酔っててノリのいい感じの姉ちゃんとかは会ってすぐイエ~!と言って挨拶代わりのハグもおkそのまま抱き合ったまま介抱する体で密着しててもおK。そのまま盛いたりしてたらキスも普通にしてくれる。もちろんDキス。でも持ち帰れるかどうかは別。泥酔してたら大抵お守りの女の子がついてたりするし、後ろから密着して堪能させてもらった娘も誘ってもダメなことは多い。クラブで女の子とエロい行為したい&仲良くなりたかったら、臆さないこと。とにかく周りの目を気にせずノリで大胆にアブローチすること。楽しむこと。楽しさを共有その中にエロがあるだけって感じ。お酒をおごったりとかは好感度を挙げるのに効果的。でも慣れてる女には大して効果がないことも。当たり前に思ってたりするから。すること。

処女を守るのが一般的婚前

セックスを続けた俺は数回射精他のパターンでは自分の持ってるドリンクを女の子に見せて呑む?と聞いてそれを自分が口にふくむ。口移しするよって合図を出してそのままそれに応じてくれることもある。初対面でお酒の口移しキス。えろいよ「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいその趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。のでいつも適当に付き合ってやっている。佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。独身貴族で特に越味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。ブサイク同士がセックスしているのを見ることほど気持ち悪いものはない。どうせ今回のも同じようなものだと思って適当にあしらおうと思ったんだが…。
「おいっ、今回の人妻はレベルが高いぞ。見てみろよ」
「お前も好きだねえ。どれ、見せてみろよ」他人のやった女の自慢なんか見てもつまらないだけだが、しつこいので適当に見てやることにしている。
「この女、絶対にスキ者だぜ。金なんかどうでもいいって感じだったからな」画像を何枚か見ていてギクリとなった。
顔はハッキリ見えないが、この胸の感じ、見たことのある服装、妻の詩織に似てないか?「連絡取り合ってたころから言ってたんだけどよ、欲求不満で堪らなかったらしいぜ。部屋に入ったらすぐに抱きついてきて、すんげ~乱れるの!こっちも興奮しちまって3発も中出ししちまったよ!」最後の1枚の画像にハッキリ写っていたのは妻のフェラチオ画像だった…思わず殴りかかりそうになったが、その気持ちをグッとこらえた。人妻だと言える訳がない。自分の嫁さんがその援交「この女な、金渡そうと思った時に何て言ったと思う?良かったらまた会って貰えませんか?
だってよ」
「お得意さんがほしかっただけじゃねえの(怒)」
「違うな。すごく気持ちよかった、お金はいいからまた会ってだと。セフレが出来ちまったよ」
…っ!「お前、最近嫁さんとあまりしてないって言ってたろ?これ見て嫁さんと仲良くしろよ!」くっ!こいつまさか、相手が俺の嫁だと知ってて言ってるわけじゃないだろうな…怒りを抑えつつ、佐々木が渡すハメ撮りビデオを震える手で受け取った。
「ねえ、あなた。今夜はお友達とお買い物に行くからこれ食べてて」ああ…わかった…うそつけ!
佐々木と会う約束してるんだろ!夕食を作る妻の後姿を見ながら思った。(この形のいい大きな胸を佐々木に好きに操ませてやったのか?)(俺が教えてやったフェラチオで何度も佐々木を起たせてやったのか?)(そして…その子宮で3発も佐々木の精液を受け止めたのか?)(会社帰りの俺をやさしく迎える良妻を演じながら、この女は浮気をしてやがったんだ…)たしかに近頃はセックスもマンネリになってたよ。だからって出会い系で、見ず知らずの男に中出しされてセフレ契約は無いだろ。10歳年下で26歳の詩織と結婚して5年になる。高校を卒業したころ俺と付き合いだし、処女をもらった。清楚な雰囲気にみあって男と付き合ったことが無かった。以来浮気することも無く、俺とのセックスでようやく声を出すようになっていた。最近では女として成熟して、細身なのに胸や腰の張り出しが大きくなってすばらしい体型になっていた。俺が開発したこの身体を他の男に使うなんて…キッチンに向かう妻の後姿を見ながら暗い気持ちでいっぱいだった。
程なくして、めかしこんだ妻はいそいそと出かけていった。止めるべきかと思ったが確たる証拠もないし、何より佐々木からもらったビデオの方が気になる。このビデオに写っている人妻がもし本当に詩織なら、今更止めても同じ事。
既に浮気はしてしまっているのだ。我が家に独りになったところで、さっそく例のビデオを見てみる。いかにもラブホテルという雰囲気の室内が映し出される。ベットに向けて据え置かれているカメラの事は、妻はまだ知らないはずだ。暫くして佐々木が人妻を連れて入ってきた。ここからは見えないが、部屋に入るなりキスしているみたいだ。よほど待ち切れないらしい、なかなかベットの所まで来ない。イライラして見ているいると、2人はようやく見える場所までやってきた。


セックスを続けた俺は数回射精 フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ セックスって何なんだなんだ

ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど

勃起する経験があるでしょう

帰った。今夜は、8時半で仕事を終え、遅い夕食を摂って、少しづつ、私にも指名予約が付き始め、昼前11時から翌朝4時までという、長時間のシフトから、もう少し自由な時間問帯を選べるようになってきた。もっとも、自分は暇だから、そんな勤務をしていただけで、お店から、そうしろと言われていた訳ではちょっと、楽ができるようになったのも、ナナさんのアドバイスや、例のおじさんとの触れ合いの中で、自分の部屋に戻ったのは10時近くだった。
ない。その方が、自分の収入に繋がると思って、進んで長時間の勤務をしていた。少しずつ男の人の求めているものや、男の人が、どうしたら喜び、興奮するのかを掴めてきたからだろうと、二人に感謝している。お風呂に入ってから寝ようと思っていたが、着替えもしないまま、ベッドに寝ころんで、ウトウトしてしまった。ひとみちゃん、居る?ノックの音に起こされた。ナナさんだ。もう深夜0時を回っている。こんな時間に、どうしたの?寝ぼけまなこでドアを開け、ナナさんの顔を見て驚いた。どうしたの?その顔!!ナナさんは、手で隠すようにしていたが、左の類が赤黒く腫れ上がっている。美しいナナさんの顔が、歪んでいるように見えた。左目の下から、耳にかけて患のようになっている。
「大変!すぐ病院へ行かなくちや」
「いいの、もう夜遅いから、明日行くわ」
「だって、酷いことになってるよ」
「冷やせば、なんとかなる今夜、泊めて」
「それは構わないけど、一体、何があったの?お客さんに、されたの?」ナナさんは、首を横に振った。
とりあえず、ナナさんを部屋に入れ、洗面器に水と氷を用意し、それにタオルを浸して、ナナさんの頬に当ててあげた。誰に、叩かれたの?ぶつけたなんて嘘は言わないで「転んだとか、·夫なの·..·」
「えつ、旦那さん!まさか··仕事の事がバレたの?」再び、ナナさんは首を振った。それは大丈夫じゃあ、どうして?ナナさんは、左手でタオルを押さえたまま、右手でブラウスの釦を外し始めた。
右側のブラを上に上げ、片方の乳房を露わにした。そして、あっ、それ··キスマークナナさんのかたちの良い乳房のツンと上を向いた乳首のすぐ下に、くっきりとキスマークと判る魅が出来ていた。
「夫に、誰と浮気したって、責められたわ」ナナさん、何て言ったの?「解らない··って、どうしてこんな跡が付いたのか。ぶつけたのかしら?って言った途端、殴られた」確かに、その言い訳は無理だろう。明らかに唇で吸われた跡だ。
「誰と?どこで?って、責められ続けたけど、叩かれたショックと痛みで、何も言わず黙っていた」お客さんに··なのねこんなになってるのを気付かなかった。
この前のお客と、「仕事のことも、言えないし··ね」激しいプレイをした時だと思うけど·...。私が、うかっだった。

風俗を利用するとい

それに.·最近では、寝室も別々だし、滅多に私のことを求めて来なくなってたから··油断してた
「そんな事言ったら、たぶん殺されちゃうわ。私が黙ったままでいたら、何度も何度も殴られた。夫が怒って、自分の部屋に戻った隙に、どんな理由にせよ、女に暴力を振るうなんて許せない。しかも、ナナさんの結麗な顔を、こんなになるまで、何度もなんて!!なんとか身繕いをして逃げて来たの」ナナさんが、かわいそう··涙が出てきた。私も、「明日、一緒に病院へ行ってあげる。それに、こんなの、DVよ。警察とか、弁護士さんとかにも、相談しようよ。お店も、休まなきゃいけないだろうし··」
ありがとう。ごめんね何度も、タオルを取り替えてあげた。私のパジャマを貸してあげて、私のベッドに横になってもらった。
痛みで、寝付かれないようだったが、子供を、あやすように、ナナさんの背中を、さすってあげている内に、私も、興奮で眠れそうにないので、ナナさんから、そっと離れて、お風呂に入ることにした。長い時間、お湯に浸かって、ナナさんのことばかり考えていた。ナナさんは寝息を立て始めた。ナナさんの顔の腫れは、大丈夫だろうか?穂が残ったりしないだろうか?逃げるように出てきたと言ってたけど、仕事のことも含め、これからどうするのだろう?私のあそこを触っていた。そんな事を考えながら、何故か指は、普段、オナニーをすることは、滅多に無い。私は、仕事の中で、お客さんにイカされてしまうことが多いので、そうゆう欲求が起きてこないのだ。
でも、ナナさんのことを心配している内に、その不安感を、無意識に紛らわそうとする行為を始めていた。洗い場に、しゃがみ込み、指でクリトリスを撫でた。ゾクゾクとする快感を感じる。
思わず、ナナさん小さな声を上げていた。と、
ナナさん誰かに呼ばれたような気がした。類の痛みは、少しは良くなったが、左の耳も何か変だ。鼓膜まで傷付いているのだろうか?ひとみちゃんの姿が、見えない。バスルームの方から、水の音が聞こえている。お風呂に入ったのだろうか·喉も渇いたので、起きあがってバスルームを覗いた。.。ハッとした。ガラス扉の向こう側のひとみちゃんは、背中を向けているので、私に気付いていないが、シャワーを股間に当ててオナニーしているのを目撃してしまった。《ゴメン、ひとみちゃん私は、そっとその場から後ずさりしようとした時、ナナさん!と、ひとみちゃんが声を出した。一瞬、気付かれたのかと思ったが、ひとみちゃんの快感が高まって、イク瞬間に発した声だと判った。私のことを思いながら、ひとみちゃんがオナニーしていたことに、私は、ちょっと感動した。

