セックスを続けた俺は数回射精

セックスしている

女の子に愛撫する
処女を散らされた哀しみ

「あれ。もうすごいことになっているよ。今日はローションもないのに」と、指でびたびた音を立てながら言うと、恥ずかしいのか顔を背けて私を軽く叩いて抗議する。
「いつもだってローションなんて使ってないです」そうだったね。うれしいよ。とささやいて指を動かすと、また顔を背けて感じることに耐えている。
下着を全部脱がせ、隣の壁の鏡に手をつかせ全身を映しながら、大きな胸をいやらしくゆがませてみたり、乳輪に沿って指を這わしてみたり、小さな乳首をつまんでみたり、耳を甘噛みする。
「どうして今日メールくれたの?気がついても無視しても良かったんだよ。別に無理強いとかする気は無かったし」と、右手の中指を奥までいれ、左手で右の胸をわしづかみにしながら耳元でささやいてみた。
「あ、うう。あの、きっとそうすると思って。私から連絡しないと連絡くれないでしょう?」それはそうだよなあ。
パワハラとか言われたら逃げられないし、現実的には何もできないよなぁと思いながらも、まきちゃんの新しい生活始まるのに邪魔できないじゃんだって、ともっともらしく返事をしてみる。
「私も連絡しないつもりだったけど、今日突然来るから。目の前で話しているのを見てたらやっぱり欲しくなって、、、お店でも本番してたの○○さんだけなんだよ。」これは確かめるすべはないけどありがたいお言葉。
ぐったりするまで立ったまま責めたあと、ベッドに連れて行き、さも当然とばかりに生で入り口にあてる。
「はうう。触れただけでもすごくいいです」どうしたらいいの?入れてもう、(生で?)このまま?お店でも生で入れてたんだですけどね、念のためまあ、うん。
このまま
形のいいGCupのおっぱいが揺れているのを見てぎんぎんになりながら正常位でつきまくる。まきちゃんは背が高いくせにすこごいしまりがよく、奥までしっかり入れても握られているみたいで気持ちいい。
若い子だからか、激しくつきまくるのが好きなようで、全力で腰を動かすと喜んでくれる。こっちはいい年なので結構大変だけど。しばらくして攻守交代。上に乗って腰を動かしてくれる。下から見上げると、くびれたウエストも大きな胸もまあるい下乳も最高だ。持ち上げるように乳をもみながら、騎乗位でせめてもらう。乳首をつまんだり、おっぱいを堪能。しかし、「待って待って。ちょっと休憩。そうしないといっちゃうよ」と情けなく白旗宣言。
するといったん腰を止めてくれたものの、無言でエロくほほえみゆっくりグラインド再開。いきそう?「うん。だからちょっと止まって」ふふでもゆっくりグラインド継続。
「私、まだ(ピル)飲んでるよ」え?そんなの今知ったよ。まぁそうかもしれないけどいきたい?待て待て。お店でも生中は駄目だったじゃん。え?また抱いてくれますか?「まきちゃんが良ければいつでもいいけど」わかったと小声でつぶやくとグラインドが激しくなり、いつもとは逆に攻められ状態。

風俗嬢のお尻を突き出しますええ驚き俺は君を大切に愛撫

風俗店といっても種類は様々でヘルス

こっちの胸に手を置かれ、体重がかかっているので動けない。二の腕に挟まれておっぱいが強調されてすごくいい。
ワンパターンだけど、これすごく好きなんだよなあ。でどんどん腰を振られ、我慢の甲斐無く完全に中だし。
ぐったりきたのでちょっとだけ休んだあとに、お互い汗とかあれとかこれとかでぐちょぐちょになったので、まだ浴びてなかったシャワーを浴びて、きれいに流してベッドでお話。まきちゃんに彼氏ができたらおしまいにする仕事優先でお互い無理強いしない会社では顔見知りぐらいの立ち位置でそれ以上はかかわらない社内メールの利用厳禁とか電話は仕事の口調でと今後のルールを作ったり、偉そうに仕事上のアドバイスをしたりおじさんだなぁ、自分。これで終わりかと思ったのですが、帰り支度にまきちゃんのブラをつける姿をみたら欲情してしまい、またシャワーしないとだめじゃないですか、と怒られつつもしっかり中に出してしまいました。もう一回戦し、「私としている間はデリとかいかないでね」とルールが追加されましたが、まきちゃんがもともとドライなのもあってその後も定期的に継続しています。

