ペニスを包む皮膚状の袋です

風俗嬢に笑われないだろうか体験取材もロクにできず

クンニは必ずすることになりますする場合
嫌がる素振りでも見せようものなら、罵声を浴びせられ、顔が腫れ上がるほどボコボコに殴られる。
「借金で売られてきたくせに、嫌だのやめてだの言うんじゃねえ。
てめえは黙ってやられてりゃいいんだ!」と乗り込んで来てる海のヤクザがどなる。海の男たちは気は荒いし、腕っぷしも強い。そんな奴らに毎日陵辱されるうちに、女は抵抗する気どころか、男たちに奉仕するための生きる気力さえも失ってしまう。セックスの奴隷と化した女には、人間の尊厳も人格も認められていないんだ。逃げようにも、海の上にはどこにも逃げ場はない。助けを呼んでも誰も来ない。そんな生活を続けていると、十人中、半分くらいの女が発狂してしまうという。精神に異常をきたし、うつろな目をした女は、ブツブツ独り言を言っては急に笑い出したりするようになる。締まりのない口元からはよだれをたらし、まさにマグロ状態で男のイチモツを出し入れされるだけの人形と化す。次第にひどくなって、セックスの最中に脱糞するようにまでなると、もう性処理としても役に立たないので、海に突き落とされて消されることになる。元々パスポートも身分証明書も持たず、船員名簿にも載っていない、初めから船に乗っていないことになっている女だから、海に捨てても何の問題もないというわけだ。結局は闇から闇へと葬られることになる。船員全員が共犯犯だ女を海に突き落とす現場を見ていても、誰もしゃべらない。
秘密は暗黙のうちに守られる。世間では、売春婦が一人行方不明になったというだけから、のことで、ニュースにもならない。先日、俺の知り合いで歌舞伎町の店で働いていた女が消えたので、気になって顔なじみのヤクザにきいてみた。
すると、「マグロ漁船に乗せられたんでしょう」という答えが帰ってきた。俺は言葉を失った。いい女だったが、今ごろどうしてるのか。すでに鮫の餌になってるのかもしれない。
たとえ生きて帰って来られたとしても、肉奴詩隷として地獄を味わった身では、元の生活には戻れ船に乗って借金を返せても、あとは残りの人生を生きる屍のないだろう。ようになって過ごすことになるんじゃないか。ちなみにこういう場合、ヤクザとマグロ漁船の仲介に立つのは、チャイニーズマフィアであることが多い。歌舞伎町での彼らの勢力は強くなる一方だ。その、人を人とも思わない、冷酷な商売のやり方は、世界でも類を見ない。

驚きの団地妻集団売春

あれはすごかったなあ。今まで売春がらみの事件にはいくつも関わって、少々のことには動じない俺だが、このヤマには本当に驚かされた。
主婦売春っていうのは、世間の目をはばかって密かにやるのが常だ。ところが、ある団地に住む団地妻たちが、一つの業者を介して集団で売春していた事件があったんだ。千葉と東京の境目辺りには、巨大な団地群がたくさんある。そのうちの一つがこの話の舞台だ。団地には、あらゆる訪問販売業者が毎日のようにやってくる。その団地は若主婦が多くて、子供がいない主婦というのは、朝日那を送り出して一通り家事を済ませたら、後はぼかんと眼な時間ができる。その空白の時間帯を狙って、団地には健康食品だとか霊感商法とか、しょっちゅう物売りが来る。暇を持て余している主婦にとっては、格好の話し相手だ。時間はあるし話だけでも聞いてみようか、ということになる。