 

ヴァギナを包み込み

私は、ためらうことなく、その場で着ているものを脱ぎ捨てた。裸になって、ガラス扉を開く。ひとみちゃんは、びっくりして振り向き、顔を真っ赤にした。
「ナナさん··見てたの··恥ずかしい··」
「いいの、いいのよ。ゴメンね、ひとみちゃん」洗い場に立ったまま、ひとみちゃんの裸の身体を抱きしめた。ひとみちゃんは、小さく震えた。ひとみちゃんを立たせたまま、私は膝をついて、ひとみちゃんのお腹から太股に、軽く唇を当てる。
ひとみちゃんの震えが大きくなった。ナナさん··止めて··私の舌が、ひとみちゃんのクリトリスを捕らえた。女である私が、同性のあそこに口を付けるのは初めてのことだ。でも、何の抵抗も感じなかった。むしろ、ひとみちゃんのあそこが、愛おしく思えて、堪らない気持ちになった。ついさっきイッたばかりの、あそこは敏感になっているはずだ。優しく唇と舌を這わせた。ダメっ!!ひとみちゃんは、2度目の絶頂を迎えた。ビクンと大きく握撃し、今度は、ひとみちゃんに後ろを向かせ、バスタブに手をついてもらう。可愛いアヌスと、あそこが丸見えになった。お尻を私の方に突き出す格好をさせ、脚を少し開かせる。恥ずかしいよ~ひとみちゃんは、泣き声に近い。再び、ひとみちゃんのあそこを祇めてあげた。
「どうしたらイイの?私··またイッちゃう··」
「いいのよ。
女は、何度でも続けてイケるのよ··」ひとみちゃんのアヌスも、舌先で突き、祇め上げた。
「そんな··とこ··いけない·」何度目かの絶頂を迎えたひとみちゃんは、膝や腰の力が抜けたように、床にヘナヘナと崩れ落ちた。
ひとみちゃんを、背中から抱きかかえるように、二人で湯船に浸かった。私は、後ろから、ひとみちゃんの乳房を包み込むように掌を添える。
「もう、ダメ··身体中が敏感になってる·.」と、ひとみちゃんが閉える。
息を整える時間をとってから、ひとみちゃんが言った。暫く、「私も、ナナさんのを··祇めたい」私は、一度、大きく息をして、領いた。私は、浴槽の中で立ち上がり、片脚をバスタブの端に載せた。ひとみちゃんの顔が、私の股間に近づく。ひとみちゃんだって、女の性器に口を付けるのは初めてだろうな··と考えたら、私の愛液が溢れるのを感じた。私の愛液なのか、お風呂のお湯なのか判らないが、私の下半身は、テラテラと濡れて光っていた。
先日の、ひとみちゃんには、思わず興奮してしまった。上のことだったのか知らないが、下半身だけ裸になってしまったのだから。偶然だったのか、それとも計算先に女性の、あんな刺激的な姿を見たのは強烈なエロスを感じた。初めてだった。上は、Tシャツと、丈の短いジャケット。そして、その下は、陰毛さえ隠さない裸。後ろ姿は、ジャケットの下に、可愛く引き締まったお尻が丸見えなのだ。
うまくいけば結婚風俗店に取り巻く輩が多いという意味

射精感はどんどん高

あの姿に、欲情しない男は居るだろうか?娘のような、ひとみちゃんに、痛いほど勃起してしまった自分が恥すずかしい。ひとみちゃんに、そのままの格好をさせたまま、むしゃぶりつくようにクンニした。最初、恥ずかしがっていたが、彼女自身も興奮したのか、愛液を垂れ流すほど溢れさせ、すぐにオーガズムを迎えた。この年齢になって、ひとみちゃんの様な若い女性を、感じさせることが出来ることに喜びを感じた。自分にとって、ひとみちゃんの存在は、かけがえのないものになっている。
若い娘との会話が、自分の気持ちを若返らせる。彼女に会える日を、楽しみにする毎日の充実感。そして、現実としての、彼女との肌の触れ合い。それら全てが、まさに回春剤として自分を活性化させていることを実感する。かつて経験した恋愛とも、明らかに違うのだが、妻を亡くした今の自分にとっては、浮気だとか、不倫というような、後ろめたさも無く、もちろん、健全とは言い難いのだが、健康的な··まるでスポーツのような爽やかささえ、感じられるのだ。
《本番が無い》という点が、精神的に重要なポイントなのだろう。
本番が無くとも、お金で女性を買っていることは確かだが、都合の良い、勝手な言い訳だとは思っても、サービスを提供する側にしても、自分のように提供を受ける客の側にとっても、そこが陰湿さからの逃げ道であり、エクスキューズになっているような気がする。いずれにしても、ひとみちゃんと会うのが楽しいし、愉快だ。自分の歳では、ドキドキするとか、ワクワクすることが、極端に少なくなってしまったが、彼女のことを考えると、そんな気持ちが難る。時間の都合や、お金の都合で、そう頻繁に会いに行くことは出来ないが、たとえ数ヶ月に一度くらいでも、今の自分には、不満は無い。
その間に、ひとみちゃんは、他のお客にもサービスを提供している訳だが、不思議と、嫉妬心とか、不快感を感じない。元気に、お仕事してるかな··ということしか思わないのだ。そういう意味でも、自分自身が結神衛生上の健全を保つことが出来ている。自分の住んでいる街にも、やはり地元だと、勝踏こうした風俗店が無い訳ではないが、する気持ちが起きる。最近では、車で2時間程度の距離が、そこへ向かう道中も含めて、気持ちを高めさせるための重要な手順であり、要素なのだ。急に思い立って行くようなことはしない。自分のスケジュールを調整し、ひとみちゃんの出動予定を確認する。予約を入れ、まるで子供の頃の、遠足の前日のような興奮を感ずる。