セックスでシャプで、女を奴隷にして貢が

せるヤクザセックスはとにかく金になる。この世に男と女がいる限り、セックス産業は、いつの時代もすたれることのない手堅い商売だ。人間の欲望が金を生み、また多くの悲劇も生んでいる。
ヤクザにとって、女の体は金を生む商品だ。女を七人も八人も飼って体を売らせ、稼がせ、貢がせてシノギを得ているヤクザはザラにいる。
ローン地獄にはまった女が、ヤクザに脅されてソープに沈められ、借金を返すために体を売らされるというのはよく聞く話だ。しかし、女に体を売らせるのは何も借金や脅し文句だけじゃない。女に言うことを聞かせるには、セックスの奴隷にしてしまうのがもっとも効果的なやり方だ。ヤクザは、最初は単純にセックスの対象として、甘い言葉で女を口説き落として肉体関係を結ぶ。ここまではそこらの遊び人と変わらない。しかし最終的には、金にするとりこ飼い慣らしてしまうのが、ヤクザのヤクザたるゆえんだ。ために女を虜にし、ヤクザをはじめ悪事を働く奴らは、いわゆる精力家だ。悪いことが平気でできる奴というのは、普通の人間よりも闘争心が強く、身体能力も高いという資質がある。ケンカが強いのもそのせいだ。そうすると必然的に生殖能力も強いから、人並みはずれた絶倫ときてる。女を一晩中イカせ、よがらせ、自分から離れられない体に調教するのは朝メシ前だ。そんな奴に一度抱かれたら最後、たいていの女は、今まで経験したことのない強烈な快感に狂喜し、メロメロに腰が砕け、屈服する。そいつなしではいられない体になってしまうのだ。ちょっと抱いてやらないと、女は半狂乱になり、泣いて懇願する。

エッチな雑誌なのである

「お願い、抱いてちょうだい。何でもするから」と。あとは、女をシャブ漬けにしておけば完壁だ。シャブは精神を高揚させるだけでなく、性的能力も高め、セックスの快感を何倍、何十倍にも増幅させる。シャブを打ってするセックスのよさを一度知ったらやめられないという。
体を売らせるのは簡単だ。女は、その男に抱いてほしさとシャブほしさで、何でも言うことを聞くようになっている。そうなったらもう、女に体を売らせれば、一人が月に五○万円は稼いでくるから、七、八人も飼っていれば月収数百万円にもなる。なんともうらやましい話だ。しかし、女たちをつなぎとめるためには全員をしょっちゅうかわいがってないといけないから、体力の消耗は激しい。いくら絶倫のヤクザでも性的能力には限りがあるから、自分もシャブに頼るようになる。しかも、女は普通のセックスでは満足しなくなってくる。ヤクザに仕込まれて開発された上、毎日客相手にセックスしているせいで、感度や感激も薄れてくる。セックスに対してどんどん資欲になる女たちの相手をし、自分の虜でいさせるために、男は自分のイチモツに真珠を埋め込んだり、シリコンを入れたりする。女を狂わせるための、
商売道具への投資。そういう営業努力も必要になってくる。とにかく、そんな男に仕込まれた女は、もう元の生活には戻れない。一度人生の一線を踏み越えた女だから、普通の男はセックスや恋愛の対象にはならない。でも、そんな女たちも刑事は相手にするんだ。
刑事は、カタギの人間でありながらもヤクザと同じ資質を持った、ある意味パワーアップした人種だからだろう。俺は一度、そんな女と、一晩に一五回セックスしたことがある。ヤクザの情婦だったっていう女だ。やってもやっても、なんだかまだその女を征服し切れてない感じがしてしょうがなかった。あの底なしの食欲さとテクニックには、まったく恐れ入ったぜ。七、八回やった後、暑くなった俺はホテルの窓を開けた。するとそこは辺り一面の墓地だった。
それを見た瞬間、急に気分が萎えて、さっきまでの元気はどこへやら、まったく勃たなくなってしまったんだ。ごめん。俺もう出来ねえようなだれている俺に、女は余裕の笑みを浮かべて言った。
「刑事のクセに、だらしないわね。私が勃たせてあげる」それからはまるで手品を見ているようだった。ヤクザに仕込まれた上にセックスのプロだから、すごい技術を持っているんだ。いろいろやってから陰茎と肌門の間にある蟻の門渡りってやつを女が指と舌で刺激すると、さっきまでどうしても勃たなかった俺のイチモツが、嘘のようにみるみる元気を取り戻した。驚いている俺に、女は言った。
「だから言ったでしょ?さあ、早く来て」また萎えたら、また女がそこを刺激すれば、いくらでも勃った。その夜、俺の欲望は尽きることを知らなかった。