クリトリスを制する者は女を制する

下着姿で立っていて

そのうちまんまと買わされ、何度か会って話すうちに、相手との間に人間関係ができてくる。その中に、例えば「もう少し痩せたいんだけど、いい薬ないかしら」とか、「この頃、疲れやすくて。体がだるいのよね」なんて漏らすと、シャブをくれるおばさんがいるんだ。
「これをやると疲れが取れるし、ダイエットにもいいのよ」なんてうまいこと言って。タダでくれるって言うんだから、とりあえず試してみる。それで、シャブを打ったら本当にすごく元気になるもんだから、次に会った時にあれ、効いたわよなんて言またくれるんだ。
うと、シャブのおかげで、その団地妻は急にセックスが強くなって、だんなに一晩に三回も四回もせがむようになる。感度もよくなってるし、その資欲なサービスぶりに、マンネリ気味だっただんなも新婚当時を思い出して喜んでくれる。それで夫婦円満、めでたしめでたし……となるわけもなく、いいのは最初の一度、二度だけだ。そのうちシャブが切れた時の苦しさのほうが増してくる。
そうしてシャブなしではいられない体にしておいて、次からは一回五○○○円とか、料金を請求するようになる。女は、ヘそくりではまかないきれなくなって、自分が持ってるグッチだとかヴィトンのバッグを売ってクスリ代にする。それが尽きて保険や定期預金まで解約した挙句、いよいよクスリを買う金がなくなってしまう。
どうしたらいいか分からないから、パニくっておばさんに相談すると、「じゃあ、お金が稼げるいい方法があるわよ」とくる。組の若い衆が団地の端っこに待っていて、千葉の栄町まで車で乗っけていって、ソープで売春させるんだ。それで、だんなが帰ってくるまでには、また家に送り届ける。ある団地の若妻が二〇人くらい、みんな売春していたというショッキングな事件があった。その手口といったらものすごく鮮やかで、頭いいんだ。若妻たちには朝一○時くらいまでは家事をさせて、家事が片付く一○時頃に車で迎えに来て、店に連れて行く。
そして半日めいっぱい働かせて、四時半頃には売春をやめさせて、また家に送り届ける。平日の昼間、だんなのいない間のことだから、バレることはない。一日に何人も客を取る重労働で、運動不足でたるんでた体は痩せるし、セックスのテクニックにも磨きがかかるしで、何も知らないだんなは喜んじゃう。うしろめたさからだんなにやさしくなったり、毎晩のおかずもちょっと手の込んだものを出したりするもんだから、下手すりゃ売春する以前よりも夫婦円満、なんてことにもなる。

 

その経験を通して得た風俗依存症フェラは苦手なはずだ風俗体験を面白く描き

売春を生活の一部にして、罪の意識もなくしてしまうんだ。埼玉でも、団地の主婦が何十人も同じ売春バンクに登録していて一斉に検挙されたっていう、そうやって、似たような事件があった。そして、この手口のすごいところは、シャブを効果的に使ったことだ。やはり、クスリがからまないと、そんなに大人数は取り込めない。最初はタダで、そのうち金を取るようになって、女がヤバイ、と思ったときにはもう戻れなくしてしまうんだ。主婦が売春に走る理由には、ローンがかさんでお金に困ったり、だんなに構ってもらえなくてセックスが欲しいから、っていうのもよくある話だ。中でもクスリは動機としては一番強い。一度道を踏み外した人間は、モロいもんだ。しかしばれたら最後、離婚させられ、子供の親権も奪われ、親戚からも絶縁される。
実家に戻ることもできず、職もないまま無一文で放り出されるのがオチだ。でも、体はクスリを欲しがって、どうしようもない。そういう女は、もう売春で生きていくほかない。家族も幸せも失い、そうやってどんどん地獄に堕ちていくんだ。この主婦売春システムには縄張りがあって、ウハウとしてちゃんと確立されている。訪問販売のおばさんというのが、実は組の女だったりするんだ。それは元売春婦だったり、組の幹部と寝るような女だったりして、年を取って使い物にならなくなると、そういう役割に使われることが多い。売春婦がたどる末路の一つだ。売春婦は他に手に職らしいものもないし、人生に何の保証もないから、組専属のやり手ばばあとして生きていくしかないんだ。
たいていはヤクザにだまされ、男に食い物にされて人生踏み外した女だから、元々は被害者かもしれない。でも、悪の組織で悪に荷担しているわけだから、まっとうな人間じゃない。同じ目に遭った女がまた新たな犠牲者を作り、悲劇が悲劇を生んで、その連鎖はいつまでも断ち切られることがない。