人妻デリヘル嬢専門店です

翌日のことを妄想して、思わずオナニーをしてしまいそうになる自分に呆れる。更に前日に、電話で確認する。ひとみちゃんに言わせると、「男の人が、精液をいっぱい出してくれるのを見ると、ゾクっとするほど嬉しい」そうだから、若くない自分としては、無駄な浪費を自制しなくては.思い留まるのだ。と、·今度会いに行く日を楽しみにして、毎日の活力にしている。ひとみちゃん·...素敵な生き甲斐が出来たものだ。

お店を休むことになった。顔の傷が直るまで、ナナさんは、数日で引いたようだったが、穂のような内出血の跡が暫くの間、残った。心配した耳は、鼓膜が破れたりしていなかったので安心した。腫れは、それよりも、ナナさんの精神的なことの方が心配だ。ナナさんは、既に離婚の決意が固いようで、弁護士さんのアドバイスにより、病院からの診断書も貰い、ただ、子供さんのこともあるので、一旦、家へは戻って行った。
万一、また暴力沙汰になりそうだったら、準備を始めたようだ。
「いつでも、私の所へ逃げて来てね」と念を押しておいた。ナナさんの家庭のことは、私には、どうしようもないが、ナナさんと私との関係については、私自身の問題として考えないといけない。ナナさんとの、2度のレズ体験は、強烈な印象を私の身体に刻んでいる。女同士の世界が、あれほど甘く、優美な快感をもたらすものだとは思わなかった。最初の時は、一種の事故のようなものだったかも知れない。
ナナさんも、私も、あの日限りのことにしようねって、約束したはずだった。2度目の時も、言い訳が無い訳ではない。ナナさんが殴られるという事件が、ナナさん自身にも、私にも、ショックを与え、普通ではない心理私のオナニーが、ナナさんに刺激を与えてしまい、二人が情欲の限りを尽くすような、無限地獄に入り込んでしまった。
私はもちろん、ナナさんも、数え切れないほどのアクメを迎え、お風呂場だけでなく、ベッドに戻ってからも、何度も何度も愛し合った。状態になっていた。私は、レズになってしまったのだろうか?冷静に考えてみた。例えば、ナナさん以外の女性と、レズをすることを想像してみる·嫌だ、ちょっと気持ち悪い!肌の柔らかさや、滑らかさには男性に無い魅力はあるが、キスしたり··ましてや、あそこにキスするなんてとても無理だ。お客さんとして来る、知らない男の人のペニスを口に含む方が、自然に出来る。ナナさんが相手だったからこそ、あんな愛し合い方が出来たのだと思う。だとしたら、私は、ナナさんに恋愛しているのだろうか?それも、ちょっと違う気がした。男の人への恋愛感覚とは、違う。どちらかと言えば、友達や先輩に対する憧れのような感情だ。美しさに対する愛着でもある。ナナさんの美しさを自分のものとして側に置いておきたい、いつでも手を触れたい··そういう気持ちに近いと思えた。別の面からも考えてみた。私には、結婚願望は無いが、好きな男性と結婚し、子供を産み、家庭を作る.·それは、それで幸せな事だと思える。最初の頃のような恋愛感情は形を変えて行くにしても、それぞれの役割を果たして協力し合って子供を育てていく充実感は、確かなものだろう。

通常のフェラチオ

フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ互いが歳をとって、でも、それは、私にとっては、《それも悪くない》程度の魅力しか感じないものだ。男性が好きか?男性とのセックスは好きか?と自問すれば、正直言って好きだと思う。嫌いだとしたら、ナナさんは、私の中で、どういった位置を占めているのだろう。