セックスを続けた俺は数回射精

女子高生風俗嬢と会ってるのを見つけ

底なし沼にズブズブとはまっていくように、いつまでも終わる気がしなかった。いくらでもやれる気がした。結局チェックアウトの時間までやり続けて、一晩に一五回。あんなすごい経験は後にも先にも初めてだった。ヤクザに仕込まれた女のすごさを思い知らされた一夜だった。さて、ヤクザの話に戻るが、究極にセックスの強い男は、イカせる回数よりも、最終的にはセックスを通じて精神的に女を征服そうして奴隷化した女は、次第に、する。たまに抱いてやれば精神的に満足肉体は、毎日不特定多数の男に陵辱されてボロボロに疲れているから、精神的な結びつきを強く求めるようになるんだ。するようになる。
女は、そのヤクザとの最初の強烈な性の儀式がカルトになってしまっているから、抱かれる回数は減っても、まるで鵜飼の鵜のように、いくらでも金をくわえてきて差し出す。たまに抱かそれは宗教の教祖と狂信的な信者の関係と同じ図式だ。れる喜びを求めて。七、八人の女を奴隷にするということは、そういった直接的な人間関係のカルトが七、八本できるということだ。奴らは教養こそないが、女を繰る名人だ。その手腕とセックスの強さだけは、尊敬に値する。

強姦は女の人生を変える

冬のある日、強姦現場で女の股間から湯気が立っているのを見た。その凄惨な光景の衝撃は、一○年以上経った今も、服悩裏に焼きついている。雪でも降り出しそうな、師走の寒い夜だった。
俺は、交通課の奴に呼び出された。盗難バイクに乗っていた男を捕まえたが、どこに行くのか言わないし、なんだか様子がおかしいというのだ。現場に駆けつけ、吐く息が真っ白になった。凍東てついた空を見上げ、体をブルッと震わせた。こんな日は、酒西でも飲むに限る。早く仕事を片付けて、車を降りると、歌舞伎町のなじみの店へ行くとしよう。寒々とした蛍光灯が点る交番に入ると、中には俺を呼び出した警官と二十歳前後の男が一人。俺が入っていってもこちらを見ようともせず、ジャンパーのポケットに手を突っ込んだまま、ひたすら貧乏ゆすりを繰り返している。
確かにワケありそうな臭いがする。俺はゆっくりと煙草に火をつけ、一息吸って、男の前に立った。
「ずいぶん、あったかそうな格好だな」やにわに男のジャンパーを脱がせる。
「何すんだよ、寒いじゃねえか」
「うるせえ!てめえ、どこ行くつもりだったんだ?」先手必勝。
大音量で威嚇する。これが効く。渋々、仲間のマンションへ向かっているところだったと話し出した。すると、みんなで遊んでんだよふてくされてたが少しビビってる様子に矛盾したものを感じる。何かピンとくるものがあった。アジトであれば犯罪で得た物や非合法な物でいっぱいなはずだ。反社会的な者の集団が居宅しているところは宝の山、だぜ。俺そこってどこなんだよ?どこだっていいだろ男ガサヤサ
俺「案内しなきゃてめえの家に捜索ぶっこむまでだ」俺は、そいつの住所録を取り上げた。二重丸のついてるアドレスと電話に着目。男のアタマを平手で強く一発張って電話をかけさせる。話の様子はこっちも聞く。

風俗体験取材漫画だ
膣内で射精する生φ

セックスは心に気持ち良く

デリヘル嬢は乳首を舐めた後男がもしもし…と言ったとたんおせーじゃねえかよヒロシという声。なんとヒトツ目で当たりが出ちまった。電話をいきなり切った俺は、交番からデカ部屋に電話し、
応援要請とクルマの手配を頼む。案内しろよ……「案内できないワケあんのかよ?」
男がこっちを凶悪な眼の光でにらみつけた。これは絶対に何かある!上等!いきなり横っ面に一発お見舞いする。寒くて体を動かしたかったから、ちょうどいい。ふてくされた面に、さらに二発、三発。無論気絶しないくらいに、手心を加える。諦めた男は、あっさり降参した。ぐったりした男を交番に置いて、俺は相棒と一緒にそのマンションへ向かった。男を捕まえた場所から車で数分行った所に、男たちのアジトがあった。古びた鉄筋マンションだ。エレベーターはない。息せき切って、四階まで階段を駆け上がる。ドアホンを鳴らすが、返事はない。が、中に人のいる気配はある。中に飛び込んだ。チンピラ風の男が二人襲いかかってきた。ナイフを振りかざしてきたのを特殊警棒で殴り倒し、俺と相棒は奴らをガゴッ。
薄っぺらなドアを蹴破って、始末すると、廊下を走り、奥の部屋に向かった。暖房の入っていない部屋に足を踏み入れると、刺すような冷気に混じって、生臭い臭気がプーンと鼻をついた。目の前には、二○歳くらいの若い女が仰向けに倒れていた。衣服は引き裂かれ、白い肌がところどころのぞいている。唇の端から筋を引く真っ赤な血と、目の周りの赤黒いあざが、血の気の失われた白い顔に異様なコントラストを描いている。死んでいるのかと思ったが、胸がかすかに上下に動いている。周りには殺気だった男たちが三人、身構えてこっちをにらんでいる。今の今まで、ここで輪姦が行われていたんだ。
「おまわりさんだぞ、クソ野郎ら!」顔中血だらけで廊下に倒れている仲間を見て観念したのか、男たちはあっさりおとなしくなった。静まった部屋の中、改めて女を見下ろすと、大股開きにされた白い太股は血で赤く染まっていた。濡れていない腔に、何人ものいきり立ったイチモツを無理矢理押し込まれたもんだから、こすれて切れ、ひどく出血している。
そして、その奥の暗がりからは、白い湯気が立ちのぼっていた。火の気のない冷え切った部屋の中で、女の股間だけが生きた人間の生温かさを放っていた。皮肉なものだ。強姦された女の心は死んでいるにも等しいのに、体は生きている。俺は言葉を失って、その光景をじっと見ていた。そして、ハッと我に返ると、慌てて傍にあった毛布を女にかけてやった。初めて女の顔を見ると、殴られて赤あざが数カ所できていてもなお、目鼻立ちには清楚さが漂う、いい女だった。しかし、うつろに見開かれたままの目には、もはや何も見えてないようだった。事件後、ごく普通の、おしゃべり好きの短大生だったという被害者の女は、笑うこともなくなり、ふさいだ表情が常となった。