援交女子高生とヤクザの共存関係

女子高生の援助交際は、マスコミでも一時期ほど騒がれなくなった。だが、決してなくなったむしろブームは終わって世の中に定着した感が言葉とわけじゃない。ある。
して一般化したために、売るほうにとっても買うほうにとっても、もはや特別なことではなくなったんだろうか。
援助交際も、一人で勝手にやってるわけじゃない。これもャクザが仕切っている。渋谷センター街や池袋の西口で立ちんぼやってる女子高生も、実はヤクザにショバ代を払って営業してるんだ。現役の女子高生であれ、なんちゃって女子高生であれ、それぞれ立つ場所は決まっていて、そこがそいつのシマだ。ヤクザが場所を貸して、ショバ代を取って管理している。女たちは、オヤジに体を売って得た金の中から、相場で客一人あたり三○○○円を納めることになっている。

ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど

風俗嬢の乳首に刺
ヤクザは毎晩巡回して自分のシマを見張っているから、女がこっそり営業しようとしたところで、到底無理な話だ。
「人のシマで勝手に営業するんじゃねえ」と脅され、口答えでもしようものなら、ボコボコにされ、輪姦されるのがオチだ。その代わり、ヤクザは女のトラブルのケツ持ちもやっている。悪い奴にからまれたり危険な目に遭ったりしたら助けてやる。女はそれで安心して客を取れるんだから、喜んで金を払う。持ちつ持たれつの共存関係にあるというわけだ。そして、彼女たちはヤクザのための、接待用の性のプールにもなっている。
関西から友誼関係にある組のヤクザ連中が上京してきた時には、その女子高生を集めて、抱かせて接待するんだ。
ヤクザだっておいそれと女子高生を集められないプールしておいた女たちに声をかけて、適当なセーラー服を着せて、そのままじゃヤバいから上からコートを着せから、てホテルに送り込めば、関西のヤクザ衆は大喜びだ。制服着て関東弁をしゃべる、東京のピチピチの女子高生を抱ける機会なんて、そうめったにあるもんじゃないからな。電話一本で、女たちは喜んで抱かれに来る。-晩で一人相手するだけで一○万円からの大金をもらえるし、立ちんぼして客を取るより安全で確実だ。それに、関西のおじさまにとっては東京の女子高生が珍しいから、やさしくしてくれるんだ。こんなにラクでおいしい仕事はないだろう。かく言う俺も、危うく女子高生売春に引っ掛かりそうになったことがある。池袋の西口で人を待ってたら、制服の女子高生が近寄って来た。
今時の女子高生にしては珍し真っ黒な髪をした清純そうな女だ。そいつは俺の前に立ち、上目遣いで声をかけてきた。く、「誰か待ってんの?デート?」
「いやあ、そんなんじゃないんだ。男の友達だよ」動揺を隠しつつ俺が答えると、女はうなずいてにっこり微笑んだ。
ねえ、煙草くれない?「俺、今吸わないんだよ。やめちゃったから。でも、制服じゃまずいんじゃないの?」いいの。欲しいの待ち合わせしてた男が来た。一緒に話を聞いて相棒が煙草をやったら、女は一本だけ取ってすぐにブレザーのポケットに隠すんだ。その時、なんだ、吸わないのか「あー、ここはやばいっしょ」
俺たちが顔を見合わせると、女は目をキラキラさせて言った。
「煙草くれる大人ってことは、イイってことでしょ?」何が?「遊んでくれたら、一人だと三万円なんだけど、もう一人いるから二人で五万円でいいよ」俺は思わずグラっときた。刑事の俺が言うのもはばかられるが、はっきり言って理性の限界だった。イラついた顔で女が言った。
「結局どうすんの?遊ばないの?」俺はハッとして我に返った。
「いやあ、俺たちもう時間ないから。悪いな」
幸いその時は、別の場所で先輩と落ち合うことになっていて待たせていたから、振り切ることができたが、そうでなければ援交の世界に足を踏み入れていたかもしれない。後日、売春で捕まったことのある女子高生にその時のことを話したら、「ああ、それイラン人方式って言うのよ」って言うんだ。要するに、制服の女子高生に煙草をくれる大人ってのは、違法行為を共有するわけだから、それで売春を持ちかけても大丈夫な奴だってことが分かるという。イラン人が偽造テレホンカードを売って、買った人にはさらに覚醒剤なんかをすすめるのと同じ、犯罪の二段階方式だ。俺たちは煙草で試されたわけだ。まったくお笑いだぜ。