*私の身体が、ナナさんを欲しがっている度合いと、男性を求める度合いを割合で言ったら、7割がナナさんを、3割が男性を欲しがっていると思う。

つまり、結局、賛沢にも、両方を求めているのだ。だったら、この仕事をしていない。しかし、絶対必要なものだとも思わない。私が、ナナさん自身は、どうだろう私がナナさんの性格を想像すると、私と割合が反対で、という程度だろうと思えた。··直接訊いたわけではないが、基本的には男性を、たまには女性も悪くない··こんな事を考えていても仕方がないと思いつつも、ある一つのアイデアを思いついた。(続く)
ナナさんのポーズに、猛烈に欲情した。こんな美しい女性が、尻を向けて、性器を晒している。
来て直接的な言葉にも、欲望は爆発した。と促す、《お前を、犯してやる》そうゆう気持ちが沸き上がった。感触を味わうように、ゆっくりと挿入した。温かくヌルヌルした感触が、ペニスを包みこむ。《何だ、これは!》絡み付いた。ナナさんのヴァギナの中は、吸い付くように、凄い!名器だ。自分の女性経験は、決して少ない方では無いと思う。しかし、こんな感触の女は、初めての経験ピストン運動をしなくても、ヴァギナの中が奮いて、男に快感を与えるほどだ。見た目の美しさと、名器と言うべき身体の構造。神は、この女性に二物を与えたのだ。恐ろしいくらいの快感に、夢中で腰を動かす。だった。ナナさんの反応も、尋常ではなかった。
男と交わるのが、久しぶりなのか、やっぱり、これがイイ!と叫んで、狂乱状態なのだ。それを見ている、ひとみちゃんも、恥ずかしさも忘れ、オナニーを始める始末だ。全員の理性が崩壊していた。快楽の悪魔に、魂を売り渡してしまっていた。ひとみちゃんが空いた手で、ナナさんのクリトリスを責め、こちらの陰嚢を採み上げる。一気に、絶頂が襲ってきた。
イキそうだ!イッて!!声を掛け合うと同時に、記憶が飛ぶような瞬間が訪れた。そう、自分のペニスが、何度も何度もヒクついて、大量の精液を放出した。ナナさんが潮を噴く、ペニスを挿入したままなので、四方八方に飛び散った。ナナさんの身体の下に、潜り込むようにしていたひとみちゃんも、ほぼ同時に、潮を噴き出した。まるで、お漏らしをするように、ベッドに水溜まりを創った。一緒に感じてくれたひとみちゃんを、愛おしく思った。出来ることなら、続けて、ひとみちゃんに挿入したいが、この歳になると、ナナさんが横たわる側に並んで、仰向けに寝ころんだ。暫く回復の時間が必要だろう。ひとみちゃんが、フェラをしてくれる。でも、そんなに早くは回復できない。
チロチロとした舌先の感触を楽しみながら、少し休んだ。ナナさんが、突然動いたと思ったら、ひとみちゃんに新しいコンドームを渡していた。
懸命にペニスを頬張る健気な、ひとみちゃんの姿に感動を覚えた時、ペニスがピクリと勃ち始めた。自分でも、驚くほどの短時間で回復してきた。ひとみちゃんは、喜んで、更なる硬さを求めてフェラをしてくれた。いよいよ、ひとみちゃんと繋がる時が来た。ひとみちゃんは、ベッドに両膝をつき、ペニスに手を添えて跨った。ペニスの先が、ひとみちゃんの入り口に触れた。腰を下ろしてきた、ひとみちゃんは、眉間にしわを寄せた。そろそろと、うっ!《狭い!》ひとみちゃんのあそこは、充分濡れているのに、メリメリと掻き分けて挿入するような感触があった。


フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ 
千葉ソープランド
 そして唾を垂らして手コキへ

セックスを続けた俺は数回射精

セックスしている

女の子に愛撫する
処女を散らされた哀しみ

「あれ。もうすごいことになっているよ。今日はローションもないのに」と、指でびたびた音を立てながら言うと、恥ずかしいのか顔を背けて私を軽く叩いて抗議する。
「いつもだってローションなんて使ってないです」そうだったね。うれしいよ。とささやいて指を動かすと、また顔を背けて感じることに耐えている。
下着を全部脱がせ、隣の壁の鏡に手をつかせ全身を映しながら、大きな胸をいやらしくゆがませてみたり、乳輪に沿って指を這わしてみたり、小さな乳首をつまんでみたり、耳を甘噛みする。
「どうして今日メールくれたの?気がついても無視しても良かったんだよ。別に無理強いとかする気は無かったし」と、右手の中指を奥までいれ、左手で右の胸をわしづかみにしながら耳元でささやいてみた。
「あ、うう。あの、きっとそうすると思って。私から連絡しないと連絡くれないでしょう?」それはそうだよなあ。
パワハラとか言われたら逃げられないし、現実的には何もできないよなぁと思いながらも、まきちゃんの新しい生活始まるのに邪魔できないじゃんだって、ともっともらしく返事をしてみる。
「私も連絡しないつもりだったけど、今日突然来るから。目の前で話しているのを見てたらやっぱり欲しくなって、、、お店でも本番してたの○○さんだけなんだよ。」これは確かめるすべはないけどありがたいお言葉。
ぐったりするまで立ったまま責めたあと、ベッドに連れて行き、さも当然とばかりに生で入り口にあてる。
「はうう。触れただけでもすごくいいです」どうしたらいいの?入れてもう、(生で?)このまま?お店でも生で入れてたんだですけどね、念のためまあ、うん。
このまま
形のいいGCupのおっぱいが揺れているのを見てぎんぎんになりながら正常位でつきまくる。まきちゃんは背が高いくせにすこごいしまりがよく、奥までしっかり入れても握られているみたいで気持ちいい。
若い子だからか、激しくつきまくるのが好きなようで、全力で腰を動かすと喜んでくれる。こっちはいい年なので結構大変だけど。しばらくして攻守交代。上に乗って腰を動かしてくれる。下から見上げると、くびれたウエストも大きな胸もまあるい下乳も最高だ。持ち上げるように乳をもみながら、騎乗位でせめてもらう。乳首をつまんだり、おっぱいを堪能。しかし、「待って待って。ちょっと休憩。そうしないといっちゃうよ」と情けなく白旗宣言。
するといったん腰を止めてくれたものの、無言でエロくほほえみゆっくりグラインド再開。いきそう?「うん。だからちょっと止まって」ふふでもゆっくりグラインド継続。
「私、まだ(ピル)飲んでるよ」え?そんなの今知ったよ。まぁそうかもしれないけどいきたい?待て待て。お店でも生中は駄目だったじゃん。え?また抱いてくれますか?「まきちゃんが良ければいつでもいいけど」わかったと小声でつぶやくとグラインドが激しくなり、いつもとは逆に攻められ状態。