フェラチオするのには最高です壮一のコックの先からはガ

セックスなしではい

そして大学を辞め、彼氏とも別れ、五反田のピンサロで働き始めた。その後の消息は分からない。
強姦された女は、その後どんな人生を歩むのか。中には社会復帰できる者もいるが、たいていは元の生活には戻れない。人が変わったようになり、快活だった女がすっかり無口になり、家に引きこもるようになることも多い。
そして前述の彼女のように、風俗で働き始めるケースは驚くほど多い。学校や仕事を辞め、手に職がない女がけっこうな金額を稼げるといったら風俗くらいしかないからだ。また、男全般が憎くてたまらないから、復讐を志し、性病になって男たちにうつすために風俗で働く女もいる。男を怨み続け、その怨みのパワーでピンサロの女王にのし上がった女もいるくらいだ。強姦は女の人生の強烈な転換点になる。ある意味、殺すよりもひどいかもしれない。一度、自我が死んで、その後もっとひどく荒んで地獄に堕ちていくからだ。
強姦というのは、体は殺さなくても心を殺す。一生かけて、永遠に殺し続けるような犯罪なんだ。-強姦グループに狙われたら最後、助からない強姦は、衝動的な犯行だというイメージがあるかもしれない。だが、実のところそうでもないんだ。実際、都内にはいくつもの強姦グループがあり、計画的かつ組織的に強姦を繰り返している。奴らは、いわゆるギャングと呼ばれる少年たちの集団で、暴力団の下部組織だ。そいつらのトップは暴力団が仕切っていて、強姦グループのほかに殺人グループなんてのもある。
池袋に頻繁に出没するあるグループは、粒致強姦を得意としていて、埼玉からワゴン車に乗ってやってきては、目をつけていた女をさらって輪姦する。時にはそのまま殺してしまうことさえある。さっきの短大生も、そんな強姦グループの犠牲になった一人だ。あの時は、たまたまメンバーが別件で捕まって吐いたから俺たちが踏み込んで、命は助かった。だが、あのままにしていたらどうなっていたか分からない。何日も監禁され、来る日も来る日も輪姦され、挙句の果てには殺されて、海に捨てられていたかもしれない。一九八九年に起こって世間を震感させた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」を覚えているだろうか。あの事件では、主犯の一八歳の少年を中心とした五人が、一七歳の女子高生をだまして誘拐し、メンバーの家の二階に監禁し、四一日間にわたって輪姦し続けた。女子高生は一四、五人の少年に、来る日も来る日も陵辱の限りを尽くされた。朝も昼も夜もなく、若い野獣たちの欲望の餌食にされたんだ。
その間、風呂に入ることも許されず、満足な食べ物も与えられずに。輪姦ばかりか、奴らは女子高生をサンドバッグ状態にして、毎日毎日殴る蹴るの暴行を繰り返した。そして監禁されて四一日目、女子高生はついに絶命した。少年たちは、
血まみれ、傷だらけ、顔は腫れ上がって原型を留めないまでになった女子高生の死体を、ドラム缶に入れ、コンクリートを中に流し込んで固め、工事現場に捨てた。こいつらの罪名は、殺人、強姦、傷害、窃盗、死体遺棄、獲褒誘拐·略取、監禁。それでも犯行時に未成年だったために実名は出ず、極刑にもほど遠い判決だ。こんな凶Hi悪犯がシャバに出てきているかと思うと、被害者も遺族も本当に浮かばれない。日本の司法って病んでるぜ。司法制度自身が社会病理なんだ。