女子中学生、

高校生の値段
新宿では、ヤクザの支配下を逃れて、中学生や高校生が独自のグループを作って管理売春をしている。中学生の相場は五万円、これにOBである女、といっても高校生だったり一八歳のフリーターだったりするんだが、彼女たちがエージェントとして仲に入って三万円を抜き、残りを中学生に渡すということをやっている。逆に、高校生は安い。今は中学生が一番高く売れる時代になっている。女子大生では、ミッション系のS女子大に売春チームがあるというのは公然の事実だ。

 

風俗で股間を下から見上げる恰好

真冬の、しんと静まり返った夜のことだった。闇の中、男たちは次々と音もなく車から降りた。そして、家の周りをすべて通行止めにし、誰も入って来られないように封鎖しておいて、家の中に押し入った。捜査令状も逮捕状もなしにだ。そんな悠長な手続きを踏んでいられないほど、警官たちの怒りは頂点に達していたんだ。E組長は情婦と寝ていた。土足で寝室に踏み込むと、「なんやおどれらは!どこの筋のもんや!」E組長の寝ぼけまなこが、驚慢に見開かれた。突然の男たちの来襲に、E組長は、敵対する組のヤクザが自分の首を取りにきたものと勘違いしたようだ。私服警官たちは、立ち上がろうとするE組長の顔をいきなり殴った。二発、そして三発。
それでも向かってこようとするE組長を、有無を言わせず押さえつけ、後ろ手に手錠をはめ、テープで口を封じると、服をすべて脱がせて真っ裸にした。警察呼ぶよ!ー○番通報しようと電話の側に駆け寄る情婦を、足払いでその場に倒した。まるでお笑いだ。警察ならここにいるぜ。金切り声を上げて、警官たちは、もがくE組長を外に連れ出すと、パトカーのトランクに押し込んだ。そして、交番の裏側に運び、犬の首輪を首にはめて鎖でつないだ。そこは人通りが少なく、夜になると誰も来ないような寂しい場所にある交番だった。警官たちはE組長を取り囲むと、尋問を始めた。
「ワシらの仲間いてまいやがって。おのれの差し金やろ!あの事件も、この事件も、おまえがやったんやろ!」E組長が複数の人間を殺しているのは、密告などからわかっていたが、裁判では無罪になっていたのだ。
E組長は寒さに震えつつも鋭い目で警官たちを脱みつけ、頑として認めなかった。
そんなん知らんわい!それどころか、「おのれら、ワフシにこんなことしたんがバレたらどないなるかわかっとんのかい!このままでは済まさんからな!」と噛み付いてきた。警官たちはついにキレた。そして、真っ裸のE組長にバケツで冷水をぶっかけ始めた。リンチの始まりだ。これは○○の分じゃ○○の分じゃと白い息を吐きながら、何杯も何杯もかけ続けた。
ただでさえ身の切れるような寒空の下、さすがのE組長も悲鳴を上げた。
「寒い、寒い、やめてくれ!」地面を転げ回って許しを乞うE組長の姿を見ているうちに、警官のほうも次第に熱が冷めてきた。急に寒さを覚えた。そろそろ中に入ろうということになり、E組長をその場に放置して交番の中に引き上げた。数時間が過ぎた。
「あのアホは風邪でも引いたか、肺炎になったかな。ちょっと様子見てこようか」警官の一人が見に行くと、E組長はすでに凍死していた。血血の気が引いて真っ白な肌は、氷のように冷え切っていた。警官たちに動揺が走った。死体をどう処理するか。
結局、その場にいた皆で申し合わせて、その夜のうちに死体を海に沈めてしまった。この一件はこれで終わり。翌朝からは皆、何事もなかったかのように通常勤務についていたという。当時の警官たちは現在、警視や警部補クラスになっている。この時の彼らの友情、結束は今でも固い。一生口にできない秘密を共有している仲だからな。俺が知っている範囲だけでも、このように海に沈められたヤャクザの幹部は何人もいる。本当は何十人もいるのかもしれない。ヤクザの抗争で人が死に、犯人がわからないままうやむやにされた未解決事件の1/5くらいは、もしかしたら警察が絡んでいるのではないだろうか、と俺は踏んでいる。警察に命を狙われたらそいつは助からない。ある意味ヤクザよりも怖いかもしれないな。