風俗嬢のお尻を突き出しますええ驚き俺は君を大切に愛撫

風俗店といっても種類は様々でヘルス

こっちの胸に手を置かれ、体重がかかっているので動けない。二の腕に挟まれておっぱいが強調されてすごくいい。
ワンパターンだけど、これすごく好きなんだよなあ。でどんどん腰を振られ、我慢の甲斐無く完全に中だし。
ぐったりきたのでちょっとだけ休んだあとに、お互い汗とかあれとかこれとかでぐちょぐちょになったので、まだ浴びてなかったシャワーを浴びて、きれいに流してベッドでお話。まきちゃんに彼氏ができたらおしまいにする仕事優先でお互い無理強いしない会社では顔見知りぐらいの立ち位置でそれ以上はかかわらない社内メールの利用厳禁とか電話は仕事の口調でと今後のルールを作ったり、偉そうに仕事上のアドバイスをしたりおじさんだなぁ、自分。これで終わりかと思ったのですが、帰り支度にまきちゃんのブラをつける姿をみたら欲情してしまい、またシャワーしないとだめじゃないですか、と怒られつつもしっかり中に出してしまいました。もう一回戦し、「私としている間はデリとかいかないでね」とルールが追加されましたが、まきちゃんがもともとドライなのもあってその後も定期的に継続しています。

セックスでシャプで、女を奴隷にして貢が

せるヤクザセックスはとにかく金になる。この世に男と女がいる限り、セックス産業は、いつの時代もすたれることのない手堅い商売だ。人間の欲望が金を生み、また多くの悲劇も生んでいる。
ヤクザにとって、女の体は金を生む商品だ。女を七人も八人も飼って体を売らせ、稼がせ、貢がせてシノギを得ているヤクザはザラにいる。
ローン地獄にはまった女が、ヤクザに脅されてソープに沈められ、借金を返すために体を売らされるというのはよく聞く話だ。しかし、女に体を売らせるのは何も借金や脅し文句だけじゃない。女に言うことを聞かせるには、セックスの奴隷にしてしまうのがもっとも効果的なやり方だ。ヤクザは、最初は単純にセックスの対象として、甘い言葉で女を口説き落として肉体関係を結ぶ。ここまではそこらの遊び人と変わらない。しかし最終的には、金にするとりこ飼い慣らしてしまうのが、ヤクザのヤクザたるゆえんだ。ために女を虜にし、ヤクザをはじめ悪事を働く奴らは、いわゆる精力家だ。悪いことが平気でできる奴というのは、普通の人間よりも闘争心が強く、身体能力も高いという資質がある。ケンカが強いのもそのせいだ。そうすると必然的に生殖能力も強いから、人並みはずれた絶倫ときてる。女を一晩中イカせ、よがらせ、自分から離れられない体に調教するのは朝メシ前だ。そんな奴に一度抱かれたら最後、たいていの女は、今まで経験したことのない強烈な快感に狂喜し、メロメロに腰が砕け、屈服する。そいつなしではいられない体になってしまうのだ。ちょっと抱いてやらないと、女は半狂乱になり、泣いて懇願する。

エッチな雑誌なのである

「お願い、抱いてちょうだい。何でもするから」と。あとは、女をシャブ漬けにしておけば完壁だ。シャブは精神を高揚させるだけでなく、性的能力も高め、セックスの快感を何倍、何十倍にも増幅させる。シャブを打ってするセックスのよさを一度知ったらやめられないという。
体を売らせるのは簡単だ。女は、その男に抱いてほしさとシャブほしさで、何でも言うことを聞くようになっている。そうなったらもう、女に体を売らせれば、一人が月に五○万円は稼いでくるから、七、八人も飼っていれば月収数百万円にもなる。なんともうらやましい話だ。しかし、女たちをつなぎとめるためには全員をしょっちゅうかわいがってないといけないから、体力の消耗は激しい。いくら絶倫のヤクザでも性的能力には限りがあるから、自分もシャブに頼るようになる。しかも、女は普通のセックスでは満足しなくなってくる。ヤクザに仕込まれて開発された上、毎日客相手にセックスしているせいで、感度や感激も薄れてくる。セックスに対してどんどん資欲になる女たちの相手をし、自分の虜でいさせるために、男は自分のイチモツに真珠を埋め込んだり、シリコンを入れたりする。女を狂わせるための、
商売道具への投資。そういう営業努力も必要になってくる。とにかく、そんな男に仕込まれた女は、もう元の生活には戻れない。一度人生の一線を踏み越えた女だから、普通の男はセックスや恋愛の対象にはならない。でも、そんな女たちも刑事は相手にするんだ。
刑事は、カタギの人間でありながらもヤクザと同じ資質を持った、ある意味パワーアップした人種だからだろう。俺は一度、そんな女と、一晩に一五回セックスしたことがある。ヤクザの情婦だったっていう女だ。やってもやっても、なんだかまだその女を征服し切れてない感じがしてしょうがなかった。あの底なしの食欲さとテクニックには、まったく恐れ入ったぜ。七、八回やった後、暑くなった俺はホテルの窓を開けた。するとそこは辺り一面の墓地だった。
それを見た瞬間、急に気分が萎えて、さっきまでの元気はどこへやら、まったく勃たなくなってしまったんだ。ごめん。俺もう出来ねえようなだれている俺に、女は余裕の笑みを浮かべて言った。
「刑事のクセに、だらしないわね。私が勃たせてあげる」それからはまるで手品を見ているようだった。ヤクザに仕込まれた上にセックスのプロだから、すごい技術を持っているんだ。いろいろやってから陰茎と肌門の間にある蟻の門渡りってやつを女が指と舌で刺激すると、さっきまでどうしても勃たなかった俺のイチモツが、嘘のようにみるみる元気を取り戻した。驚いている俺に、女は言った。
「だから言ったでしょ?さあ、早く来て」また萎えたら、また女がそこを刺激すれば、いくらでも勃った。その夜、俺の欲望は尽きることを知らなかった。

セックスを続けた俺は数回射精

女子高生風俗嬢と会ってるのを見つけ

底なし沼にズブズブとはまっていくように、いつまでも終わる気がしなかった。いくらでもやれる気がした。結局チェックアウトの時間までやり続けて、一晩に一五回。あんなすごい経験は後にも先にも初めてだった。ヤクザに仕込まれた女のすごさを思い知らされた一夜だった。さて、ヤクザの話に戻るが、究極にセックスの強い男は、イカせる回数よりも、最終的にはセックスを通じて精神的に女を征服そうして奴隷化した女は、次第に、する。たまに抱いてやれば精神的に満足肉体は、毎日不特定多数の男に陵辱されてボロボロに疲れているから、精神的な結びつきを強く求めるようになるんだ。するようになる。
女は、そのヤクザとの最初の強烈な性の儀式がカルトになってしまっているから、抱かれる回数は減っても、まるで鵜飼の鵜のように、いくらでも金をくわえてきて差し出す。たまに抱かそれは宗教の教祖と狂信的な信者の関係と同じ図式だ。れる喜びを求めて。七、八人の女を奴隷にするということは、そういった直接的な人間関係のカルトが七、八本できるということだ。奴らは教養こそないが、女を繰る名人だ。その手腕とセックスの強さだけは、尊敬に値する。

強姦は女の人生を変える

冬のある日、強姦現場で女の股間から湯気が立っているのを見た。その凄惨な光景の衝撃は、一○年以上経った今も、服悩裏に焼きついている。雪でも降り出しそうな、師走の寒い夜だった。
俺は、交通課の奴に呼び出された。盗難バイクに乗っていた男を捕まえたが、どこに行くのか言わないし、なんだか様子がおかしいというのだ。現場に駆けつけ、吐く息が真っ白になった。凍東てついた空を見上げ、体をブルッと震わせた。こんな日は、酒西でも飲むに限る。早く仕事を片付けて、車を降りると、歌舞伎町のなじみの店へ行くとしよう。寒々とした蛍光灯が点る交番に入ると、中には俺を呼び出した警官と二十歳前後の男が一人。俺が入っていってもこちらを見ようともせず、ジャンパーのポケットに手を突っ込んだまま、ひたすら貧乏ゆすりを繰り返している。
確かにワケありそうな臭いがする。俺はゆっくりと煙草に火をつけ、一息吸って、男の前に立った。
「ずいぶん、あったかそうな格好だな」やにわに男のジャンパーを脱がせる。
「何すんだよ、寒いじゃねえか」
「うるせえ!てめえ、どこ行くつもりだったんだ?」先手必勝。
大音量で威嚇する。これが効く。渋々、仲間のマンションへ向かっているところだったと話し出した。すると、みんなで遊んでんだよふてくされてたが少しビビってる様子に矛盾したものを感じる。何かピンとくるものがあった。アジトであれば犯罪で得た物や非合法な物でいっぱいなはずだ。反社会的な者の集団が居宅しているところは宝の山、だぜ。俺そこってどこなんだよ?どこだっていいだろ男ガサヤサ
俺「案内しなきゃてめえの家に捜索ぶっこむまでだ」俺は、そいつの住所録を取り上げた。二重丸のついてるアドレスと電話に着目。男のアタマを平手で強く一発張って電話をかけさせる。話の様子はこっちも聞く。