セックスはありえ風俗嬢はヴァギナを弛めるテクニックも知りませんでした私に無理があると思


Bという教授は、都内に浮気用のマンションを持っていて、そこで教え子二人と三Pをやって、それぞれに一○万円を払った。さらに彼女たちは、この教授の推薦によって日本トップの航空会社に入社した。大学生ともなると頭を使って、人生設計の中に売春を取り入れて活用するわけだ。もっとクールでスマートな売春の例としては、オーストラリアの売春特区がある。そこでは、政府のお墨付きで売春できて、一七、八歳の女の子が一夏稼いで、大学の入学金と授業料を払う、というケースがよくある。そして、そのことを結婚相手にも全部告白してしまうという。そのうち日本にも、もっとドライで割り切った売春労働スタイルができてくるかもしれない。
そうすると、売春がなぜ悪いのかっていう疑問も世の中には出てくるんじゃないか。中世のヨーロッパなんかでは、巡礼をする尼僧はみんな、売春しながら旅をしていた肉体を提供して、その代償にその日の食事や宿泊場所を得ていたんだ。という。
日本にはそういう文化的土壌はないにしても、家出した女が売春するなんてことは、もう当たり前になっている。性の切り売りは、できて当然、できない子がおかしい、という風潮が、一部には出てきているんだろう。それにしても、一昔前までは、風俗で働いたり売春したりする女は、家が貧しかったり虐待されて育ったり、何か屈折したものがあったものだが、今はまったくそういうこととは関係なく性を売り物にしてる。いったい何が変わったのか。食べ物の影響で、脳の働きが変わったせいもあるだろう。例えば、C·コーラなんかの清涼飲料水には、三五○ミリリットル缶で三○グラムもの砂糖が入っている。それを飲み干すと、血糖値が急に上昇して、また急にストーンと落ちる。その時に、無性にイライラしたり、耐久力がなくなる。要は、キレやすくらんこうげなるってわけだ。
そういうものを日常的に飲んでいると、血糖値の乱高下やらの現象がインプリンティングされて、一時的なものではなく、性格として定着してしまう。それに、ファミレスの料理やコンビニの弁当には、食品添加物という名称でさまざまな化学物質が入っていて、食べ続けるうちに、脳の中の機能が変わっていく。性格がドライになったり、無感動になったり、怒りっぽくなったり、攻撃的になったり。売春をするのも平気になる。女子高生の援助交際をどうのこうの言う前に、まずは国ぐるみで食べ物をなんとかしなきゃいけないみたいだな。

警官にリンチされて殺されたヤクザの親分

何かと警察内の不正が明るみに出ることが多い。警官の覚醒剤使用隠蔽、交通違反のもみ消し、捜査の怠慢-…………。数え上げたらきりがない。近年、関西の警官が一人、ヤクザとの抗争がもとで死んでしまった。仲間を殺された警官たちは逆上した。ある時、「絶対に許さへん。あいつの無念を晴らしてやらな気が済まん。復讐したる……!」一人の警官が、拳を握り締めて立ち上がった。すると、その場にいたほかの警官たちも、次々と立ち上がり、互いに顔を見合わせてうなずいた。皆、思いは一緒だった。行くど!彼らはすぐに私服に着替えると、ヤクザのE組長がかこっている情婦の家に急行した。

ペニスを口でしごいデリヘル嬢お尻の穴が少しは開いてしまうこともあるのです風俗嬢に比べるとど