風俗体験取材漫画だ
膣内で射精する生φ

セックスは心に気持ち良く

デリヘル嬢は乳首を舐めた後男がもしもし…と言ったとたんおせーじゃねえかよヒロシという声。なんとヒトツ目で当たりが出ちまった。電話をいきなり切った俺は、交番からデカ部屋に電話し、
応援要請とクルマの手配を頼む。案内しろよ……「案内できないワケあんのかよ?」
男がこっちを凶悪な眼の光でにらみつけた。これは絶対に何かある!上等!いきなり横っ面に一発お見舞いする。寒くて体を動かしたかったから、ちょうどいい。ふてくされた面に、さらに二発、三発。無論気絶しないくらいに、手心を加える。諦めた男は、あっさり降参した。ぐったりした男を交番に置いて、俺は相棒と一緒にそのマンションへ向かった。男を捕まえた場所から車で数分行った所に、男たちのアジトがあった。古びた鉄筋マンションだ。エレベーターはない。息せき切って、四階まで階段を駆け上がる。ドアホンを鳴らすが、返事はない。が、中に人のいる気配はある。中に飛び込んだ。チンピラ風の男が二人襲いかかってきた。ナイフを振りかざしてきたのを特殊警棒で殴り倒し、俺と相棒は奴らをガゴッ。
薄っぺらなドアを蹴破って、始末すると、廊下を走り、奥の部屋に向かった。暖房の入っていない部屋に足を踏み入れると、刺すような冷気に混じって、生臭い臭気がプーンと鼻をついた。目の前には、二○歳くらいの若い女が仰向けに倒れていた。衣服は引き裂かれ、白い肌がところどころのぞいている。唇の端から筋を引く真っ赤な血と、目の周りの赤黒いあざが、血の気の失われた白い顔に異様なコントラストを描いている。死んでいるのかと思ったが、胸がかすかに上下に動いている。周りには殺気だった男たちが三人、身構えてこっちをにらんでいる。今の今まで、ここで輪姦が行われていたんだ。
「おまわりさんだぞ、クソ野郎ら!」顔中血だらけで廊下に倒れている仲間を見て観念したのか、男たちはあっさりおとなしくなった。静まった部屋の中、改めて女を見下ろすと、大股開きにされた白い太股は血で赤く染まっていた。濡れていない腔に、何人ものいきり立ったイチモツを無理矢理押し込まれたもんだから、こすれて切れ、ひどく出血している。
そして、その奥の暗がりからは、白い湯気が立ちのぼっていた。火の気のない冷え切った部屋の中で、女の股間だけが生きた人間の生温かさを放っていた。皮肉なものだ。強姦された女の心は死んでいるにも等しいのに、体は生きている。俺は言葉を失って、その光景をじっと見ていた。そして、ハッと我に返ると、慌てて傍にあった毛布を女にかけてやった。初めて女の顔を見ると、殴られて赤あざが数カ所できていてもなお、目鼻立ちには清楚さが漂う、いい女だった。しかし、うつろに見開かれたままの目には、もはや何も見えてないようだった。事件後、ごく普通の、おしゃべり好きの短大生だったという被害者の女は、笑うこともなくなり、ふさいだ表情が常となった。

フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ

セックスなしではい

そして大学を辞め、彼氏とも別れ、五反田のピンサロで働き始めた。その後の消息は分からない。
強姦された女は、その後どんな人生を歩むのか。中には社会復帰できる者もいるが、たいていは元の生活には戻れない。人が変わったようになり、快活だった女がすっかり無口になり、家に引きこもるようになることも多い。
そして前述の彼女のように、風俗で働き始めるケースは驚くほど多い。学校や仕事を辞め、手に職がない女がけっこうな金額を稼げるといったら風俗くらいしかないからだ。また、男全般が憎くてたまらないから、復讐を志し、性病になって男たちにうつすために風俗で働く女もいる。男を怨み続け、その怨みのパワーでピンサロの女王にのし上がった女もいるくらいだ。強姦は女の人生の強烈な転換点になる。ある意味、殺すよりもひどいかもしれない。一度、自我が死んで、その後もっとひどく荒んで地獄に堕ちていくからだ。
強姦というのは、体は殺さなくても心を殺す。一生かけて、永遠に殺し続けるような犯罪なんだ。-強姦グループに狙われたら最後、助からない強姦は、衝動的な犯行だというイメージがあるかもしれない。だが、実のところそうでもないんだ。実際、都内にはいくつもの強姦グループがあり、計画的かつ組織的に強姦を繰り返している。奴らは、いわゆるギャングと呼ばれる少年たちの集団で、暴力団の下部組織だ。そいつらのトップは暴力団が仕切っていて、強姦グループのほかに殺人グループなんてのもある。
池袋に頻繁に出没するあるグループは、粒致強姦を得意としていて、埼玉からワゴン車に乗ってやってきては、目をつけていた女をさらって輪姦する。時にはそのまま殺してしまうことさえある。さっきの短大生も、そんな強姦グループの犠牲になった一人だ。あの時は、たまたまメンバーが別件で捕まって吐いたから俺たちが踏み込んで、命は助かった。だが、あのままにしていたらどうなっていたか分からない。何日も監禁され、来る日も来る日も輪姦され、挙句の果てには殺されて、海に捨てられていたかもしれない。一九八九年に起こって世間を震感させた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」を覚えているだろうか。あの事件では、主犯の一八歳の少年を中心とした五人が、一七歳の女子高生をだまして誘拐し、メンバーの家の二階に監禁し、四一日間にわたって輪姦し続けた。女子高生は一四、五人の少年に、来る日も来る日も陵辱の限りを尽くされた。朝も昼も夜もなく、若い野獣たちの欲望の餌食にされたんだ。
その間、風呂に入ることも許されず、満足な食べ物も与えられずに。輪姦ばかりか、奴らは女子高生をサンドバッグ状態にして、毎日毎日殴る蹴るの暴行を繰り返した。そして監禁されて四一日目、女子高生はついに絶命した。少年たちは、
血まみれ、傷だらけ、顔は腫れ上がって原型を留めないまでになった女子高生の死体を、ドラム缶に入れ、コンクリートを中に流し込んで固め、工事現場に捨てた。こいつらの罪名は、殺人、強姦、傷害、窃盗、死体遺棄、獲褒誘拐·略取、監禁。それでも犯行時に未成年だったために実名は出ず、極刑にもほど遠い判決だ。こんな凶Hi悪犯がシャバに出てきているかと思うと、被害者も遺族も本当に浮かばれない。日本の司法って病んでるぜ。司法制度自身が社会病理なんだ。